自然治癒力を高める心と体のゆるめ方
はじめまして

働く女性が増えてきた今の時代、日々忙しく働く女性たちは、

・慢性的な睡眠不足
・不規則な生活
・バランスの悪い食事・・・
「積み重なった不摂生」は、
確実に体の中に確実に蓄積されていきます。

「一生キレイな女性でいたい」「いつか子供を産みたい」と思うなら、
今の生活習慣をリセットし内側から輝く身体づくりをはじめることが大切です!!

女性特有のバイオリズムを軸にした身体の仕組みを知る【生理学】
薬に頼らないナチュラルな健康ボディを作る食生活の具体的な方法を知る【栄養学】
もっと自分が好きになり、内側から満たされる方法を知る【心理学】

28日の生理周期の女性の体の変化を読み解いて
仕事や遊びに忙しい女性にも続けられる具体的な方法をご提案しています。

  • 16Mar
    • 体は大事な”器”

      どんなに幸せになろうとしても、どんなに人生を楽しみたくても、自分の体が健康でなければ、夢も叶えられないし、目標も達成できません。自分の体に感謝して、生きていこう。私たちの体は食べたものでできているってよく言われているけど、10代、20代、細胞が若い時は実感がないかもしれません。私は小さい時、アトピーができやすくて、でももともとの体質だと思っていたので、皮膚科に通って直していました。でも、食事と体の関係を知って、健康なものを選んで食べていたら、いつの間にかそれが治っていました。でも、たまにイライラしたり、不安だったり、見えない気持ちに折り合いがつかず食べ物でそのストレスを解消していた時つまり暴飲暴食してしまっていた時、必ず、アトピーが復活します。腕や足の関節に出やすいのですが、ひどい時は、背中や足全体にできたことがあります。衝撃!ショックで、悲しかった~女性ならわかると思いますがきれいじゃないとかなり落ち込みますよね。髪型やメイク、ちょっとしたことでも気分が乗らない時があるのに、身体中、湿疹。。。服やメイクは直せばいいけど体の湿疹はすぐには治らない。見たくなくても向き合わなくてはいけないも~こんなのいや~ってなりましたよ。笑(冬場で露出が少なかったのが救い。あと顔に出なかったのも救い。神様ありがとう)(あと、何かうまくいかない時は、あなたは間違ったことしてるから気づいてねのメッセージですよ。この機会にしっかり自分を見つめなおしてねって言われているらしいです)でもね、自分の体を大切にしよう食事を大切にしようって決めて、毎日心がけて生活したら、いつの間にか治っていました体質を変えることは、「食べ物」を変えること体の悪ところって、自分に出してくれるSOSです人間って<魂>と<肉体>でできているって言われています。体は魂を入れる大切な”器”何です。だから、心をいつも幸せにしておくことそして体をいつもしておくことが大切なんです。ボロボロの車じゃ、人生という旅は快適じゃないし、楽しくありません。体そっちのけで、心のことだけ大切にしていても幸せにはなりません。車のタイヤが片方しかないのと同じらしいです。無理やり進んでも、途中で動かなくなっちゃうから、しっかり自分が元気になるような食べ物(栄養)をとったりしっかり寝て休ませてあげようね。

      265
      テーマ:
    • 現代女性が陥りやすい、ホルモン分泌を妨げていること

      美味しいもの・・便利なもの・・たくさん溢れている現代だからこそ自分の身体は自分で守る賢い選択ができるようになりたいですね(生理後に食べたい食、「牡蠣」海のミルクとも呼ばれていますが、牡蠣は他の食材よりダントツで亜鉛が多いのでぜひ食べてください^^)便利になった今だからこそ健康でキレイになるためには正しい知識を持ってかしこい選択ができるようになることが大切です現代女性が陥りやすいホルモン分泌を妨げているもの・・・それは、揚げ物コーヒーお菓子フアストフードコンビに弁当などですお菓子が原因で、卵巣の細胞が傷つけられていて女性ホルモンの生成に支障をきたしているかもしれません。特に油で揚げたお菓子は全体的に高カロリー、高脂質・・油は時間が経つと活性酸素が発生します活性酸素は卵巣を始め様々な細胞をサビせ正常な働きを妨げています。手軽に食べられられるので意識を高めることが重要ですね^^今だけでなく、未来の理想の自分に出会うためにも毎日の選択を大切にしていってください

      51
      テーマ:
  • 15Mar
    • 生理前に取りたい食材〜イライラ・不安感・メンタルの落ち込み改善〜

      生理前には体調がすぐれない人は多いのではないでしょうか?イライラや憂鬱不安が出てくるのもこの時期です。今回は、そんな「生理前」に取りたい食(栄養)のお話です「トリプトフアン」私たちの身体はおよそ10万種類のタンパク質からできています。その構成成分となるのは、わずか20種類のアミノ酸そのうち9種類は、人間の体内では合成させず、食べ物を通じてとる必要があることから「必須アミノ酸」と呼ばれています。トリプトフアンはその1つ。これは精神を落ち着かせる「セロトニン」の原料になるため、イライラしたり、不安感、落ち込みやすい生理前にとることがおすすめです。<生理前に取りたい食材>・大豆製品(豆腐、油揚げ、納豆、高野豆腐、きな粉、湯葉など)・赤身のお肉・バナナ・アーモンド・カツオ、しらすなどがあります。女性の身体は、月のリズムによって体調やメンタル面も左右されてきています。自分の身体が今どのような状態なのかをしっかり把握することそして、意識して整える食事をとってあげることが効果的ですよ

