前回の終りの方に書きました件……

辞めたいと思いながら、嫌々続けていたことを、思いきってやめてみました。

 (前回) 【エレミヤ2章】それは命の泉か、無用の水溜めか … 動機の水源を毎日チェックしよう

 

そしたら、空気がうまい。

心の底からの平安を感じられました。

世界はこんなに広くて自由だったんだ!!!。+.゚ヽ(´∀`)ノ゚.+。

 

 

60兆個あるという体の細胞ひとつひとつが、芯からリラックスして、

にこにこスマイルになってる感がすごいです。

換言すれば、今までは60兆個の細胞ひとつひとつが委縮してしまっていたってことですね。

 (参考) 【第一テサロニケ5章】 いつも喜んでいなさい … ×笑顔を捏造する ◎笑顔になれるよう祈る

 

無理してがんばってる自覚はありました。

そのストレスは、私が想像していた以上に、心身をすりへらしていたようです。

 

私は自分のストレスに鈍い傾向があります。

だから頭では本気で「大丈夫、これぐらいなら大したことない」と思ってる。

でも実際は「ちょっとしんどいなあ……」と感じた時点で、レッドゾーンの手前にいる。

 

そんな鈍い私のために、神様はいろいろな手段で、

メッセージを送ってくれたり、物理的に道をふさいでくれたり……

昔から私がしょっちゅう体調を崩してしまうのも、

私のかわりに神さまがブレーキを踏んでくれているためだと思います。

本当にありがとうございます。

 

ストレスを自覚するのが下手なせいで、同じ失敗を何度もくりかえしてきました。

もうウンザリです、もう十分です。

これからは、「ちょっとしんどい」という感覚を、もっと本気で信用、尊重しようと決めました。

 

「しんどいのはみんな同じだから我慢しなさい、忍耐しなさい」

という呪いの言葉が、命の泉をふさいでしまう。

 

 何を守るよりも、自分の心を守れ。

 そこに命の源がある。
 
  ――旧約聖書 『箴言』 4章23節
 

 

私がこうなったのは外部の何か誰かのせいではないです。

神さまは私に自由を与えてくれているのに、

私がわざわざ自分で自分を縛って、自分勝手に苦しんでいるんだなと、

あらためて思いました。

 


『セルフセラピーカード』の「自由」というイラストの意味が、

身をもってよくわかりました。

 

車椅子のクララに、ハイジは言いました。

「クララのバカ、いくじなし! 

 一人で立てないのを足のせいにして!

 足はちゃんと治ってるわ!」

 

決断できるのは、自分だけなんだね。

 

神の御使いが、足かせを外す鍵を持ってきてくれる。

神さまがなさるのはここまでです。

 

鍵を受けとるか否かは、自分の決断次第。

受けとった鍵を使うか否かも、自分の決断次第。

 

神さまが一方的に足かせを解錠してくれるわけではないのですね。

鍵を受けとろう、足かせを外そう……と決断して実行するのは、人間。

その一連の行動は、人間の自由意思に委ねられていて、自己責任ということになります。

 (参考) 「私はロボットではありません」… 神は人間に個性と自由意志を与えた。

 (参考) 【マルコ5章】レギオン(みんな)という悪霊からの解放 … 人に飼われる社畜は、神に養われる羊に

 (参考) 【マタイ27章】 選択には責任が伴う … 裏切り者のユダより悪質な群衆(レギオン)


今後、何をしようとも、「しんどい、疲れた」と感じたら、

そう感じた自分の感覚を尊重することにします。

いや、今まで何度もそう決意してるはずなんだけど、今度こそもう本気で尊重するわ。

 

ある人には命の泉として機能することが、

別の人にはストレス源として機能してしまうこともある。

食物アレルギーみたいなものですかね、不思議ですね。

誰も何も悪くない、人によってフィーリングが違う、それだけのことですね。

 

 

 

 

 

※ 記事中の聖句引用元/日本聖書協会『新共同訳聖書』または『口語訳聖書』
 
※イエスキリストの純粋な福音を知りたい人には、
 『キリスト教放送局 FEBC』をお勧めします。
 
■ 「神と聖書と日ユ同祖論」 記事一覧&リンク →こちら

 

***************************

※このブログのコメントは承認制です。
ブログチェックのタイミングにより、
コメントの反映・返信が2,3日後になる場合もあります。
土日は休みです。


***************************

本ルーン魔女KAZのホームページ/著書一覧は こちら

本 無料WEBコミック雑誌てんてる …… KAZの著書の版元さんが運営しています☆
無料WEBコミック雑誌てんてる