私の兄は、薬剤師です。

 

なので、薬についても色々教えてもらっています。

 

 

 

 

 

風邪をひくと、風邪薬を飲んでなおしている方が多いのではないでしょうか?

 

実は、風邪薬で病気を治しているわけではないのです。

咳や鼻水といった「症状」を薬で抑えている内に

体にもともと備わった自然治癒力が働き、治してくれているのです。

 

 

薬で治っているわけではありません。

 

「根本的なものは薬では治っていない」

それを知って、私は衝撃を受けつつ、

とても納得した記憶があります。

 

だから、私のアトピーも薬をのんでも、外から塗っても

毎年毎年、出ていたのか。と

 

 

 

 

 

⭐︎

咳が出る理由のほとんどは気管などの痰を出すため

自然な体の反応です。

 

 

痰を体外に出し切ってなおそうという自然にそなわった力が働いています。

 

 

この時、せき止め薬を飲むと、

 

「せき」が止まる代わりに

痰が詰まってしまいます。

 

 

 

 

ただ単に、症状だけみると

間違った解釈をしてしまっている方が多いのです。

 

 

風邪の症状である「せき」が止まった = 風邪が良くなった(良くなってきている)と。

 

 

 

 

 

正常に痰が出ていかないため、

それが原因で、肺炎などになってしまうこともあるそうなのです。。。

 

症状の多くは、病気をなおそうとして

体の自然の反応なのです。

 

 

必要だから出ている症状なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⭐︎

栄養学の勉強をしていたため(特に自然治癒力に関する興味が湧いてきた時から)

薬はほとんど飲まず、

 

風邪をひきそうになったら

白湯にレモンを絞って、ビタミンCを多めに取りいれたり、

また早めに就寝するなど

 

 

体の声を聞き

 

 

休む、必要なビタミン(栄養素)を取り入れることを

意識するようにしていました。

 

 

 

そのため、熱で寝込む前に

防ぐことができていたのです。

 

 

 

 

暴飲暴食、寝不足など

不摂生な生活(不自然な生活)を続けているから

病気が起こるのです。

 

 

これは、今のあなたへの注意です。

必要なことに気づきなさいというメッセージなのです。

 

体調が悪くなったら、

今の生活をしっかり見直すことが大切です。

 

 

安易に薬に頼り、その症状だけ止めている内は、

根本的な問題である生活の改善をせず、

同じような生活で暮らしていくことができてしまいます。

 

 

 

しっかり自分のからだの声を聞く。

 

何を改善すればいいのか。をしっかり見つめる。

 

 

好きなものをたくさん食べたい。

夜遅くまで、遊んでいたい。などといった体の欲は

本当の体の声ではありません。

 

 

本当はわかっています。

何が大切なのか。

 

どうしていけばいいのか。

 

 

安易な欲望の声に負けず、

長期的な真の願いの声を聞いてください。

 

 

 

それは、きっとあなたの人生を大きく変えてくれる

第一歩になるでしょう。