今月の三碧木星

テーマ:
今月の三碧木星を本命星に持つ人は、どうして自分ばっかりこんな目に、と思うような苦労の環境にいるような人もいる。
それは今月、年盤一白水星の上にいる影響とも言える。
でもその場所は後天定位で北西方位。
六白金星の本籍地。
六白金星は上司、社長、父親、天。
そんな意味を持つ星。
今月の苦労の中、ただ周囲のやり方に不満を持つのか、周囲のやり方に不満はありながら、自分は脇目も振らず、自分のやるべきことは何か、本質を見極め、自分は自分として動くことが出来るのか。
それを上の者=天はしっかりと見ている。
今月やってきたことは来月につながっている。
今月の努力は来月悦びという形で表れてくる。
今の苦労にとらわれるのではなく、目線はもっと先を見据えること。
自分はどこを目指しているのか。
気学がわかっていると自分の今のおかれている状況を自分で分析して動いていくことが出来ます。