      36
      1
      テーマ:
  • 14Mar
    • 大病にかかりたくないなら

      私の兄は、薬剤師です。なので、薬についても色々教えてもらっています。風邪をひくと、風邪薬を飲んでなおしている方が多いのではないでしょうか?実は、風邪薬で病気を治しているわけではないのです。咳や鼻水といった「症状」を薬で抑えている内に体にもともと備わった自然治癒力が働き、治してくれているのです。薬で治っているわけではありません。「根本的なものは薬では治っていない」それを知って、私は衝撃を受けつつ、とても納得した記憶があります。だから、私のアトピーも薬をのんでも、外から塗っても毎年毎年、出ていたのか。と⭐︎咳が出る理由のほとんどは気管などの痰を出すための自然な体の反応です。痰を体外に出し切ってなおそうという自然にそなわった力が働いています。この時、せき止め薬を飲むと、「せき」が止まる代わりに痰が詰まってしまいます。ただ単に、症状だけみると間違った解釈をしてしまっている方が多いのです。風邪の症状である「せき」が止まった = 風邪が良くなった(良くなってきている)と。正常に痰が出ていかないため、それが原因で、肺炎などになってしまうこともあるそうなのです。。。症状の多くは、病気をなおそうとして体の自然の反応なのです。必要だから出ている症状なのです。⭐︎栄養学の勉強をしていたため(特に自然治癒力に関する興味が湧いてきた時から)薬はほとんど飲まず、風邪をひきそうになったら白湯にレモンを絞って、ビタミンCを多めに取りいれたり、また早めに就寝するなど体の声を聞き休む、必要なビタミン(栄養素)を取り入れることを意識するようにしていました。そのため、熱で寝込む前に防ぐことができていたのです。暴飲暴食、寝不足など不摂生な生活(不自然な生活)を続けているから病気が起こるのです。これは、今のあなたへの注意です。必要なことに気づきなさいというメッセージなのです。体調が悪くなったら、今の生活をしっかり見直すことが大切です。安易に薬に頼り、その症状だけ止めている内は、根本的な問題である生活の改善をせず、同じような生活で暮らしていくことができてしまいます。しっかり自分のからだの声を聞く。何を改善すればいいのか。をしっかり見つめる。好きなものをたくさん食べたい。夜遅くまで、遊んでいたい。などといった体の欲は本当の体の声ではありません。本当はわかっています。何が大切なのか。どうしていけばいいのか。安易な欲望の声に負けず、長期的な真の願いの声を聞いてください。それは、きっとあなたの人生を大きく変えてくれる第一歩になるでしょう。

      5
      テーマ:
    • 不規則な生活を改善したいなら、まず〇〇しよう

      規則正しい生活にしたい・・・・とは思っているんだけれども・・・「夜遅い時間にご飯(間食)を食べてしまう。」「テレビ、ネット、ケータイなどをだらだら夜遅くまで見てしまって、寝るのが遅くなってしまう。」「昨夜遅く食べたから、朝お腹空いていない」など良くない循環のループにはまっていてなかなか改善できなかったりはしませんか??こんな時、一番てっとり早く体内時計をリセットする方法は「朝起きたら、まずカーテンを開けて日光に当たる」ことです!そして、それができたら朝食の時間と就寝の時間を一定にしていきます。(◎朝、菓子パンを食べる方が結構いらっしゃいますが、 空腹時の第一の食事が血糖値の上昇を大きく左右してしまします。 その日一日を充実した日にするためにも、 ビタミンや酵素をしっかり取れる果物や ご飯に味噌汁、納豆などの和食でも良いですね。  ◎午前中は、消化の時間。  消化機能が活発かするため、  水分をしっかりとり、朝はがっつり食べるのではなく  消化に良いものを適量とるのがオススメです。) 体の内外に起こる様々な変化に対応して、体内の状態を一定に保つ機能(ホメオスタシス)と言いますがこれには自律神経、内分泌系、免疫系の3つがあります。この3つはそれぞれ関わりあって連動しているため、1日の流れでリズムをつくっています。そのため、規則正しい生活を送ることで自然に沿ったリズムになり、体の調子も整いやすくなるのです。まずは、手軽ですぐできる「朝日を浴びること」に是非チャレンジしてみてくださいね。

      6
      テーマ:
    • イライラ、不安、怒り・・・精神の乱れと、食生活の関係とは?

      大人にも、子供にも言えます。◎疲れやすい◎イライラ、むかつき、怒り◎不安そういった精神の乱れを改善するには、どうすればいいのでしょうか?ポイントは、血糖値です。つまり、「砂糖」(糖質)の種類ととり方に気をつけていくことが大切なんです。砂糖をとると、血糖値が急上昇し膵臓から血糖値を下げるホルモン(インスリン)が大量に出ます。その結果、急激に血糖値が下がります。この血糖値の急上昇、急降下が体にとってはとっても負担がかかることアドレナリン、ノルアドナリンといったホルモンを出します。アドレナリンはいわゆる「攻撃ホルモン」でイライラや怒りやすくなったりする原因になるのです。また、ノルアドレナリンは「不安・恐怖」を感じやすくなるホルモンです。これが行き過ぎると鬱状態、引きこもり、無気力につながります。キレやすい子供不登校やいじめの問題、集中力が持続しにくいのもこれが原因の一つです。社会人になった大人でも、「疲れやすい」や「なかなか疲れが取れない」また「太りやすい」「肌荒れ」などの美容の問題でも砂糖や血糖値の視点は欠かせません。仕事に集中したい、結果を出したい、子供の体や知力面での健やかな成長のためにも現代の心の問題の解決の一つが「食生活」なのです。「おいしいから」「楽だから」「手軽だから」などといった今だけの快楽と長期的な視点での真の幸福、どちらが大切ですか?この機会にぜひポテトチップ、チョコレート、クッキーなどのおやつや白米、白砂糖、菓子パン・・・などになってきている現状をしっかり見直していきたいですね。改善点は次回まとめていきますね。

      8
      テーマ:
  • 11Mar
    • サプリメントについて

      Q、忙しい為、食事で補えない分サプリメントや栄養ドリンクを摂っています。  取り方や気をつける点を教えて下さい。*人間に必要な栄養素には主に◎糖質:からだや頭を働かせるエネルギー源になる◎脂質:細胞膜などのからだをつくる構成要素になる、    体内ホルモンの原料になる、    糖質が不足した場合などエネルギー源となる◎たんぱく質:血液、皮膚、髪、内臓などからだをつくる材料になる◎ビタミン:栄養素の働きを助けたり、からだの調子を整える。◎ミネラルといった五大栄養素が挙げられます。(細かく分類するともっとあります)また、ビタミンにはA,B,C,D,E・・・などもっと細かく分類されていきますが、ビタミンには働き、種類によって「脂溶性」と「水溶性」にわかれます。「脂溶性」とは油・脂に溶けるもの「水溶性」とは、水や水溶性のものに溶けるものになります。水溶性ビタミンは、とりすぎた場合、尿などで体外に排泄されます。しかし、脂溶性ビタミン(A・D・E)は、体内脂肪等に取り込まれ、蓄積していきます。多くとればいいというわけではないのです。過剰摂取による症状も場合も考えられます。サプリメントも多くは薬と同様に精製されたひとつの化学物質で、製造過程にも不自然なものがたくさん使用されています。また、からだのしくみは神秘的です。サプリメントで「ビタミン〇〇」を補えばいいということではなくのではありません。野菜や果物などに、一種類のビタミンのみが含まれているのではなく幾つかの栄養素が複数合わさっています。今、現代の人たちが病気を引き起こす原因になっているのは●精製された食品を多く摂っていることです (精製された砂糖、塩、米、小麦粉など・・・)(例)玄米には、ビタミンやミネラルが含まれていますが、   まわりの糠や胚芽などを摂ってしまった白米には   著しくビタミン・ミネラルが減っています。   これが、血糖値の乱れの原因になっているのです。体調不良によって一時的に取る分には問題ありませんが、人工的につくられたものより自然のものから取り入れることが最も体に負担なく、必要な栄養素を摂取できているのです。  

      12
      テーマ:
  • 09Mar
    • 薬にたよらない生活

      私は、小さいころアトピーがちで特に季節の境目に荒れがちだったんです。飲み薬、塗り薬とつかってました。でも、根本的なことが改善できてなかったから毎年毎年、繰り返しでした。子供のころは何もわからなかったから薬は治してくれるもの、良いものだと思ってためらいもなく、風邪気味になったら風邪薬を飲んで生理痛で痛かったら、すぐ薬に頼る生活でした。あるとき、原因不明に全身に湿疹ができてしまったんです。足にぽつぽつできてきたと思ったら全体にまわって、お腹にも、腕にも。せめてもの救いは、顔にでなかったこと。でも日に日に悪くなり、顔にもいつ出てくるかわからない状態だったから、とっても不安でした。医者にいって、先生にきいてみても原因はいまいちわからない。でも薬をだされました。のんでも、ぬってもよくならなかったんです。原因不明・ ・ ・ ・ひどくなる一方でその時、思ったんです。薬に頼るのはやめよう。生活を見直そう。根本的なことを改善しようって。それは、自分自身の免疫力もともとそなわっている生命の力を信じてみようと出されていた薬やめました。そして、、今薬はほとんど飲まなくなりました。かぜにもかかりにくくなり、かかっても早めに寝て、ビタミンをしっかりとっていればすぐなおり生理痛もならなくなったし、自分の身体はどういう状態で体調がわるくなりやすく、どういう対応をすればいいかがわかるようになります。自分の身体を把握するということ現代は、病気を薬でなおすことがあたりまえになっています。薬は、対症療法で根本的な原因はなおしてくれていません。石油を原料とした脂溶性の化学薬品なんです。これは、プラスチック、ナイロン、農薬などと同じ「石油化学工業製品」です。これが体に入るのです。脂溶性のものは水に溶けにくいため、尿から出すことができません。人は、脂溶性の化学薬品をからだの外に排泄しにくいため、蓄積されていきます。薬ののいすぎは自身の自然治癒力が低下していきます。体調が悪いから薬を飲む。それだけではなく、自身の生活を見直し根本的なことから改善していきましょう。

      8
      テーマ:
    • 感謝の力

      子ども達や大人の方に食事の指導をしてきてかれこれ7、8年・・・一人ひとりのカウンセリングや大勢の前での講演前終わった後考えることは「何を本当に伝えなければいけないのか」「何が本当に大切なのか」何か一つって言われたら、食から「感謝」を伝えたいって思ってます。子どもたちにすべてに感謝できる人になってほしいんです。大人も感謝するよろこび を思い出して欲しいんです。あれを食べなくちゃダメとかバランスよくとか量はこのくらいとか時間は何時がいいとかそういったことも大切だけれども、ほんとーーーーの意味で、感謝して食べることができたなら、そして、自分自身に感謝できたなら、あなたにとってベストな食べ方、量に自然と成ります。必ずね、自分自身の体に感謝してますか?生きることができていることに感謝してますか?あなたの体は神秘です。父と母に産んでもらって神から命をいただきこの世に生を授かった。赤ちゃんが、いつの間にか成人し、そして老いて、またあの世に帰っていく。食べたものが知らず知らずのうちに消化し、必要な栄養は取り入れ血や肉となり、不必要なものは便や尿となって排泄してくれている。菌が入ったら、自然と体内の抗体が働き咳や鼻水を出しながら、また元の健康な体に戻してくれている。本当に本当に感謝しながら、食べてみてください。あなたの食べている野菜や魚は生きていました。命をいただきました。そして、自らの命をつないでいます。今、食べているものは誰かが作ってくれたものです。皮をむき、切って、炒め、時間をかけて作ってくれています。あなたの眼の前の食べ物は「命」を感じるものですか?誰かの「愛情」を感じるものですか?スナック菓子や冷凍食品やカップラーメンなどでは、命は感じられにくいのではないでしょうか。パンにとってみても、一つ一つ手でこねて作れってくれているものと機械で大量生産しているものでは生命力や愛情や感謝を感じる率は変わってくると思います。当たり前のことなんて何もありません。すべてが奇跡で愛で感謝すべきこと。なんて不思議なんだろう。なんてありがたいんだろ。生かしていただき、ありがとうございます。自分を愛し、他人を愛します。全ての人が幸せでありますように。

      9
      テーマ:
  • 07Feb
    • ウエストほっそりのポイント

      腹囲(ウエスト)の減量を目標にしている方へ◎お酒の飲み過ぎ◎糖質類(チョコ、おせんべい類、スナック菓子)の取りすぎ◎ラーメン+ご飯、パスタ+パンなどの糖質の組み合わせ◎糖分入り飲料  例えば缶コーヒー、炭酸飲料、ジュースなどの取りすぎがポッコリお腹の原因になっています。改善のためには、ご自身が取りすぎと思っているものの量または、頻度を減らす工夫をしていきましょう。何を取りすぎているかはご自身で把握のが多いのです。ただ、嗜好品のため、「やめたくない。」「今日くらいは。」「このくらい・・・。」そういったエゴが出てそれに負けてしまっているのです。本当の願いは、その嗜好品を取ることではありません。本当の喜びは、その「食べたい」「もっと・・・」といった欲を手放し、解放されることです。そのことを信じましょう。本当のあなたは、その欲望から離れることができます。長いこと付き合ってきたエゴを喜び感覚の喜びを手放しましょう。手放すためには、「差し出す」こと自分の中へ取り込もうとする意識・行動から逆の意識・行動へ。大好きなものを人に分ける。あげる練習をしよう。欲しい欲しいから分かちあうへ快感から何も囚われていない「自由」を選択する行動を変える勇気と強い意志を養っていきましょう応援しています

      59
      テーマ:
  • 02Oct
    • 取り入れるエネルギー ⇄ 与える(出す)エネルギー どちらが多い?

      「もっと食べたい、もっと綺麗になりたい、もっとお金を得たい」と求めて取り込むエネルギーの割合が多くなると、内側が重くなり、どんよりしてして苦しくなってしまいます。小さな頃から豊かであった世代は特にそして親からもらってばかりいることが当たり前のようになり大人になってきてしまうと「もらう」ことが当たり前になっている状態になっています。物だけでなく、親切や思いやりや愛などもそう。相手になぜもっと大切にしてくれないの?なぜもっと愛してくれないの?という小さな不満の積み重ねに。普通のことがありがたいということ、感謝が分からなくなって苦しいのです。原因が分からない内側の重いエネルギーによってきっと何かが足りないからだと取り込むことを繰り返してしまう私たち。その良くない習慣を断ち切るためには、逆のエネルギーを発していることが大切。それは「出す・与える」という行為私たちは、与える・自分から出すというエネルギーを増やすことで内側が軽くなり、穏やかな気持ちになります。太陽は何も求めず、愛・光・温かさを与えてくれていますよね。私たちも見返りを求めず、愛・感謝・信頼を選択し人の幸せを願い与えていくことによって良いエネルギーを積み重ねで内側の愛が拡大し、良いエネルギーが返ってくる。その自然の法則を信頼して自分の思い・言葉・行為を見直し、変えて変えていこう。新しい、自分へ変わっていこう。

