気学というと、ご自身は興味があって活用したくても、身近な方の反対、反発に合うこともあると思います。

吉方を選んで動きたいのに、そんなの俺は信じないとか、学びたくても、ヘンなものにハマるなとか、色々身近な方のご意見によって、スムーズに活用ができないとか、学べない、とか。

でも気学は生き方の学び。

反対にあった?

もう気学の学びが始まっているじゃないですか。

その意見をもらったからこそ、それでもやってみたいのに…という思いが高まるきっかけをもらえたとか。

反対の意見をいう方の言い分から、その人の深い思い、考えを知る機会になるとか。

反対意見をいう方に、いかに自分の意見を話して理解してもらおうかと悩み考える経験とか。

理解してもらいたい、という理由から話し合う時間をたくさん持てるとか。

たった一言、そんなの信じない、とか、そんなのダメだ、という意見1つで、これだけちゃんと学びにつながっていく。

よく吉方は、吉方で引っ越ししよう、と具体的に計画をたて始めたところから、吉が立ち上がると言われます。

気学の学びも、学びたい、と思ったところから、ちゃんと学びは始まっているのですね。

決して、どうやって自分の意思を通そうか…と自分中心で考えているようでは、気の流れに沿った生き方とは言えない、ということも学べます。
AD