マタニティ歯科

テーマ:
マタニティ歯科は、妊婦さん・これから生まれてくる赤ちゃん授乳中の方のための歯科治療です。

婦人科は、産後1か月検診をもって終了となります。
しかし、歯科医院は、その後も一生のおつきあいをしていくことができるのです。

マタニティ歯科は、「悪くなったら行く歯科」ではありません。
あなたと、あなたの大切なお子様の「お口の健康を守るための歯科」です。
お口の健康は体の健康、心の健康にもつながります。



妊娠すると体や心にさまざまな変化が生じます。
つわりの時期は歯磨きがつらいと感じておろそかになる場合があります。
すると虫歯や歯周病を発症しやすくなります。

また、赤ちゃんに栄養を送る必要があるので歯が弱くなるとお聞きしたことがある方も多いかと思います。

妊娠すると一時的に女性ホルモンが増えます。
妊娠初期は黄体ホルモンであるプロゲステロン増え精神的に不安定になりやすくなります。
女性ホルモンの変化で唾液の性質がかわり、虫歯や歯周病が進行しやすい傾向になります。
産後は大量に分泌されていた女性ホルモンが一気に減少し、心身ともに影響をうけてトラブルが発生しやすくなります。


歯周病は全身の疾患と深く関わっていることが明らかとなってきました。
お口の中で発生した歯周病菌は血液で運ばれて羊水の中にはいります。
免疫細胞は赤ちゃんを守るためにこの菌を攻撃しますが、その際に様々な活性物質が放出されるのです。
それらの物質の中には子宮内で羊水とともに胎児を羊膜を傷付けるものがあり、その結果早産や低体重児出産につながりやすくなります。

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなり、歯科医院に通うことが後回しになりがちです。
出産や赤ちゃんのお世話に集中するためにも、妊娠期にお越しいただき万全の体勢で出産に臨まれることをすすめいたします。

妊娠中には使えないお薬があるなど、治療の制限はありますが、妊娠時期やアレルギーなどを確認しながら治療をいたします。
麻酔やレントゲンのことなどご心配なことは丁寧にご説明させていただきます。
ご安心して治療が受けられるように心掛けています。


生まれてくるお子様の為に、マイナス1歳からの虫歯予防を始めましょう!


生まれてくるお子様のために、あなたができる2つのこと。

(1)むし歯の治療をする。

お子様にむし歯菌が移るのを防ぎます。
(2)歯ぐきのケアをする。

歯周病の発症を予防し、流産、早産、低体重児出産を防ぎます。
マイナス1歳からのむし歯予防で、
大切なお子様のお口の健康を守るお手伝いをいたします!
AD