オトナ女子から見た、夫婦関係 その2 | オトナ女子ハッピールール ブログ


一般人ナカモトが、本音を交えて、女子トークに参加する場合、サロンやスクール内で、ご近所の母友などと、それぞれの環境に若干沿うように、内容の過激さを調整します。ぶっちゃけて言うなら、その調整とは、倫理観をどれぐらい混ぜるか。

倫理観を多めに混ぜての女子トークでは、たまに、ほんまでっか~!と、内心食いついてしまうご意見も登場いたします。倫理観を重視する優等生主婦とは、こう発言するのですね、いつかの為にメモしとこ!みたいな。

その中でも、一番、ナカモトが軽く窒息しそうになるご意見が、ダンナとは出産後、接触はないわ〜、別にいいねん、と断言しながらの、でも、私って、ダンナが浮気したら、即離婚するわ〜。

 この系統の話は結構聞くのですが、何かが生殺しで、何かが違う・・・と頭の中にハテナが並びます。

浮気や不倫は倫理に反することは絶対的な事実です。倫理感を大切にする日本人は素晴らしいと思います。でも、夫婦関係という契約と倫理はイコールではないですよね。人間の内面の感情や、夫婦の接触云々は、夫婦関係という契約には、そんなに大した問題ではないのでしょうかね~。

そんな風に断言出来てしまう嫁に、ダンナ様は、再度、接触を試みるという作業は、難関過ぎて、きっと諦めていらっしゃることでしょう。

そんな倫理観重視の主婦女子トーク展開となった時には、いつもナカモトの頭の中には、ここがブラジルだったら、フランスだったら・・・といった日本脱出した気持ちが発生しています。

倫理感よりも、本人の感情優先みたいな、フランスやブラジル(行ったことのない国なのに勝手にイメージを作ってすみません~!)での、主婦女子トークと比べてみたいですね。

フランスでも、ブラジルでもない、日本人ナカモトの素朴な意見としては、契約としての力があまりに強い夫婦関係は、余計に浮気や不倫を引き起こしてしまうような気がしますが、そこのところは、どう対処すればよいのかな~。

倫理観に対する考えは、人それぞれで、夫婦の形もその夫婦にしかわからないものだと思います。これは、ナカモトのココロの声なので、この場で、コッソリと!

後、こっそり、もう一点。倫理観のパワーの中で、世のダンナ様方は、多分、本音を叫ぶことはかなり難しいような気がします。そこのところも、インタビューしてみたいけど、それも難しい~!

★セラピストの為のカラダとココロの仕組み コラムブログもやっています~!
http://ameblo.jp/bodywork-naturaltime



★カラダとココロを解剖生理学的にのぞいてみました。カラダのこと…ココロのこと…コラムブログはこちら⇒
http://ameblo.jp/karada-and-kokoro



トータルボディワークスペース
www.natural-time.net

NNさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス