元祖☆歳さん日記!

元祖☆歳さん日記!

緩急つけて、トリッキーに直球勝負!




テーマ:
実録 連合赤軍あさま山荘までの道程という映画作品を視聴。タイトル通り連合赤軍がどのように誕生してあさま山荘事件に至ったかという映画。どんな映画作品でも、主人公側の目線、心理に傾いて視聴してしまう自分がこの作品は全くもって共感出来ずじまいだった。わけのわからん集団心理。自分が正義だと信じたらそれ以外のものを傷つけようがおかまいなし。それ故の仲間同士で総括の名の下にリンチが蔓延り結果組織の弱体化。挙句リンチを指導していたリーダー2人が乳繰りあってデキちゃうという。リンチで殺した者に対しては乳繰り合いを糾弾したくせになんて自分勝手都合な。これらが未熟な若者にありがちな精神状態だということは理解出来る。自分はアリだけど他の人はダメ的な。しかしほんとに全く共感出来なかった。不快であった。
似たような気持ちになった出来事が韓国の飲食店でキレる客が従業員を傷つける事例が多発、韓国政府が動きだしたというニュース。正義は自分にあり。悪いのは他人。悪いやつには見下して何をしても構わないという姿勢。韓国政府はキレる客を取り締まるより飲食店側に従業員をしっかり守るように取り締まるという。それが本当なら考え方ズレていると思わざるを得ない。この中で1番の害はキレる客ではないか。
高須クリニックの施術法を批判して自分のところの宣伝をする韓国の整形外科クリニックのツイートもたまたま目にした。自分の為なら他人を陥れる。
なんだかなぁである。
自分の心がいびつになってしまう時は、どうしても未熟な心に支配されてしまい他人に対して妬み僻みなどをまとい攻撃的になりがちだ。まさに、他人の振り見て我が振り直せである。気をつけたいと考えさせられた1日だった。
あと、鏡の前で胸に十字架を切る真似事をした。それが十字になっておらず自分は鈍臭いんだなぁと思った。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス