週末に、ダウン素材のインナーベストを買いました。

試着したら、軽くてあったかくていい感じだと思いました。

 

ところが、家で実際に着てみると、

めちゃくちゃ臭い!!!((>д<))

 

ダウン独特の臭みがひどくて着てられないから、

やむなく処分しました。

 

3000円をドブに捨てちまったよ。

大ショックだよ……_| ̄|○ガックシ...

 

しかーし!

 

神は私をお見捨てにならなかった。

 

楽天市場のアプリを開いたら、

私の悲しみは一気にふきとびました。

 

 

うっふっふ、そうでした(^^♪

もうすぐボーナスポイントがもらえるやーん☆

楽天スマホを買ったときのキャンペーンポイントです。

 

買い物に失敗した悲しみは、

秒で癒されました~( *´艸`)ゲンキン

 

楽天1ポイント = 1円。

 

今日の時点では、32ポイントしかないのにね。


約束の日がきたら、

約束されたポイントが付与されることを確信しているゆえに、

今からウッキウキですわよヾ(*´∀`)ノ

 

ポイントGETできたら、

あらためて中綿のインナーベストを買おう!

あれも買おう! これも買おう!

 

まだ手に入っていないポイントを想って、

私は喜びにあふれております。

喜びを先取りさせてくれてありがとう☆

 

未来の喜びを先取りしながら、

ヘブル書11章を連想しました。

 

 

 信仰とは、

 望んでいる事柄を確信し、

 見えない事実を確認することです。

 

 昔の人たちは、

 この信仰のゆえに神に認められました。

 

 ――新約聖書 『ヘブライ人への手紙』 11章1、2節

 

 

私はキリスト者ですが、

楽天ポイントも信仰しています。

 

 ポイント信仰とは、

 ポイントが付与されることを確信し、

 見えないポイントを確認することです。

 

まだポイントが付与されてないにもかかわらず。

約束の日がきたら、確実に付与されると確信しているから、

まだ実現していないポイントを想って喜べるのです。

 

神様を信じる信仰は、

ポイント信仰のハイパー上位互換だと思います。

 

 
↑神様が定めた時がきたら、
神様の約束が必ず実現する。
 
この確信があるゆえに、
地上の人間生活の苦しみも、耐え忍べる。
不幸ばかりの人生だったとしても、
神様の約束を想いながら、喜んで生きられる。
 
というのが、信仰者の理想ですね。
 
 
神様を信じる信仰とは、
 

 △ 神様の存在を信じる

 ◎ 神様の約束を信じる

 

神様の存在を信じるだけでなく、

神様を人格的に信頼するのが信仰です。

神様への愛ともいう。

 

聖書の神は、高みの見物をする神ではない。

 

私たちが呼べば応えてくれる神。

常に共にいてくださる神。

 

そして、私たちの罪(霊的負債)を引き受けるために、

いけにえとなってくださった神の子イエス。

 

神の子イエスが、「救い主キリスト」と呼ばれるのは、

私たちの代わりに死刑判決を引き受けて、

死んでくださったからです。

 

イエスの超能力や善行が素晴らしいから救世主……ではなく。

私たちの身代わりになって死んでくださったゆえに、

私たちは、最後の審判を無事に通過できることが保証されている。

だからイエスは救い主キリスト。

 

救い主キリストの意味をはきちがえると、

異端・カルト宗教に騙されるから厳重注意!

 

 

 

日本文化では、

平均的な人間より上位の存在を、

なんでも「神/カミ」と呼ぶ癖があります。

 

神対応、神プレー、神○○……

 

政府は「お上/おかみ」。

旅館の女主人は「女将/おかみ」。

妻は「カミさん」。

 

その他にも、貧乏神、疫病神、付喪神……

人の手におえない事象もぜんぶ「神/カミ」。

 

聖書がいう神……

ヤハウェ、イエス・キリスト、聖霊は、

日本人が連想する神とは定義が違います。

 

「日本文化の神」の定義を、

「聖書の神」にあてはめるから、

キリスト教や信仰を誤解してしまう。

 

日本のキリスト業界は、「神」の定義を、

もっとはっきり明言すべきだと思います。

 

「神」の定義がズレたままでは、

どれだけキリストや聖書の話をしても、

噛み合わないと思います。

定義のズレは、誤解、曲解の原因にもなります。

 

キリスト者が信仰しているのは、

日本的な八百万の神や仏ではないです。

 

「八百万の神で象徴される天地万物」

を創造した神。

創造主である神を神として信じています。

 

キリスト教は、

宇宙や自然の霊性を否定する宗教ではありません。

 

宇宙も自然も、すべて神様がお造りになったのだから、

そこに神様の息吹を感じるのは当然のことです。

 

しかしキリスト者は、

宇宙や自然現象、

動物、植物、人間など、

神の被造物を信仰対象とはしません。

万物の創造主を信仰対象とします。

ユダヤ教、イスラム教も同様。

 

森羅万象を神格化したシンボル神ではなくて、

森羅万象の創造主である神を信じています。

 

 

ちょっと長いけど、

旧約聖書続編(外典)の『知恵の書』13章冒頭から引用。

 

 

 神を知らない人々は皆、生来むなしい。

 彼らは目に見えるよいものを通して、
 存在そのものである方を知ることができず、
 作品を前にしても作者を知るに至らなかった

 かえって火や風や素早く動く空気、
 星空や激しく流れる水、

 天において光輝くものなどを、
 宇宙の支配者、神々と見なした。

 その美しさに魅せられて、

 それらを神々と認めたなら、
 それらを支配する主

 どれほど優れているかを知るべきだった。
 美の創始者がそれを造られたからである。


 
もし宇宙の力と働きに心を打たれたなら、
 天地を造られた方がどれほど力強い方であるか、
 それらを通して知るべきだったのだ


 造られたものの偉大さと美しさから推し量り
 それらを造った方を認めるはず
なのだから。

 とはいえ、この人々の責めは軽い。
 神を探し求めて見いだそうと望みながらも、

 彼らは迷っているのだ。

 

 造られた世界にかかわりつつ探求を続けるとき、
 目に映るものがあまりにも美しいので、

 外観に心を奪われてしまうのである。

 だからといって彼らも弁解できるわけではない。

 

 宇宙の働きを知り、
 それを見極めるほどの力があるなら、
 なぜそれらを支配する主を
 もっと早く見いだせなかったのか。

 
 ――旧約聖書続編 『知恵の書』 13章1-9節


 

「キリスト教は嫌いだ」

「宗教とは関わりたくない」

 

そう思っている人も、最低限、

聖書の神の定義だけは知っておいてほしいです。

 

正しい定義を知ったうえで、

神ヤハウェを拒否するのは各人の自由です。

 

 

ヘブル書11章は、旧約聖書の信仰者たちをたくさん例にあげて、
最後にこう締めます。
 
 
 ところで、この人たちはすべて、
 その信仰のゆえに神に認められながらも、
 約束されたものを手に入れませんでした。
 
 神は、わたしたちのために、
 更にまさったものを計画してくださったので、
 わたしたちを除いては、
 彼らは完全な状態に達しなかったのです。
 

 ――旧約聖書 『ヘブライ人への手紙』 11章39、40節

 

 

なんとまあ。

神に認められた信仰者といえども、

地上の人生では、約束の実現を見ることがなかった。

 

昔の信仰者は、神様に騙されたのか?

もちろんそうではない。

 

 

旧約聖書の時代、

つまり Before Christ の世代の信仰者は、

やがて降誕する救い主キリスト(メシア)が、

信仰者を救ってくれることに、

生きる望みをおいていたのですね。

 

神様の約束が実現する日時はわからないけれど。

将来必ずキリストによる救いが実現すると確信していた。

キリストが来たら、神の国、罪の赦しと救い、永遠の命など、

約束されたものを得られる確信があった。

 

現代は、すでにイエス・キリストの十字架の死と復活で、

救いの業が完了しているから、

私たちはキリストの救いを感謝して受け取るだけでよい。

 

神様がこの天地を店じまいする日時は、誰にもわからない。

 

でもその日が来たら、キリストを救い主と信じる者は、

最後の裁きを無事に通過できる。

信仰者の人徳のゆえではなく、

キリストの死と弁護のゆえに、

キリストのおかげで神の裁きをパスできる。

 

それを信じる人が、キリスト者。

確信できれば尚良し。

 

 

近未来の楽天ポイント付与が約束されているだけでも、

私はとっても嬉しくてウキウキです。

 

神様の約束は、楽天ポイントどころではない。

天の御国と命を付与してくれるというのだから、

究極の楽天ですよね。

 

残念ながら、人間の私には、

永遠の命の価値がピンときません。

 

しかし永遠の命が、

地上の楽天ポイントよりすばらしいことはわかります。

 

うだつのあがらない日々でも、

神様の約束を喜びながら、

もっと楽天的に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

 

※ 記事中の聖句引用元/日本聖書協会『新共同訳聖書』
 
※ イエスキリストの純粋な福音を知りたい人には、
 『キリスト教放送局 FEBC』をお勧めします。
 ↑最寄りの教会紹介、無料聖書通信講座もあります。
 

***************************

※このブログのコメントは承認制です。
ブログチェックのタイミングにより、
コメントの反映・返信が2,3日後になる場合もあります。


***************************

■ ルーン魔女KAZのホームページ/著書一覧は こちら