エイジングケアアドバイザー for you

エイジングケアアドバイザー for you

エイジングケア、特にヘアケアに関する情報サイトです。
気になる方もそうでない方も是非!


$エイジングケアアドバイザー for you
私のブログに訪れて頂きありがとうございます。




悩んでいる方へ、参考になればと想います。


Amebaでブログを始めよう!

テーマ:



今日もこんな記事を見つけました。





●年を重ねるとともに、頭髪に関する悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。薄毛を防ぐための方法を調べてみても、本当に効果があるのか疑問ですよね。

そこで、薄毛治療を専門とする「銀座HSクリニック」の院長・北嶋渉先生に、髪の毛にまつわるウワサの真相について解説していただきました。


海藻類を食べると髪の毛が増える――×
ワカメなどの海藻類には、ミネラルが含まれています。これは髪を形成する成分のひとつではありますが、効果を実感できるほどの量は含まれていません。他にも、ミカンの皮や緑茶なども髪に効果のある食材といわれていますが、増毛効果を期待できるものではないですね。

残念ながら、「これを食べれば薄毛に効く!」といえる食材は存在しません。ひとつの食材にこだわるよりも、全身の健康バランスを考えた食生活を送ることが重要です。


睡眠不足は薄毛の原因になる――○
睡眠不足は身体に様々なトラブルを引き起こしますが、薄毛の一因にもなります。なぜなら、就寝中に毛髪の成長に大きく作用する成長ホルモンが分泌されるからです。毎日6時間は睡眠時間を確保していただきたいですね。

成長ホルモンは20歳をピークに減少します。そのため、薄毛治療にこられた中高年の方には、成長ホルモン分泌促進剤の併用もおすすめしています。


帽子をかぶり続けると薄毛になる――△
帽子をかぶって汗をかく程度であれば、それほど問題ありません。しかし、赤みやかゆみなど、頭皮に異常が生じると、抜け毛の原因になります。また、蒸れることによって菌が繁殖すると、抜け毛の原因になるので注意してください。


ストレスが強いと毛が抜ける――×
薄毛はストレスがきっかけになることはありますが、強いストレスを受けたからといって必ず毛が抜けるわけではありません。阪神・淡路大震災の時にも、これが原因で薄毛になったという人は増加しませんでした。ただ、ストレスは様々な病気の原因になるので、上手に発散した方がいいですね。


貧血になると抜け毛が増える――○
貧血だけでなく、急激なダイエットや大病を患った時など、身体のバランスを崩すと抜け毛が増える傾向にあります。ただし、症状が緩和されると薄毛も解消されるので、まずは健康な状態を取り戻すことが重要です。


体毛が濃い人は薄毛になりやすい――△
これについては、因果関係を検証中です。しかし、体毛を濃くする男性ホルモンが多いからといって、薄毛が進行するとは限りません。


薄毛ケアには、専門医の治療やアドバイスだけでなく、規則正しい生活も重要なことです。薄毛が気になる方は、生活習慣を見直してはいかがでしょうか。




頭髪や健康に関する事は専門家の話を良く聴いた方が良い様ですね。


http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn


上記の中に食生活に関する話がありましたが、髪の健康の為にはバランスの良い栄養補給が重要です。
栄養をしっかりと補給する事も、一つのヘアケアだと思います。

髪に必要な栄養素はたんぱく質・
ビタミン・ミネラルの3種類があります。
特に、魚や大豆製品等に含まれる低カロリーなたんぱく質は抜け毛予防に良いと思われるので摂取して見て下さい。






















テーマ:

健康やアンチエイジングについて「一日一食健康法」と言う本が話題になっていますが、昔から1日3食をしっかり食べる事が体に良いと言われていました。



特に、朝食は必ず食べた方が良いと

本当のところはどうなんでしょうか?


こんな情報がありました・・・プチ断食とは?


*ある記事からの抜粋です。



「大昔の人間は食料がとれず、3日間、何も食べられないこともよくありました。体はそのたびに機能を総動員して、飢餓の危機を乗り越えてきました。しかし、現代人は24時間365日、胃腸のどこかに必ず食べ物が入っている状態です。そこで、プチ断食で飢餓状態作と、体本来の機能が目覚めるんです」


 そもそも私たちの体は、食べた物から作られているが、現代社会では、食品添加物や農薬など有害な物質を多く体に取り込んでいたり、インスタント食品などの加工品を多く摂取することによって、体に大きな負担をかけている。


そのために、消化吸収能力が衰え、細胞に必要な栄養が届かず、さまざまな機能が低下する。そうした状況の中で、プチ断食は細胞を若返らせて美容や健康に効果的という。


「私たちの体は約60兆個の細胞でできていて毎日新しく生まれ変わっています。プチ断食により、細胞内に蓄積された有害物質が除去され、細胞が本来持っている力を導き出すことが可能になります。すると、細胞は正しく生まれ変わることができるのです」


 細胞の再生や修復には体内にある代謝酵素が必要となるが、この仕組みについては次のように解説する。


「体内酵素には、消化酵素、代謝酵素の2種類がありますが、現代人の食生活では、体内酵素の多くを消化酵素に使ってしまい、代謝酵素が充分に働いていないことが多い。そうした状態が続くと、体調が悪くなったり、老化が進んだりしてしまうので、プチ断食で食事を休み、胃腸など臓器の負担を減らすことで代謝酵素の働きを高めると、ダイエットや便秘解消、デトックス、アンチエイジングなど、体に良い効果を得ることができるのです」








 しかし・・・



断食だけでなく、ダイエットや食事制限をされている方も沢山おられると思いますが、しっかりとした栄養を摂る事は健康だけでなく、薄毛や抜け毛の対策になりますのでその点は充分な注意が必要かと思います。




食事制限をされている方は出来るだけ糖質を避けながら、しっかりと栄養を摂る様にして下さい。




断食をされている方は2~3日に留めた方が良いと思います。


2~3日ならば、体に不要な物を排出してくれますが、長くやるのならば断食に詳しい方のアドバイスの元で行う様にした方が良いと思います。


断食というのは体に栄養を回さない事なので、正しい知識で行ったほうが安全でしょう。




ダイエットは体重を落とすだけでなく、体脂肪を落とす事が重要でしょう


ダイエットする事で、体の老廃物を排出出来ますから肌の健康にもつながります。


体を健康にする事がアンチエイジングにとって重要のです。


サプリメント等を使ったダイエットも有る様ですが、種類も多く出回っているので品質の良い物を選ぶ事をお勧めします。




体を健康にしながら、髪のケアも忘れないで下さい。


髪に良いと言われる成分を含んだサプリメントも有りますし、ヘッドスパ等も有りますが、毎日簡単にケアをしたいのであれば髪によいシャンプーで洗髪をすると良いでしょう。


特に、アミノ酸シャンプーを使うと良いと思います。

髪の毛はアミノ酸で出来てますし、マコンブエキスによる保湿効果やヒバエキスによる殺菌・脱毛予防効果もありますのでお勧めです





http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn















































テーマ:




本格的に寒くなり、体を暖かくしたり食事に気を付けたりと風邪対策等には余念が無いと思いますが、こう言う所の健康にも注意が必要です。



見た目だけではなく、健康にも大いに関係が有ります・・・








●髪が細くなる原因とは?



①頭皮の老化
②血液の流れが悪くなる血行不良
③エストロゲンの減少

④ホルモンバランスの影響
⑤ヘアケア方法の間違い


上記の様な事が原因と考えられますが、コシやハリが無くなった細い髪を増やさない様に頭皮や髪に良い生活をしましょう。

その他にも原因としては、ストレス等も原因と言われています。
ストレスは健康を損なうだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。
ストレスが全く無い生活は難しいと思いますが、今以上に細い髪にならない様に、そして薄毛対策としてストレス発散をすると良いと思います。




●抜け毛をチェック



抜けた髪を見て普段とは違って細い髪であったり、産毛の様な髪が抜けていると、もしかすると体のどこかが不調で脱毛が進行しているのかも知れません。
こう言う状態ならば、薄毛になり易いので注意が必要でしょう。