      152
      テーマ:
  • 12Apr
    • あらゆる体の不調にはすべてメッセージ(意味)がある

      毎回のアドバイス・指導をしていて思うことあらゆる体の不調はすべてメッセージが含まれているたとえば・・腸は、食べ物を消化して体の中に栄養素として取り込み不必要なものは体の外に排泄します。心の在り方でも同様な反応を示しますたとえば、女性でよくあげられる便秘・食物繊維不足・運動不足・良質なあぶらの不足(便のコーティング作用)・女性ホルモンの作用(月経前は便秘になりやすい)などの原因がありますが、心の面からみると便秘で苦しんでいる人は古い考えを排出できていないというメッセージ新しいスペースがないということは必要以上にものを捨てられなかったりケチでもらってばかりいて出す(与える)ことのバランスが崩れていることもありますもう、過去は手放しすっきりしましょう★今日食べたもの、飲んだものすべてノートに書いてみましょうそれは本当に必要なものだった?おなかがすいていたから食べた?それとも、欠乏やイライラなどの感情で食べてしまった?<感情>それとも、習慣的になってしまっている?<習慣>最初の解決法は、自分が食べたものをしっかり覚えておくこと(習慣や感情によって、無意識に食べてしまっていることが本当に多い)買う前に口に入れる前にこれは本当に必要??と確かめてみること、おすすめです

      286
      テーマ:
  • 09Apr
    • 月と女性の体のバイオリズム

      毎月くる女性の生理これは、女性が「産みだす力」を持っているからこそそして、同じように毎月変化している「月の満ち欠け」宇宙とシンクロしている奇跡的な女性の体を紐解いてきましょうこの世のあらゆる事象は「陰」と「陽」の相反する二つの性質を持ち、両者の調和によって世界が保たれていると言われています。これを「陰陽思想」とも言われていますわかりやすく例えれば・・・男性 ↔︎ 女性光  ↔︎ 陰太陽 ↔︎ 月剛  ↔︎ 柔凸  ↔︎ 凹表  ↔︎ 裏昼  ↔︎ 夜進  ↔︎ 退など実際、家庭でも職場でも、男女の力関係のバランスが取れていると家庭生活も仕事もスムーズに進みますよね。住まいでも、日当たりが良い部屋も必要ですが真夏の暑さの中では涼を取れる日陰の部屋も必要です。全てにおいて、このような「陰陽のバランス」が大事ちなみに昔はなぜ戦争が長い間続いていたのかと行ったら、女性の差別(力が押さえつけられていた)状態が長く続き、男性社会の力が圧倒的になっていてバランスが崩れてしまっていたからだそうです。◆◆話を戻すと・・太古の昔から、女性の体には「月のサイクル」が強く影響していると言われています。・生理周期は平均して28日・月の満ち欠けは約29.5日ほぼ同じバイオリズムを刻んでいるのです新月の時期・上弦の月(満ちてゆく月)・満月それぞれの周期によって女性のホルモンバランスの変化から体・心が変化してきます。例えば、上弦の月(満ちてゆく月)この時のキーワードは●吸収・摂取●成長身体が色々なものを吸収してエネルギーを蓄える時期吸収しやすい、太りやすくなる気持ちはゆったりしてくる時期です気力が充実し、何事にも頑張れる時期仕事もプライベートの予定もこの時が○食事の量や質に意識を向けること食べ過ぎには要注意エネルギーが取りすぎ、必要な栄養素は不足がちになることが多いのでパンやお菓子類の量を減らし⇨野菜・果物などを意識してとってみてください・社交的になれる時期なためパーティーや交流会などに参加したり・肌あれもしにくい時期なので、新しいコスメやスインケア用品を試すのもオススメです

      43
      テーマ:
  • 08Apr
    • 【ご感想】月経周期によって身体や気持ちの調子が変化する

      寿命が100年になる時代がもうすぐやってきます。健康はあなたの大切な『資産』です自分の心とカラダを生かし人生をより素敵なものにするために一度じっくり自分に向き合ってみませんか?90分カウンセリグを受けてのご感想を頂きました20代女性 この方は「貧血・疲れやすさ」「便秘」「なかなか体調が整わず、風邪をひきやすい」ことなどでお悩みの方でした。○解決し始めたことは何ですか?・自分の身体にもっと意識を向けることが大切だと実感しました。 今の身体の状態によって、食生活をできることから改善していく 具体的な方法を知ることができすぐにでも始めていきたいと思いっています。・お茶やコーヒーを飲むことが多いため、水を意識してとることや・腸内環境を整える(一番の問題が判明)   ・・朝食を食べていなかったので、簡単に取れるものから始めてみたいです。○カウンセリング・チェックシートを受けてみてのご感想自分の生活をあらためて振り返ることができ、問題だらけの生活をおくっていることがわかった。チェックシートの内容が身近でわかりやすかったため、気をつけることを見つけやすかったです。幅広い項目があって、これだけでも勉強になりました。特に印象に残ったことは・月経周期によって身体や気持ちの調子が変化すること、その具体策・もっと自分の身体と食生活を大切にしていくことの重要性・腸内環境と身体の影響について・生活を急に大きく変えると、身体が反発してもとに戻ろうとするの できそうな小さなことから始めていくことが習慣化しやすい・女性が不足しがちな栄養素(鉄分、カルシウム、たんぱく質)等 ○どんな人にオススメですか?・働いている女性や、生活を見直したいけどどんなことから始めたらいいか迷っている人・痩せたくて悩んでいる人・これから赤ちゃんを産みたいと考えているすべての方へ**この方はすぐに便秘が解消し、お肌の調子も整いましたと嬉しいメッセージも頂きました!私たち人間は「心の力」「カラダの力」が統一され初めて健康で豊かで幸せな人生になります。女性特有の宇宙と繋がった「月のリズム」や「産みだす力」そして精神と肉体の法則を知り、生かすことがとても大事です心とカラダに悩むすべての女性へ毎日がもっと豊かで幸せに溢れますように一般応募開始は4月中旬を予定しています人気ブログランキングへ

      16
      テーマ:
    • 油の取り方の重要性〜アトピー、肌・細胞、卵子のダメージに繋がる〜

      女性のキレイと妊娠のためには「油」のことをしっかり知っておくことが大切です。しっかり食事をとっていなくて、エネルギーが足りないと女性は、排卵しにくくなったり、月経が止まってしまうことがあるのです!「油」と聞くと「太る」というイメージを持たれている方が多いですが、油は健康でキレイな身体を作るには必要不可欠な存在です。ただし、間違った取り方をしてしまったりすると、「アトピー性皮膚炎」「肌や細胞の老化」「卵子にダメージ」を受けるといった、なんとも恐ろしいことにではまず、油の働きからご紹介しますね。①ホルモンの材料になる②細胞膜を作る材料になる③脂溶性ビタミン(ビタミンA.D,E,K)の吸収を高める これらのビタミンは油と一緒にとることで効果を発揮します。④脳の神経を形成する⑤便秘の改善につながる⑥効果的なエネルギー源になる油をとるときのポイントは、油の質を意識することです。油には「身体にいい油」「減らしたい油」「避けたい油」があります。「減らしたい油」には、肉の脂身、生クリーム、バター等に含まれている飽和脂肪酸です。肉の脂やバターを思い出してもらえるとわかる通り、常温で固まっています。焼いたときはとろけるように美味しいのですが、私たち人間は動物などより体温が低いので、食べるとそれらの脂は固まります!!なので、血管の中で固まったり、つまったりして血液をドロドロにしたり、動脈硬化による心筋硬塞や脳卒中の原因になります。食事でお肉中心だったり、揚げ物が多い方は気をつけてくださいね。茹でて脂身を減らしたり、揚げるのではなく蒸したりグリルにしたりがオススメです^^次に、「避けたい油」の代表が、マーガリンやショートニング(菓子パンや洋菓子に多く含まれています)、フアーストフードに含まれるトランス型脂肪酸です。食事に菓子パンやハンバーガー、朝食にマーガリンたっぷり使用していませんか?このトランス型脂肪酸は、排卵障害や不妊のリスクを高めることが知られています。ここでようやく「積極的にとってもらいたい油」のお話です。特にとってもらいたいのが魚・クルミなどに含まれる「多価不飽和脂肪酸」です。体内で作ることができないため、食べ物から積極的に摂取する必要がありますが、摂取量は不足している傾向があります。魚は、水の中で生活しています。なので、冷たいところでも固まらない。つまり人間の身体の中でも固まらない。血液をサラサラにしてくれます。青魚は特に、脳の細胞を活性化させ、炎症も抑えてくれ、アンチエイジングにもぴったりです^^次にとってもらいのがオリーブオイルやナッツ類に含まれる一価不飽和脂肪酸です。これらの油は、酸化しやすいので、開けたら早めに使い切るようにしてくださいね。

      18
      テーマ:
    • 女性ホルモンを整える食事①

      皆さん、こんにちはいつも「いいね」「読者登録」ありがとうございます現代女性は、自律神経やホルモンバランスが崩れやすい。そんな環境にいます。私も、気をつけていると思っていましたが結構無理した生活を送ってしまっていたみたいで、ついこの間紹介されてお会いした占いの方に、<もっと自分を大切にしてあげてくださいね>と言われました。多分、私だけではないと思うんです。特に一人暮らしの女性は。自分のカラダだから、食事も自分しか食べないし。そう思ってしまってついつい適当にしまいがちですが、自分の身体はその不摂生が着実に蓄積されています。そして、女性は新しい命を授かることができる素晴らしい身体です。一緒に自分の心と身体に向かい合いもっと自分を大切にしていきませんか?それでは「女性ホルモンを整える食事、パート1」私たちの身体の細胞に必要な栄養や空気は全て血液が運んできます。そして、細胞に不要な老廃物や二酸化炭素は血液が運び体外に排泄させてくれます。このように血液は必要なものを届け、不要なものを回収するという循環をしてくれています。その血液の流れをスムーズにするために大切なのが、「鉄分」不足したり、流れが滞ったりしないようにするためにも「鉄分」を意識した食事を選んだり、作ったりできるようになりたいですね女性には隠れ「鉄欠乏」の方が多いんですよ~原因は、①月経によって出血があるから②食生活で鉄が不足している③うまく鉄を吸収できていないから →コーヒーや緑茶、赤ワインなどに含まれるタンニンは、非ヘム鉄とくっついて、鉄の吸収を妨げてしまいます。食事の前・後30分以内はこれらの飲み物は控えて、お水か麦茶、ハーブティーなどがオススメです。こんな食材を意識して、選んでみてください⭐️特に、生理中!🔷吸収率が高い動物性のもの(ヘム鉄)・赤身のお肉・赤身の魚・レバー・あさり・カツオ節・干しえびカツオ節や干しえびなどは和え物や炒め物にプラスするだけでいいのでお手軽ですおかず(主菜)は、「赤身」のものを🔷植物性のもの、吸収率は低いので、プラスαの工夫をしよう・小松菜・ひじき・パセリ・大豆製品(豆腐、高野豆腐、納豆、豆乳)・ほうれん草植物性のもので、吸収率をアップさせるにはビタミンCをプラスすること!レモン赤ピーマンパセリトマト小松菜(ビタミンCも多いです♡)いちご柑橘類などを一緒に料理に加えたり、食卓の一品に加えてみてください人気ブログランキングへ

      52
      テーマ:
  • 07Apr
    • 2〜3日くらいなら便秘は問題ない?

      2~3日間、排便がないのは女性ならしょうがない?いえいえそんなことはありません!便秘は、食やライフスタイルの乱れが原因体調やお肌にも悪影響を与えていますよ~(今の時期が旬の食材は、デトックス効果があります。)あなたは便秘になりやすいタイプ??🔷野菜やくだものはあまり食べない🔷わかめ、キノコは週4回以内である🔷一日の水分摂取量は1,5L未満である🔷早食いである🔷週に2~3日の運動習慣はないこれはほんの一部ですが、あなたは何個当てはあまりましたか??食事を改善する前に一番大切なのが、自分を知ること。今どんな生活をしているのか(食事、運動、睡眠・・)どんな身体なのか(体重、体脂肪、排便・・)を把握してみてくださいね。女性は特に、生理前には便秘になりやすい傾向があります。現代女性は、ストレスや不摂生な生活により、ホルモンバランスが下がっているなどで便秘で悩む女性が多くなってきています便秘が長引くとお腹にガスが溜まったり肌荒れ体臭の原因にも改善のためには薬よりまず、自分の生活を見直すことが大切です!!=======================便秘のタイプと原因には主に4つあります<1>便のかさが少ない<2>腸内細菌バランスが悪い<3>水分不足<4>自立神経が乱れている=======================が挙げられます。今回は<1>便のかさについて食べる量が少ないと、当然作られている便の量も少なくなります。ぜん動運動が弱まり、腸内に滞る時間が長くなってしまいます。そのため腸内で発酵され血液の汚れが起こり、体臭や肌荒れにつながってきます。特に、食物繊維(海藻、キノコ、野菜、果物)を意識して取り入れてみてください良質の油(あまに油、オリーブオイル、ココナッツオイル、アボガド、青魚)便をコーティングしてくれ、するっと排便しやすくなります。炭水化物(玄米、雑穀米など)腸を元気にしてくれる善玉菌のエサになります。なので、糖質オフの生活は長期間続けることは腸内細菌の面ではあまりお勧めではありません。などを意識して、食事の量を考えてみてくださいね。

    • 働きながらできる、一生健康で美しい女性の身体づくり(生活改善)

      今や日本では、女性が働くのは当たり前の時代。そして、女性が役職に就いたり、女性起業家、経営者が多数活躍していますね社会的、経済的にも自立した女性が増えています。だからこそ、働きながら、産める身体づくりを意識することが大切ですこんにちは今日は「働く女性にこそ、しっかり産める身体づくり」を考えてもらいたくて書きました女性は、がんばり屋さん多いですよね。やることが終わっていないと、睡眠を削ってまでがんばっちゃう。忙しい時は、ささっと食べられるパンで済ませてしまたり、寝不足だからコーヒーが手放せなかったり・・・。私は、小学校の管理栄養士として数1000名以上もの子供とママたちと関わらせて頂いてきました。学校で食育と言っても、基本の食は家庭です。子供に食のことを伝えても、実際に作ってくれるのは母親です。私はママたち、そしてこれから赤ちゃんを産み育てていく女性たちへ知っておいてもらいたいことがたくさんあります。子供の心と身体の健康のためには、女性の力が欠かせないのです。子供の未来をつくっているのです。現代女性の人生の特徴をみると・平均初婚年齢は  28,8歳・第一子出産年齢は 29,9歳一人の女性が一生のうちに産むとされる子供の数は 1,39人(人口動態統計より)結婚はより遅く、子は少なく産む傾向が強まっています。キャリアを積んでから結婚し、子供を授かるのが当たり前となった日本では「産めるカラダづくり」を早い時期から取り組む必要があります今は「自分」のことしか考えられないかもしれませんが女性は、「命を産める尊い存在」であると言うことを意識してもっと自分のカラダと食事に意識を向けてもらいたいと思っています。お菓子が食事ががわりになっていませんか?からだに必要な栄養が取れる食事はどういったものか知っていますか?食べている = 栄養が取れているでは決してありません。若いうちは、何かと無理しても大丈夫と勘違いしてしまいですが、そのカラダでいざ子供が欲しいと思っても、できにくかったり子供に害が出てしまいます例えば、アトピーが治らなかったり、未熟児で生まれてしまったり、健康障害にもなりえますだからこそ、個々では結婚前から自分のカラダの仕組みと周期を理解し、「最善の健康」をつくる力をつけてもらいたいと思っています。女性は、子供を産める存在です。そして、ママになってから家庭の食事で健康をサポートする大切な役割があります。子供は、宝物です。一生健康で、人生を生きていく力を育ててあげませんか?幸せトレジャーミールではこれからママになるすべての女性へ・人生のライフプランニングを立て・現状把握と改善策を立て、生活習慣を変えていきます。・女性のカラダと生理の仕組みについて学び・デトックスする力・食でカラダの土台づくり・アンチエイジング力・産める身体づくり総合力についてお伝えしていきます。ぜひ、一度、自分の身体と食事を見直す機会をつくってみてはいかがですか?

      40
      テーマ:
    • 女性の身体「月リズム」~生理後もっと肌をもっときれいにする方法~

      女性のカラダは、女性ホルモンの影響を受け、28周期主に4つのリズムによって体調が変化しています。将来元気な赤ちゃんを産みたい方、より内側からキレイになりたい方は、自分のカラダの仕組みとそれに合わせた食習慣を身につけることが大切です4つのリズムとは・月経中(ブルーな時期):1から7日目・月経が終わった時期:8~14日目・デリケートな排卵後:15~21日目・ゆううつな生理前:22~28日目があります今回は、②月経が終わった、女性が一番綺麗な時期についてこの時期の体調は、・一ヶ月のうち、一番体調が良く、肌の水分量も増え、きれいになるとき。代謝が上がり、エンルギー消費が高まるため、この時期にダイエットは効果的です。また、お通じも良好なことが多いですね。また、メンタル面でも明るく前向きになり、アグレッシブに動きまわることができます。なので、仕事で少し無理をしてもがんばれるとき、デートなどにもってこいの時期です。生理後は、太りにくいため、控えていた大好物のデザートをこのときに食べてもいいかもしれませんね。また、生理後は、ヘアカラー、新しい化粧品を試したり、刺激にも対応しやすい時期。そして、もともと肌の状態が良くなるこの時期に「亜鉛」をとると、よりお肌が綺麗になります亜鉛は、代謝を高めるはたら気があるため生理後のこの時期に亜鉛を多く含む食べ物を食べると、細胞の生まれかわりがスムーズになり、肌がきれいになると言われています。亜鉛が多い食べ物は、ヒレなどの牛赤身、牡蠣豚肉、マグロ卵、あさり、大豆&大豆製品うなぎに多く含まれています。亜鉛は、普通の食事をしている限り、不足することがなかなかありませんが、お酒をよく飲む人(アルコールを代謝にかかわる酵素が亜鉛を消費してしまうため)コンビニ食やフアーストフードで食事を済ませてしまう方には不足しがちになっているので気をつけてくださいね。生理後のキラキラ時期には、デートや美容室などたくさん楽しい予定を入れたり、仕事でがんばってみてくださいね

      30
      テーマ:
  • 05Apr
    • ダイエットも美肌も手に入れるライフスタイル

      心のバランスを整えたり、食欲にも関わってきている「セロトニン」不足するとうつ病や不眠症など、心の安定に関わってきています。幸せホルモンとも呼ばれています。この幸せを感じるためのホルモンが不足してしまう原因は簡単にまとめると・過度のストレス・生活習慣の乱れ・慢性的な睡眠不足・運動不足・不摂生な偏った食生活・朝日を浴びないことセロトニンが体内で合成されることが間に合わくなってしまうのです。脳内のセロトニンは、体内時計の調整をしてくれています。体内時計が乱れると、時差ぼけのような症状や疲れ・だるさが抜けない、偏頭痛がするなどの様々な不調が続きます。毎日の生活習慣の乱れが原因なので原因がわからず、そのままの生活を続けてしまって薬に頼ったり、私はこういう体質なんだと勘違いしてしまう方もいらっしゃいます。また、セロトニンが不足すると感情を抑制できなくて不安定になってしまいます。些細なことで落ち込んだり、怒りっぽくなるようです。食欲にも関連し、不足は太りやすくなるとも言われています。 それではどうしたらセロトニンが増えるの???🔷生活リズムを整える起きたらまずしっかり朝日を浴びることが大切。その後、決まった時間後にメラトニン(睡眠を促すホルモン、アンチエイジングにも効果的)が出る仕組みになっているので、乱れたリズムを直すには朝しっかり起きる!そして、朝日をすぐ浴びる!これができるようになると、自然と、夜眠くなります。朝も規則ただしく起きられるようになりますよ。⭐️朝日を浴びることによって、ずれた体内時計を脳がリセットしてくれます。⭐️内臓機能をリセットするためには、朝食を食べること。特にたんぱく質を含むことがベストです。納豆や豆乳、茹でタマゴや焼き魚など、一品プラスしてみてくださいね🔷ご飯ではなく単品だけの、いろいろ食品を組み合わせる →できる範囲でバランスを意識してみること主食(ご飯、パン、麺)・・・・体や脳のエネルギーになる主菜(肉、魚、タマゴ、大豆製品)・・・主にたんぱく質が多く含まれていて細胞の修復や髪、内臓、爪など様々な細胞を作ります副菜(野菜料理)・・・・主にビタミンやミネラル補給になりますです「カラフルな食卓」を意識してみるイメージでご飯を選んでみてくださいね特にセロトニンの材料は、「トリプトファン」でこれは体内合成ができない必須アミノ酸(必ずとってほしいアミノ酸の一種)です・バナナ・ナッツ類・納豆、豆腐などの大豆製品・そば・赤身魚など🔷リズム運動をするリズム運動には、セロトニンの分泌を促す作用があり、セロトニン神経を鍛えることもできます。🔷思いきり笑う🔷思いきり泣くセロトニンが整うと肌がきれいになり痩せやすくなります心から幸せになるので、穏やかな日々が増えますいつまでもキレイでいるためにセロトニンを整える生活をしていきましょう

      59
      テーマ:
topbanner

プロフィール

saori

性別:
女性
自己紹介:
こんにちは。 3ヶ月で乱れた生活習慣をリセット! ”心・と体のデトックス”で内側から輝く健康美と 女...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス