『実用ルーン占い』ルーン魔女 KAZ著 Amazon.co.jpで好評発売中


北欧ルーン文字占い・リーディング KAZのブログ

占いで使うルーン文字について、1文字ずつ解説していきますベル

一般的な、ルーン占いの解説書に書いてある意味に加えて、
KAZのリーディングで出た場合の解釈例や、
KAZがルーン魔術で使う方法も挙げていきます。

KAZ独自の解釈と魔術のやり方は、私のクセが強く反映されているので、
一般的な解釈とはズレることも多いですが、
何かの参考になれば幸いです

ルーン・フサルク(ルーンのアルファベット)全般の概要は、
24文字のルーン・フサルク】 の記事をご覧ください。


・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


北欧ルーン文字占い・リーディング KAZのブログ-ハガル、ハガルズ

雪【9】 ハガル Hagall
 英字 …… H
 意味 …… 雹(ひょう)
 備考 …… ドイツ語のHagel

        ゲルマン読みではハガラズ等


雪【一般的な解釈】雪

ルーンの世界では、雹(ひょう)は畑の作物に大ダメージを与える自然の猛威です。

日本の雹みたいに、かわいらしい氷がパラパラ降ってくるのではなく、

野球ボール大の氷の塊がランダムに激しく降ってくる様子を想像して下さい。

雹は、人間には防ぎようがない自然現象なので、

ハガルのルーンには以下のような解釈が当てられます。


破壊を伴う大きな変化。

自分ではどうしようもないトラブル。
外部の環境が大きく変化する。

心の中でブリザードが吹き荒れる。

おみくじの大凶に該当。



雪【KAZのリーディングでは】雪

基本的には、上記の定番の意味で解釈します。大嵐です。

ただし、KAZがリーディングで強調するのは、

すさまじい破壊力をもった嵐が吹き荒れていても、

それにどう対応するかによって、吉凶は変わるという点ですね。


嵐が来るのは、どうしようもない。

ハガルが出た時は、やってくるとわかっている嵐に対して、どんな対策をとるかが肝心です。

うまくすれば、嵐をプラスに利用することだって可能です。

そのために、ハガルのルーンが、前もって親切に教えてくれてるわけです。


雪の結晶ではイメージがわきにくいので、台風台風に置き換えて説明をします。

ハガルのルーンが出るのは、台風の進路予想図で、暴風圏に入っている時です。


で、暴風圏に入っていることがわかっていれば、無理な外出は避けたり、

予定を先延ばしにすればいいだけなんですよね。

植木鉢が倒れないように室内に入れておくとか、

シャッターをおろしておくとか、そういう対策さえしておけばいいのです。


ハガルが出ている時期は、家の中でひきこもって、ためこんでた本を読んだり、

DVDを見たりして、まったり楽しく過ごしてもいいですね。

働き過ぎて疲れている人は、台風で電車が動かないなどの理由をつけて、

この機会に、ゆっくり仕事を休めるのでラッキーです。

大雨暴風警報が出れば、学校が休みになって、喜ぶ子どもも多いでしょう。


やむをえない事情で、嵐の中を外出しなきゃいけないんだったら、

ずぶぬれになることを覚悟で、傘は最初から持たずに、

レインコートを着て、レインブーツを履いて、完全武装したらいいんです。

嵐と戦おうとか、嵐を止めようとか、そんなことはしなくていい。


ハガルが示す嵐とは、人間関係のトラブル、仕事のトラブル、恋愛のトラブル……

いろいろ考えられますけれど、ネガティブに受け取る必要はないのです。

もちろん、馬鹿正直に立ち向かう必要もありません。

ちょっと田んぼの様子を見に行ってくる、川の様子を見に行ってくる……

という余計なことをすると死亡フラグが立ちますから、

何か気になることがあっても、自分にはどうしようもないと潔く諦めて、

結果を天にゆだねた方がいいです。

外の様子を見たけりゃ、ハガルが通り過ぎてからにしましょう。


KAZのルーン占いでハガルが出た時は、

「嵐が通りますよ~」と、親切にお知らせをしてくれているだけなので、

なにも怖がらなくて大丈夫です。


空から降ってくる雹は危険ですが、

地面に着地した後の雹には、何の力もありません。

やがて溶けて消えていくだけです。



雪【ルーン魔術としては】雪
はっきりいって、使い道が思いつきません。

すべてを投げ出して徹底的に破壊して一からやり直したいときには、

使えるかも知れません。

天空の城ラピュタの、滅びの言葉「バルス」みたいな使い方ですね。


氷に関わる何かをしたいのなら、「11:イス 」という氷のルーンを使いましょう。

イスは静かで、安心、安全です。


中二病の人は、ヒャダイン、ブリザガなどの氷属性魔法を唱えるときに、

ハガルのルーンの力を借りてみてください。

KAZが見たところ、ヴァルキリープロファイルの大魔法アブソリュートゼロは、

間違いなくこのハガルのエネルギーを使っています。

ただ、腹が立つ相手に対して、心の中で氷属性魔法を唱えていると、

その反動として、身体がどんどん冷えて免疫力がさがりますので、

やっぱりハガルはルーン魔術としてお勧めはできないです。


なお、ハガルは、「」という表記方法もあり、

ラッキースター星という幸運のお守りにもなるそうですが。

ラッキーのお守りを作るなら、危険と隣り合わせのハガルを使うより、

別のポジティブなルーンを使う方がいいと思います。

試練好きのマゾな人は、この限りではありません。



雪【余談】 雪

ハガルは、だいたいどのルーン解説書を見ても、

ネガティブな意味であることが前提で書かれています。


しかしKAZは、そうは思いません。

ハガルがネガティブかどうかは、本人の受け止め方次第です。


台風が来て、稲や農作物がパーになったなら、そりゃ凶作ですんごいネガティブなことですが。

今は、2012年ですよ。

無理に年貢を納めなきゃいけないとか、凶作で自分たちの食べる分がなくても、

領主さまに農作物を進呈しなきゃいけなくて餓死しちゃうとか、そういう時代じゃないんです。


畑で例えるならば、畑が台風でパーになったことで、大きなショックを受ける人も多いでしょう。

そういう人には、ハガルは災厄でしかありません。

でも、畑がパーになったことで、この機会に、台風と時期が異なる作物生産に転向するとか、

農家をやめて本当にやりたかったことをするきっかけになるなど、

ハガルの影響をうまく利用していく人もいます。

キズがついた農作物は、ジャムや缶詰などの加工品として出すこともできますし、

アイデアマンの人なら、そちらの加工品で高い利益をあげるかもしれません。


人数比では、ハガルでダメージを受ける人が多いのかもしれませんが、

自分がどちら側になるかは、自分の意思と選択で決めることができます。

ハガルは、ただその場を通り過ぎるだけです。

ハガルが来たら、その場から逃げる、避難するというやり方もあります。

ハガルに立ち向かわなきゃいけないという決まりはありません。


ルーン占いは、未来を予言するものではありません。

天気予報と同じなんです。

今の天気図はこうだから、今後の天気はこうなることが予想されますねという、

予想図を見せてくれるのがルーン占いです。

ルーン占いの結果を元に、ネガティブに流されていくか、

ポジティブに活用していくかは、自分次第です。






『実用ルーン占い』ルーン魔女 KAZ著 Amazon.co.jpで好評発売中


ベルKAZのルーン・リーディングのお申込・お問合せはこちらからどうぞ ニコニコ

ベルKAZが、肩書を「ルーン魔女」にしている理由は、こちらの記事 をご覧ください。



↓マンガ好きの方は、ファイヤークリック!


無料WEBコミック雑誌てんてる