日盤吉方取り、という、開運方法があります。
毎朝、最初に自分にとっての吉の方向性に行動を起こすことで、日々の心構えが整えられるので、物事がスムーズに進んでいくようになります。

でも、ある程度続けていると、忙しくなったり面倒になってきて止めてしまう人もいらっしゃるようです。

結局続けられないというか、忙しくなって、最近はちょっと行けていない、となるということは、日々の歯磨きのように、虫歯になりたくない、健康の歯のために当たり前に続けようと思う気持ちより、面倒と思う気持ちが強くなってしまっているということ。

それは続けることに対するメリットが、当たり前になってしまってきている人が、そうなってしまうのかなと思います。

美味しいごちそうも、最初は嬉しい!となっても、毎日食べられるようになれば、またかーとなってしまうように。

だから、何かマンネリ化みたいな感じになってきたとしたら、やっぱり行動にも変化をつけてみるとよいのではないかと思います。

同じ方位でも、もう少し別のコンビニを探してみるとか、行く時間帯を変えてみるとか。

私も時間があるときは、少し離れたいつもと違うコンビニに行ったりします。

ついつい、日常のことって、何気なく通り過ぎてしまいがちです。
だから昨日何食べたっけとかなってしまいがち。

でも毎日同じ食事をしていたとしても、その日の気候も違えば自分のその日一日の出来事も違うはず。

食べるときだって、そこに、作ったときの楽しみ、食べたときの楽しみ、作ってくれたときのありがたさとか、みんなで食べられる喜びとか、色々感じることが出来るかどうかで人生は豊かに感じられるかどうかが違ってきてしまうと思います。

本当は日盤吉方取りの毎日にも変化はあって、気学を学んでいると、その変化からの気づきはたくさんあるのですが、そこをあまり知らない方が、ただ忙しい時間に飲み物を飲んで、これって何につながるんだろう…と漠然と受け身になってしまうと、他の忙しさのために続けられない、という状況に陥ってしまう。

だから、同じコンビニでの日盤吉方取りに変化が気づきにくい場合は、あえて自販機を探して飲んだことのない飲み物を買ってみるとか、吉を取ることをもっと楽しんでみられるか、九星の象意について少し学んでみられると良いのではないかと思います。