こちらのブログは、実際に4年ほど気学を学び続けてきた者として、感じたこと、気付いたことが、どこかのどなたかの何かのきっかけになればと思い、思い付くまま書き綴っているブログです。

いつも頭の中の言葉が止まらなくて、読みづらいこととは思うのですが、それにも関わらず、たくさんの方が見ていただいていたり、いいね、も押していただいたり、大変恐縮すると同時に、感謝と喜びでいっぱいです。
ありがとうございます。

今日は講座でも新しい方に嬉しい言葉をいただき、嬉しいな~という気分でブログを書こうとして、意外な方も読んで下さったと知り、過去の自分よ、何書いてたっけ…?と冷や汗をかきつつも、嬉しさ倍増になりました。

いつの頃からか、リアルにお会いしている方から、このブログ、そうですよね?というお声をかけていただくことが増えてお恥ずかしいのですが、結局どう繕っても真実の自分以上にはよく見せることは出来ないもの。

…ということを、考えることが出来るようになってきたのは、気学の学びのおかげ。

まだまだ過去の自分をよい方向に切り替えることは難しいものの、この年での少しずつでも小さな成長を自分の中に感じられることは、面映ゆくも嬉しいこと。

人は安穏とした生活を求めているようで、実は、やる気に満ちていて、成長、変化が嬉しいと感じる本能があるもの。

気学は老若男女を問わないどんな人にも、その成長と変化を感じることの出来るツール。

毎日が、ただ家族の用事、自分の仕事に振り回されるだけになっていて、あっという間に時間が過ぎてしまっている人が気学を活用されたら、どんなに毎日が充実して感じられるだろうかと想像してみたりします。

やる気に満ちた毎日を送りたい方に届くように、またどんどん書こうと思います。

それから、メール講座でしか話せない話もありますが、やっぱり、対面でしか話せない話も出るな、と思うので、もう少し対面でさせていただけるようにも頑張ります。

AD