オトナ女子の妊娠について | オトナ女子ハッピールール ブログ

テーマ:


現在、サロンのお客様の7割が妊婦さんという、ここは産婦人科?みたいなナチュラルタイム。
お仕事も、出身地も、ダンナ様との出会いも、皆様、それぞれで、ドラマを作れるようなストーリーを聞かせていただけたり、素晴らしすぎるキャリアなのに、涼しいお顔で妊婦さんをされている方、色んな人生劇場を拝見させてもらっている毎日。

 皆様、ほのぼの、優等生の母というよりは、社会情勢も、恋愛事情も、結構セキララ、本音で語ってくださるので、こちらも、ほのぼののマタニティサロンではないもので・・・とお話を盛り上げてしまいます。

 そんな中、そう来ましたか~と、考えさせられる事例が何例か、重なりました。それは、結婚という契約なしに、出産を自分の意志で作り出した方々。

 日本国で結婚という契約なしで、出産というスタイルは、欧米に比べて、極端に少なく、社会的に認められているとも言えないと推測します。そんな順風とは言えない環境で、自ら出産出来る環境や経済状況を作り、自ら、納得できる男性ではなく、精子をピックアップ、妊娠にこぎつけた・・・そんなたくましく潔い女性が数名、ナチュラルタイムを訪ねてくださったという訳です。

 共通点は、出来ちゃったのに認知してくれないというパターンでは全くなく、優秀な精子をちゃんとピックアップ出来るように、策?!を練り、覚悟と人生設計をかなり決め込んで妊娠出来るように挑まれた(SEXとは限らず、体外受精の方もいらっしゃいました)・・・そんなところでしょうか。

 こんな事例が、もっとポピュラーになれば、そして、そんな女性の子育てを助ける社会環境が出来れば、婚活、少しの妥協で結婚という道を選ぶ女性が減って、結婚契約なしでの出産が劇的に増えるような気がします。

 草食と分類されてしまう、恋愛や結婚にはうかうかしている男性より、優秀な精子の方がもてはやされることになるでしょう。両親がいて、そこに子どもが生まれる・・・それが一番自然で家族の形の基本であることには違いありません。しかし、離婚も3割を超える現状の中、経済力がある女性が、出産というタイムリミットのある作業を、結婚より望んだ場合、その道を全面的に閉ざすより、抜け道があってもよいのでは?と、思いました。

 女性はどんどんたくましく、美しく、潔くなっていきますね。男性は、これからどうなっていくのかな。たくましく、潔く、精子は質が高く・・・ではないような気がしますね~。


★ボディワークコラムブログもやっています~!
http://ameblo.jp/bodywork-naturaltime

トータルボディワークスペース

www.natural-time.net


NNさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス