やったほうがいいこと

テーマ:

自分を素直、とまでは言えなくても、そんなに周囲の意見に一切耳を傾けないほど頑固でもない、と思っている人。

 

でも、やったほうがいいとは思ってるけど…出来ない人。

 

これは自分の無意識の声に"素直"に従えていない。

 

自分の意識と無意識がねじれている。

 

そういうねじれを整えて無意識がキャッチする情報に乗っていけるようにするのが、恵方参りや毎日の吉方取りやそれ以外の気学の活用。

 

でもそれも、私は素直にあれもこれも出来ている、と決めつけてしまっていたり、自分がねじれている、という自覚がなければ、せっかく気学を活用していても、何がおかしいんだう? どうしてうまくいかないんだろう? となってしまう。

 

特に引っ越しで四緑の吉方は結婚、就職にいいと言われるし、事業経営者が取っておきたい吉方として取る人も多い。

 

四緑の吉方を取れば、周りの意見に素直に乗っていけるような環境が整ってくる。

なのにそれにわざわざ抵抗しようとすれば、せっかくの整う環境を無駄にしてしまう。

 

自分に自覚できないことは、鏡に映した自分を見るように、"人"に照らし合わせて見るしかない。

勉強が、独学では限界があるのは、自分流にしか解釈しないから。

 

暗闇の中では自分が何者なのかはわからない。

人と接し、人からの評価で自分の意識は育ってくる。

 

素直じゃない性格の人はいない。

ただ周囲の意見に乗る行動が出来ない人がいるだけ。

 

そんなこと言ってもなぁ…という感情を取り払うだけで、どんどん夢を叶えていける自分になれる。

 

もうすぐ2016年が終わり、2017年がやってくる。

 

やってみようかな…と思ったら、でもなぁ…と考えない。

 

新しい自分に生まれ変わるにはいいチャンス。