人間は20代頃から髪が細くなって来てしまう傾向にある様ですが、原因は人それぞれです。
先ずは、頭皮に栄養が行き渡り易い様に生活習慣等を見直した方が良いでしょう。

最近、髪のハリやコシが無くて髪が細いと感じたら早めの対策をお勧めします。

特に、細い毛が多く抜ける場合は要注意です。
髪には成長サイクルと言うのがあって、成長サイクルが終わった太い毛から抜けていくのが普通なのですが、細い毛は成長途中で、その成長途中の毛が抜けると言う事は、成長サイクルが乱れていると言う事ではないでしょうか。

こう言う状態が続くと、髪が成長しないで細い髪ばかりになってしまう可能性があります。

抜けた髪の毛根部分を見て、炎症等を起こしていたり毛根が変な形になっていれば、脱毛症になっている恐れがあります。


他にも季節の変わり目の時期やダイエット等が原因で細い毛が抜ける場合もあり、普通は抜けるのも一時的な事ですが、過剰なダイエット等をすると、髪だけでなく体の健康にも異常が生じて来ます。




●キューティクルが大事




人により髪質は違って、髪が細い人は柔らかいと言う様なイメージがありますが、細くて柔らかい髪は痩せてしまっている状態でありコシやハリ等がありません。
しかし、髪が太ければコシやハリがあるという訳ではありません。

髪の表面を覆っているキューティクルが整っているかどうかで髪が健康なのか、コシやハリがあるのかが変わって来るのです。


髪が太くても、キューティクルが剥がれてしまっているとダメージヘアになり髪のコシやハリはなくなって来るでしょう。


キューティクルとは、髪の表皮にあたる組織で魚の鱗の様な形をしています。

キューティクルが整っているのが健康な髪の状態なのです。

又、キューティクルには髪の水分を保持する役目が有り、キューティクルが壊れると髪は水分を保持出来なくなり、光沢と柔軟性を失います。

そして、一度壊れたキューティクルは再生出来ません





●シャンプー選びは重要か?



毎日髪を洗う時に直接髪や頭皮に付ける物ですから、シャンプー選びは重要です。

シャンプーといっても色々な種類が有り、アミノ酸系シャンプーから石鹸系シャンプーといった様にシャンプーによって成分が違うのです。


http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn



①アミノ酸系シャンプー


一般的に良いと言われているのが、アミノ酸系のシャンプーです。

洗浄成分がアミノ酸から作られており、アミノ酸は天然の素材なので安全性が高くなっています。

頭皮に対して低刺激で、適度な洗浄力と泡立ちも良く、保湿性が高いので、シットリした感じの洗い上がりです。

アミノ酸系シャンプーかどうかを見分ける場合は、成分表示を見てココイルグリシンK・ココイルグルタミン酸・ヤシ油脂肪酸・ラウリン酸・ミリスチン酸といった成分が入っていればアミノ酸系シャンプーです。



②石鹸系シャンプー


石鹸系シャンプーは使い続けると、髪がアルカリ性に傾いてしまい、髪を傷める可能性もあります。

しかし、石鹸系シャンプーを使う事のメリットは髪が細くなる原因になる毛穴のつまりや不健康な頭皮の汚れをキレイに落とす事が出来ると言うのが有ります。


こう言う洗浄力の強いシャンプーを週に1回程度使えば、髪が細くて悩んでいる人には良いかも知れません。























テーマ:


12月に入って本格的に寒くなって来ましたが、風邪等には充分に気を付けたいものです。



体の具合が悪くなってから治療をするより、出きるだけ病気にならない様に予防を心掛けた方が良いと想います。



病気だけでなく、こう言う所にも予防を・・・






●髪の毛が細くなった → 頭皮の老化です!

髪の毛を育てる毛母細胞は血管から栄養を吸収して発毛を促進しますが、30代をピークにして40~50代の更年期に成るに従って地肌の乾燥や新陳代謝の低下・血行不順等により充分に栄養が毛母細胞へ送られなくなって髪の毛が痩せて行ったり、細い髪の毛が抜ける等の症状が現れて、抜け毛や薄毛・脱毛の原因にもなります。

