今朝、小さな封筒を見つけた。

なんだろう?と思ったら、闘病生活に入った、在りし日の母が無邪気な笑顔で写真におさまっていた。

病院の名前が入っていた封筒だから、きっとスタッフの誰かがくださったものだが、当時の私はろくに見ていなかったみたい・・・。

 

母が倒れるまでは、いつも多忙で疲れた顔がほとんどだったと思う。

笑っていても、いつも誰かがそばにいてるので、気をつかっていた母。

 

最後の入院生活は、きっと母にとって窮屈なものだったはずだ。

それでも、写真の母は幸せそうに笑っている。

 

写真を撮ってくださった日は、私は病院にいけなかったときだ。

入院患者が食堂で食べているさまに、母の満面の笑顔。

そういえば、こんな無邪気な母の笑顔を私は知らない。

そこに私がいなかったことに、今更ながら「ごめん」とつぶやいてしまった。