当院が行う最先端のインプラント治療

四角03抜歯即時埋入法

     

抜歯即時埋入法とは、インプラント治療方法の1つです。歯を抜いてからすぐに人工歯根を埋入するので、抜歯手術と埋入手術が1回で済むのが大きな特徴です。抜歯即時埋入法であれば治療が短期間で済みます。抜歯後骨が吸収してインプラント治療が困難になる状態を回避できます。



四角03顎の骨が足りないときに行う治療法

◇ サイナスリフト ◇

     

上顎の骨の上にある大きな空洞(上顎洞/サイナス)と骨の間にある膜を洞側に押し上げて、空いたスペースに骨や骨補填剤を充填して顎の骨を確保する方法です。

◇ ソケットリフト ◇

  

上顎洞の底部分が低い位置にある場合、人工歯根が上顎洞に突き出ないように底部分を押し上げていきます。特殊なノミを使って埋入する穴を作り骨を圧縮していくので、骨が足りないだけでなく密度が低い方でもインプラント治療が可能になります。

◇ ディストラクションオステオジェネーシス(仮骨延長術) ◇

骨補填剤を注入するわけでも、どこからか骨を移植するわけでもなく、専用の延長器を使って今ある骨を毎日少しずつ延長していく治療法です。必要な分だけ歯肉も同時に伸ばすことができます。

◇ リッジエキスパンション ◇

顎の骨の幅が狭いときに行う、骨の弾性を活かした治療法です。骨を上から2つに割り、その間にスペースを空けてインプラントを埋入します。

◇ GBR ◇

インプラント治療前に行う骨再生治療です。顎の骨が足りない部分に骨補填剤を置き、その上を特殊な膜で覆います。膜によって遮断されて歯肉などが紛れ込むことがなくなるため、スムーズに骨の再生が促進されます。

◇ エムドゲイン ◇

インプラント治療前に行う骨再生治療です。骨が失われた部分にエムドゲインゲルという特殊なゲル(誘導剤)を塗り、再生を促します。エムドゲインゲルは乳幼児に歯が生えてくるときに働くタンパク質の一種でできていて、子どもの頃の歯が生える環境を口腔内に再現します。