つまり、頭皮の老化と言う事です。


又、老化だけでなくストレスやホルモンバランスの変化で細い髪が目立って来る事もあります。


髪が細くなって来たら、出きるだけ放置せずシャンプーや育毛剤等で早めの予防・対策を行う事が大切です。

特に敏感で乾燥し易い頭皮の人は、しっかり保湿出来るシャンプーを選ぶ事が大事です。

有効成分が入っていても頭皮等に刺激を与えるシャンプーは避けた方が良いでしょう。




参考にコチラを → http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn



しかし、髪が細いと薄毛になるのかと言うと、必ずしもそうであるとも言い切れません。
個人差が有りますし、髪が細くても薄毛にならない人はいますし、髪が太い人でも薄毛になる人もいます。

それよりも、髪に密度や厚みが足りない事に気を付けた方が良いでしょう。




●細い髪を改善するには → 充分な栄養が必要です!


髪にとって食生活は関係が深いので、髪を健康な太い髪にする為には、栄養をバランス良く摂取して髪に栄養を与える事が大切です。

髪に必要な栄養素は、
ビタミンやミネラル、タンパク質等が重要です。

しかし、こうした栄養素を全て食事で摂り入れる事は非常に困難なので、バランス良く色々な食物を食べる事が重要ですし、サプリメント等て補うのも良いかと思います。


サプリメントに関しては様々な意見が有って種類も多いですが、品質の良い物を選べば髪だけでなく、色々な面で体に良いと思います。





テーマ:



11月も終盤になり本格的に冬に近付いて来ましたが、健康には充分に気を付けて風邪等ひかない様にしたいものです。


こう言う時季こそ、バランスの良い食事を摂ってしっかり栄養補給をして、生活習慣を良くする事が心身の健康やアンチエイジングにつながると想います。


それと、空気がかなり乾燥して来ますので保湿も気を付けた方がよろしいのでは・・・





●髪の保湿を長時間保つには?


髪の保湿を長時間保つには、髪が健康でないといけません。


髪を健康的に保つには?


1.毎日の規則正しい生活



髪は肌と同じく、夜に作られます。

6時間から8時間の睡眠時間は取った方が良いでしょう。

特に、午後10時から午前2時の間は成長ホルモンが多く分泌される時間なので、しっかりと眠る事が理想です。

その為にも、早寝早起きが理想と言えます。



2.バランスの取れた食事



食事の回数は諸説有る様ですが、栄養バランスの良い食物を心掛けましょう。

良質のタンパク質・アミノ酸・ビタミン・ミネラル等を摂りましょう。

ファストフードやコンビニ等の脂っこい食事が続くと、毛穴に脂が溜まり髪に栄養が行き渡り難くなってしまいます。



3.正しいヘアケア



①シャンプーやトリートメントで内側から水分補給を行いましょう。

 *シャンプーには要注意!

  http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn



②髪を乾かす時は、タオルで優しく乾かしましょう。
先ず、固く絞ったタオルで水気を取って、乾いたタオルで拭き取れなかった水分を拭き取ります。

この時に、ごしごしと強く擦ると髪を傷める恐れが有ります。


③タオルドライの後でドライヤーを使う時は熱風を当て過ぎない様にして必要以上に髪を乾燥させない様に。

ドライヤーを使うときには、洗い流さないトリートメントを少量髪につけると髪の乾燥を防ぎます。







以上の様な事は、冬だけではありませんが内面も外面も健康にして毎日を楽しく送りたいものです。


テーマ:



合成界面活性剤と言う言葉をよく耳にしますが、一体どんな物でしょうか?


良くないと言われますが、何が悪いのでしょうか・・・




●合成界面活性剤とは?

合成界面活性剤とは、化学的に作られた界面活性剤の事です。

水と石油を混ぜ合わせる乳化作用のある化学成分の事で、優れた泡立ちや洗浄力が特徴です。


合成界面活性剤は、シャンプーやリンス・トリートメント・化粧品・整髪料・歯磨き粉・洗剤等あらゆる日用品に使用されています。
合成界面活性剤を多量に使用していない日用品を見つける方が難しくなっています。

化粧品等の原材料約3700種類の内、約23%が合成界面活性剤を使用しており、その手助けをする成分も含めると原料の約40%は合成界面活性剤です。


その種類は非常に多く、成分表示等を見ると原料名が書かれていて、ステアリン酸PEG・ジステアリン酸PEG-250等1440種類も有ります。



●合成界面活性剤はどんな影響が有るのか?


合成界面活性剤は、皮膚アレルギーや脱毛の原因になるという説もあります。


例えば、一説では経皮毒になるとも言われています。

合成界面活性剤が、頭皮から体内に入って健康にダメージを与える可能性があると言われています。


又、シャンプーに含まれている合成界面活性剤は、強い洗浄力があり大切な皮脂迄洗い落とす事もあって、抜け毛の原因になる事もあります。

頭皮は、他の皮膚に比べて角質層が薄くて合成界面活性剤の影響を受けやすいのです。

その為、頭皮の炎症や痒み・フケ等の原因になる事もあります。


育毛や発毛の事を考えると、髪に良いシャンプー剤を選ぶ事は重要です。

特に、アレルギー体質や抜け毛・薄毛が気になる人は頭皮に優しいシャンプー剤を選ぶ事をお勧めします。


http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn


●合成界面活性剤の具体的な悪影響とは?



肌への悪影響の可能性がある。


*タンパク質を溶かす性質があって、薄い角質の維持に悪影響がある。

*水分を閉じ込めるので、肌のバリアゾーンが脂分を失って乾燥する。



②合成界面活性剤自体の毒性が体内に吸収される。


③発ガン性物質の懸念がある。



④地球環境にも悪影響がある。


台所や風呂場、洗濯機等から合成界面活性剤が河川等に流れ出ると、水に溶けないので水質を汚染してしまいます。


自分だけでなく地球全体の問題にもなりますので、エゴでなくエコを考える事が自分の為にもなると思います。



以上、簡単に述べましたが実態はもっと複雑だと思いますので、機会を見て詳しく述べたいと思います。






テーマ:



薄毛になって約10年、白髪は20年以上になる私ですが、毎日ヘアケアをしていると元には戻りませんが、髪の毛は結構キレイになっている様です。



エイジングケアアドバイザー for you




何事も手入れが大事ですが、そうなっている人も大丈夫な人もマメに手入れを・・・





●健康で美しい髪を保つには?



健康で美しい髪を保つためには頭皮と髪を清潔にしてストレスを溜めない事が大切です。

又、生活習慣も髪の健康には大切ですから不規則な生活や偏った食事も髪に悪影響を与えます。


1.正しい洗髪


正しい洗髪で、しっかりと頭皮の汚れを落とす。


  http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn


2.ストレスを溜めない


神経を使い過ぎない様に自分のペースを大切に。
ウォーキング等を生活に取り入れる。


3.バランスの良い食生活


栄養分の豊富なバランス良い食事を摂る。


4.喫煙を止める


煙草に含まれているニコチンは毛細血管を収縮させて、頭皮の血行を悪くする。


5.正しいブラッシング

①洗髪前


先ず毛先から、ゆっくりと少しずつ毛先のもつれた髪を解いてから髪全体をブラッシング。



②洗髪中


頭皮にブラシをかける様にして、汚れを取るだけでなくマッサージをする様に。




③ヘアスタイルを整える時


櫛を使い、全体の形を作って行く。

動物毛のブラシは静電気が起きないので、仕上げに髪の表面を撫で付けるように使うと良い。





●髪のチェックもお忘れなく



髪が細いと薄毛になり易いと言うのは、本当でしょうか?


人間は、20代から髪が細くなって来る傾向にある様です。

男性も女性も、髪のハリやコシ等が無く最近髪が細いと感じて来たら、薄毛になる前に対策をした方が良いと思います。






テーマ:


エイジングケアアドバイザー for you




髪の毛の事で悩んでいる人が多い様ですが、何故でしょうか?


私自身、10年位前から薄毛になり白髪も20代の頃から目だっていました。

こう言う事は別に体に何かの影響を及ぼす事は有りませんが、非常に気になるものです。


そこで、色々な対策を施す訳ですが何故髪の毛が白くなるのでしょう?





●白髪の原因は?



1.白髪の原因はメラニン色素の欠乏


人間の髪の毛には様々な色がありますが、日本人は黒髪が多く、欧米人には金髪や銀髪等があります。

髪の毛の色が違うのは髪に含まれているメラニン色素によるものです。



紫外線から身を守るために髪の毛にはメラニン色素が含まれています。


そのメラニン色素を作っているのは髪の根元である毛乳頭に存在するメラノサイトという色素細胞です。

メラノサイトはメラニン色素を生成して髪の内部に織り込んでいく働きを持っていますが、メラノサイトの活動が低下するとメラニン色素を作る事が出来なくなり、白髪が生えて来る事になります。





2.何故メラノサイトの活動が低下するか?



①遺伝


遺伝による白髪はメラノサイトが生成したメラニン色素が髪の毛に送り込まれ難いという体質が原因であると考えられています。



②加齢


メラノサイトは細胞であり、代謝を繰り返す事で機能を維持していますが、加齢によってメラノサイトの活動は低下してしまいます。



③病気


病気になると、身体のエネルギー等が病気を治療する事に利用され、メラノサイトの活動の為のエネルギー量が低下してしまい、メラニン色素を作り出す能力が低下して白髪の原因となる場合があります。
又、病気によっては薬の副作用が原因で白髪になるケースもあります。



④生活習慣


食事の栄養バランスの偏りや睡眠不足・運動不足・過剰な喫煙・ストレス等によって、血行が悪くなったり代謝が下がる様な生活習慣も白髪の原因になります。



●白髪を予防するには?



白髪が目立って来るとヘアカラー等で髪の毛を染めたりしますが、白髪を隠す事は出来ても髪の毛を傷める原因にもなります。


遺伝や加齢は避けられませんが、生活習慣の改善は髪の毛の事だけではありませんので上記の様な事は改めた方が良いと思います。


栄養バランスについては、例えばカルシウムはメラノサイトを活性化させる為に必要な栄養素です。

メラノサイトを活性化させる事で沢山のメラニンが作り出されます。


*カルシウムが豊富な食材は?

牛乳・プロセスチーズ・ヨーグルト・モロヘイヤ・ワカサギ・干し海老・丸干し鰯・ししゃも等



*他にも銅はメラニン色素の合成やコラーゲンの合成にも関わっています。

いいだこ・海老・牛レバー・ピュアココア・カシューナッツ・大豆・空豆・煮干等



以上の様に、髪の毛も体の一部ですから出きるだけ大事にしたいものです。


毎日のヘアケアも忘れずに!


http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn













テーマ:



エイジングケアアドバイザー for you





今日は立冬で、いよいよ寒い季節になりますが風邪には気をつけたいものです。


人間は動物と違って全身を毛で覆われていませんので、防寒のために本格的に衣替えもしないといけません。


でも、人間にも頭皮を含めて全身に毛穴があります・・・




●毛穴とは?

毛穴は、全身の皮膚の表面に有る髪の毛が生える窪みの事です。


毛穴は皮脂や汗を出して、表皮の水分保護や体温調整を行う役目を持っています。


過剰な皮脂や角質のカス・ホコリ等が有ると細菌が繁殖し、体臭やニキビの原因にもなります。


特に頭皮の毛穴は気をつけないと、生えてくる髪の毛に悪影響を及ぼしますから、シャンプーで皮脂等の汚れを落とす事は重要です。



●毛穴に起こる影響とは?

毛穴の炎症と言うのがありますが、炎症とは頭皮が赤くなっていたり、強い痒みや痛みを感じたり、大量のフケが出たりする状態の事を言います。


毛穴の炎症や他の頭皮トラブル等は、脱毛や薄毛の症状を進行させたり、発毛や育毛のサイクルを乱す事に繋がります。

その主な原因の一つが、毛穴に詰まった余分な皮脂です。


余分な皮脂やフケが溜まって毛穴を塞ぐと、皮脂が分泌されても頭皮の内側に溜まって毛穴や毛根の周りに炎症を起こして薄毛や抜け毛を引き起こす事になります。

これは脂漏性脱毛症とも呼ばれています。


シャンプーやトリートメント・育毛剤等が頭皮に合わず毛穴の炎症を起こしてしまう接触性皮膚炎は抜け毛の主な原因にもなります。


不規則な食生活やストレス等も毛穴や頭皮の炎症を悪化させて脱毛を促進する事になります。




●毛穴が汚れると?

毛穴の汚れは、毎日シャンプーをしても溜まって行きます。


毛穴の表面である頭皮は一定のサイクルで角質となって剥がれ落ち、その角質が垢となって毛穴に溜まるのです。


毛穴にたまった垢が皮脂や空気中の埃・汗・煙草・排気ガス等と混ざって毛穴の汚れになります。


毛穴の汚れは、薄毛や脱毛の原因の一つにもなります。

いくらケアをしても、毛穴の汚れが頭皮に残っていれば効果は無いでしょう。


毛穴にはアクネ菌や黄色ブドウ菌等が存在しており、汚れを放置しておくと菌が増殖して、臭いや痒みの原因になる危険性もあります。




●毛穴のケアは?

毛穴のケアは発毛や育毛、美しい髪のためにも大切な事です。


毛穴のケアにとって大切な事は、正しい方法でシャンプーをする事ですが、シャンプーをする前にお湯で頭皮をしっかり温め毛穴を開きます。

シャンプーをしっかりと泡立てて頭皮に付け頭を優しくマッサージする様に洗って、お湯ですすぎます。

シャンプーが頭皮に残っていると毛穴が詰まる原因になります。


シャンプー後に頭皮マッサージをすると頭皮の血行が促進されて薄毛や育毛に良い影響を与えます。


又、自分の髪や頭皮に合ったシャンプー等を使って毎日しっかりと洗髪する事や育毛・増毛サロン等で頭皮の洗浄やスカルプケアを積極的に行って毛穴の汚れをスッキリ落としましょう。


毛穴に優しいシャンプーは

http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn

 




テーマ:



健康を維持するには、色々な栄養素が必要と言われています。


栄養は食物から摂るのが本来ですが、最近の食物は昔と違って栄養が不充分と言われます。


巷では色んなサプリメント等が有りますが、いづれも栄養不足を補うための物です。




その中でアミノ酸が有りますが、健康だけでなくこんな事にも・・・






●アミノ酸とは?


アミノ酸は体を形成するタンパク質の主成分となっている栄養素の事です。


人間の体は約60%が水分ですが、残り40%のうち半分がタンパク質です。


タンパク質は筋肉や消化管、内臓の他、髪や皮膚、爪の主成分でもあり、人間が生きていく上で欠かせない重要な役割を担っています。


アミノ酸は、人間の生命の源なのです。


自然界には約500種類のアミノ酸が存在すると言われていますが、その内で人間の体を構成しているアミノ酸は20種類です。


20種類のアミノ酸は更に必須アミノ酸・非必須アミノ酸の2種類に分類されます。


非必須アミノ酸は20種類のうち11種類を占め、アルギニンやアスパラギン酸・シスチン・チロシン・アラニン等が代表的です。


必須アミノ酸は、イソロイシンやロイシン・リジン・メチオニン等、20種類の内の9種類を占めるアミノ酸です。


いずれも人間の体には必要なアミノ酸ですが、非必須アミノ酸が体内で合成生産されるのに対し、必須アミノ酸は体内で作り出す事が出来ないため、外部から摂取する必要があります。


●どんな効果があるのか?



・美肌効果

肌のハリやツヤ、弾力の基となっているコラーゲンは、プロリンやアルギニン等のアミノ酸を主原料としています。


コラーゲンが生成されると肌にツヤや弾力がよみがえり、シワやたるみ、くすみ等を予防する事が出来ます。


又、システインにはシミの元となるメラニンの過剰生成を防ぐ働きがあり、透明感のある素肌の維持に効果的です。


・育毛促進

髪の99%占めるタンパク質ケラチンは、必須アミノ酸・非必須アミノ酸を合わせた18種類のアミノ酸で構成されています。


そのため、アミノ酸を摂取すると健康な髪が作られる様になって、ダメージヘアにハリ・ツヤ・コシが戻って来ます。


又、アミノ酸には健康な肌を作る作用もあるため頭皮環境を改善して毛根の活性化も促進します。



以上の様に、アミノ酸は健康にも良いだけでなく肌や髪にも良い影響が有るのです。



ヘアケアには、アミノ酸シャンプーを試して見る事をお勧めします。



http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=5WqqUaN90807dn















Ameba人気のブログ

Amebaトピックス