美空です。

どうしてなんだろう。

私は怒られるのが嫌いだ。

それは

怒りよりも悲しみの方が得意で
怒ることが苦手だからだと思ってた。 

もしくは

新入社員のとき
あまりに仕事ができなくて

直属の上司から怒られて
店頭で泣いてしまったからだと思っていた。

だけど

これを書いてみて気づいたのだけど

私の記憶を遡っていくと

うちの家族に怒っていた人がいる。

うちの家族で怒っていたのは

お母さん。

私は
怒りのエネルギーをひたすら浴びながら

聞き分けのいい子に育った。

素の自分をおさえつけて育った。

反論しようだなんて思いもしなかったし

お母さんが怒っているのを
なだめる方法なんて知らなかった。

ただ『いい子』でいることでしか

その場をやり過ごす方法がなかった。

辛かった。

悲しかった。

無力だった。

だけど

もしまた怒られたら
あのときの無力な私ではないから

言い返してしまう気がしていた。

大切にしたい人と
口論になるのが嫌だった。

口論になったら
勝ちにいこうとしてしまう自分を
知っているからこそ

大切な人と
口論したくなかった。

クローバー黄色い花クローバー黄色い花クローバー黄色い花クローバー

なのに私は

元カレと口論した。

しかも

何度も口論した。

それは私にとってみれば

初めての愛し方だったんだな、

と今では思う。

大切だからこそ

自分のなかに押し込めた感情を
激しく露呈させた。

それが相手を傷つけるかもしれないけど

それでも

精一杯、
自分の気持ちを吐露しようとした。

それは

『こんな自分でも愛してほしい』

『こんな自分だけど愛されたい』

という悲痛な叫びだったのかもしれない。

少なくても

私はあのとき

そうだったな。

優しい自分をやめた。

思いやりのある自分をやめた。

相手のことばを聞きたかった。

本音を聞きたかった。

それはひたすら

相手のことが好きだったからだ。

ハートを開いているようでいて
閉じていることを知っていて

悲しかったからだ。

だけど

あのときの私は
それを伝えてなかった。

そして

もしもそれを伝えることができていたら

傷つけずに済んだのかもしれない。

怒られるということは
自分のことが嫌いなんだ、

と思ってしまう。

それがよくある、怒りだから。

でも

『怒ってるけど
あなたのことが嫌いじゃないんだよ』

『あなたのことが好きだから

あなたのことを信頼しているから

他の人にはここまで言わないけど

あなたには言いたくなったんだよ』

『あなたには
わかってもらいたくなったんだよ』

って

怒ったそのあとでもいいから
伝えられることができていたら
よかったのかもしれないね。

復縁するつもりは全くないけど

私の魂を磨いてくれた人でした。

本当に、

必要な人と結ばれてたんだなぁ。

クローバー黄色い花クローバー黄色い花クローバー黄色い花クローバー

なんかさ

私はただ

お母さんを抱きしめればよかったんだね。

お母さんはもう
昔のことをけっこう忘れていて

この前聞いてみたら

「そんなこと言ったっけ?」
ってのほほんとしていたのだけど

私だけが
過去にとらわれているんだ。

あのときのお母さんの悲痛な叫びを

『私は愛されてないんだ』
と受け取ったまま

あのときの心の傷が癒えないままで

大人になってしまったんだ。

もう、

手放していいよね。

不器用だけど愛してくれていたことを

受けとっていいよね。

怒られる=憎悪、
という思い込みを

なくしてもいいよね。

怒られる=愛されてないんだ、
という思い込みを

なくしてもいいよね。

元カレとの経験でも
目の前に見せてもらってたし

今も
『怒られたくない』って
縮こまる相手がいるのだけど

怒りの奥にある愛も
受け取れる準備ができていることを

信頼すればよかったんだね。

何度口論したとしても

繋がるご縁ならば
必ず繋がるのだから

それをひたすら
信頼すればよかったんだね。

こんなにこわがってるから

現実が止まってたんだなぁ。

『怒られたくない』って小さくなってたから

自分をなくしそうになってたんだなぁ。

私は

私に戻ります。

怒られたとしても
今の私なら大丈夫だし

怒られたとしても
私はきっと悪くないし

信頼して

相手とのコミュニケーションを
とろうと思います。

まだこわいけどね。

ビリビリする感じ、

すごく怖いんだけどね。

でも

こわくなったら
聞いてみようと思う。

「あなたは
    これから私とどうなりたくて
    怒っているの?」

って。

そのときは答えられないかもしれないけど

私は怒られたら悲しいから

それも伝えよう。

もう、我慢しない。

もう、縮こまったりしない。

もう、私を置いてきぼりにしない。

なにがあっても

私は私の味方でいよう。