大阪・堺*2才からのこども料理教室「こどもカフェ」

大阪・堺*2才からのこども料理教室「こどもカフェ」

こどもの「できる」を見つけると、子育てはもっと楽しくなる!
自分でやりたい!!今だから・・・
Let's Enjoy Cookinng & Comunication!


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

最近では、フードコートがどこにでもあって、

家族そろっての外食も、それぞれが好きなものを違うお店で頼み、会話もなく、大人はスマホ。こどもはゲームをそれぞれが持ち、目の前にいる家族ではなく、画面の向こうの誰かとコミュニケーションをとっている時代です。

 

もったいないな~って思います

 

せっかく準備後片付けもなく

ママの気持ちもゆったりしている。

 

テレビがないから、子どもたちのごはんが進まない・・ということも防げる・・・

 

なのに。

みんな、目の前の家族と一緒に居て、

一緒に居ないんです・・・涙

 

外食はママにとって、

家族の好みや食べ癖を知る

絶好のチャンスです。

 

昨日の記事では、

黙って食べる、おいしいとも、まずいとも言わずに反応のうすいパパに、食に関するコメントをする練習をしてもらう絶好のチャンスだと書きました。

 

今日は、別の角度⇒村上家の場合です。

 

年に1度のお楽しみランチ。

今年は、ここに行きました。

いっぱい並んでました~

 

それぞれメインディッシュを注文して、サラダバーとドリンクバーつきです。

 

メインがくるまでさっそくサラダバーへ。

長男の1回目。

とにかく野菜大好きな男子です。

そして、こちらも。

バランスよく、全種類制覇!

メインがくるまでにこの量やから、

やっぱり、まだまだフルオーダーの店には

行く勇気がない(爆)

 

そして、私のサラダバーは一皿です。

やっぱりグリーンサラダとスライス玉ねぎが大好きすぎて、てんこもり。フライはひとつにしました。

 

そんな私と長男が席に戻ると・・・

 

次男↓↓

野菜どころか、パンを三つとってきて、すでに2つを食し、3つ目にジャムをこってり!!

 

おーい!

サラダバー付きというメニューですが・・・

 

それ食べたら、サラダとっておいでね。

と言ったら、とってきたお皿が↓↓↓

肉と魚ですやん(笑)

 

あの・・・

「野菜あったでしょ?」

「え?あった?」

「はい。となりに」

「気づかんかったわ」

どんだけ視野せまいねんっ!

 

と、結局、野菜をとりに行く前にメインが到着。

これはなんでしょう・・・?

 

なんと、カルボナーラです。

卵とチーズこってり。

次男の大好物です。

 

長男は、和風系パスタがない・・と

少し肩を落として

ワタリガニのパスタ

去年のクリスマスに作りたいと言って、

作ったんだけど、臭くなっちゃって大失敗したからね。

もう一度、食べて味を覚えたい。って。

 

夫は・・

ミックスグリル。とごはん。

この人も、いつも要注意な食べ方です。

 

私は・・

3種のココットグラタン。

 

ちょっとずついろんな味が食べたいというのと

このビジュアルが可愛すぎて・・・

インスタ映えやん!!!

インスタやってないけどww

 

パスタが入っていたので、パンは食べませんでした。

 

さぁ。

問題の次男君。

ふわふわとろとろのカルボナーラをペロっと食べて、ご機嫌でしたが、やっぱり野菜を食べようね。と念をおし、とりに行ったのがこれ↓↓↓

次男なりにがんばりましたw

 

最後の最後まで時間かかってたけど、食べました。

 

私と夫が珈琲を飲んで、まったりとしているとおもむろに立ち上がる長男・・・

 

はい↓↓

通称、「わかめ男」という異名を持つ彼は、まだまだ野菜と海藻を食べ続けるのでありました・・(笑)

 

教えたわけではないけど、長男の食べ方や好みは、心配することないな~と常々思っていて、気になるのは、時々飲むジュースやカップラーメン・・

その分、しっかりとビタミンミネラルをとるように言っています。

 

油断できないのが、次男ですね。

隙あらば、好きなものだけ食そうという魂胆が見え見え。

クリーム、チーズ、肉、が大好き。

 

そして、要注意は夫。

年齢とともに、食べる量は減ってはいるものの、

高カロリーのものが大好き。

 

それぞれの好みと癖があるんです。

 

これをわかっていれば、おうちでのごはんも気をつけたいことが自然にわかってきます。

 

そして、好きなものをわかっていれば、誕生日などの特別な日は、それを作ってあげることもできますよね。

 

好きなものをママが作ってくれてて

文句は言わせませんよ~~~(笑)

 

せっかく家族で食卓を囲むのです。

楽しみながら、過ごしたいですね。

 

食べ物へのうんちくもさることながら、

今年は、長男がインスタをやってることもあり、

写真をとって、だれのがおいしそう?

とか、

どんなアプリで加工したらいいか?

などの話題で盛り上がり・・

 

次男は、店内のあっちこっちに

ちりばめられている「リス」を探すのに

きょろきょろと必死で楽しんでいました。
(11匹のリスが隠れているので探してね

という、お店のしかけ)

 

我が家も4人そろう日が

どんどん少なくなってきました。

 

娘のお参りでお寺にでかける

年に1回のお盆ランチは、

これからも続けたいな~と思います。

 

娘がくれたかけがえのない時間ドキドキ

大切にはぐくんでいきますラブ

 

********

9月のこどもカフェ

9月8日(土)パンゲアレッスン満席

9月25日(火)鳳 午前 満席

         午後 残4

9月28日(金)鳳 午前 残4

         午後 残4

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

****************************

 


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 
お盆中は、家族揃って外食をするご家庭も多いでしょうね。
 
飲食店は、どこも行列。
最近は、スマホや携帯ゲームがあるから待ち時間のクレームが少なくなったそうです。
 
退屈しのぎになるものね。
 
先日のブログに、たくさんのメッセージをいただきました。
 
パパの反応がない。
子どもが偏食。
 
どうやったらモチベーションが上がるのか分からない😭
 
ほんとに、そう思います。
 
ママカフェに通ってくださってるママさんで、どんどん腕をあげる人は、パパがすごく喜んでくれる人。
 
そら、一生懸命作っても反応はないわ、なんなら文句言われるわ、子どもは残すわ・・・
 
 
やる気も無くなるわなダウン
心折れるわなダウン
 
だけど、やる気なくても、心折れてても、ママはご飯を作らなければならない
 
なんて毎日だ!ムキー
↑バイキング小峠風
 
さあ、そんなご家庭は、外食で練習しましょう。
 
ママは、準備も後片付けもいりません。
テレビもありません。
 
子どもは、ガサガサするけど、とにかくパパが料理に対してコメントをする練習です。
スマホはカバンの中に入れましょう。
 
万が一、不味いと言っても、ママが作ったんじゃないから傷つかなくてもいいニヤリ
 
とにかく、料理にコメントをするように質問するんです。
 
これ、美味しい?
私、好きな味だな〜
 
パパは?
こんなの家で作れたらいいよね〜
 
パパって、会社の人と飲みに行く時、
どんなもの注文して食べるの?
 
えー!それって、どんな味?
 
ここのお店って、〇〇が人気らしいけど、
パパの好みって、〇〇より●●だよね!
 
あーだこーだと質問してしてみるのです。
 
好きな人の好みを知りたい💕
好きな人に喜んでもらえるご飯を作りたい💕
 
そう思うのは、とても自然な事。
 
それが、日常のコミュニケーションが雑になって、どうせパパは何も言ってくれないし、、って、すねてたって、何も変わらないよショボーン
 
そうやって、食べているものについて、
話す練習を外食でするんです。
 
それなら、できそうでしょ?
 
村上家は、たまたま、、
食べることに執着のある連中の集まり
 
面倒な事も多いけど💦
 
もう、その辺のお店でええやん💦
とか、
お弁当買って食べよーやー
とか、、
 
不味いと言われる時もあるけど、
美味しいと絶賛されるときもある。
 
でも、食べ物の前で話題はつきない。
 
我が家の外食は、
家族の好みを知るときでもありますチョキ
 
お盆のお参りは家族揃って
箕面のお寺へ。
 
その帰り道のランチは
年に1回のぜいたくなランチです。
旅行にも行かないのでw

だって・・
普段の外食って、
焼肉かラーメンか
回る寿司・・・・
 
年に一度のお楽しみなんやもーん💛
 
そのレポがまた次のブログで~
 

********

8月のこどもカフェ

8月16日(木)鳳レッスン

午後1組さまのみ空きがあります

********

9月のこどもカフェ

9月8日(土)パンゲアレッスン満席

9月25日(火)鳳 午前 満席

         午後 残4

9月28日(金)鳳 午前 残4

         午後 残4

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

****************************


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

めっちゃ告知が直前になりましたがあせる

8月のママカフェは、

 

つくりおきが出来る

ママが美しくなるメニューです。

 

日程

8月27日(月)

8月29日(水)

8月31日(金)

 

10時半~13時半くらい

 

メニュー

 

●ひじきと小松菜の鉄分たっぷり味噌炒め

~⇒からの豆腐ハンバーグ

~⇒からの混ぜご飯

 

●なすびのカポナータ

●えびとブロッコリーのサラダ

●人参ポタージュ

●夏野菜のしょうゆ糀和え

 ~冷ややっこのせ

●いちじくのコンポート

●ごはん

 

 

猛暑の時期なので、作って持って帰っていただくことはしませんが、すべて、作り置きのできるおかずばかりです。

 

ひじきと小松菜の鉄分たっぷり味噌炒めは

そんまんまで食べても、ごはんのお友に最高~

小松菜とひじきなんて、ミネラルたっぷりでそこに味噌も加われば、ママがきれいになること間違いなし

これは、ぜひたくさん作りおきしてほしい。

 

そこからの展開で↓↓

豆腐ハンバーグ。

塩麹でふっくら仕上げ、しょうがをきかせた餡でクーラーで冷えた身体を内側から温めます。大豆イソフラボンで女性ホルモンアップ💛

 

このハンバーグは、焼き上げてから冷凍も可。

そして、シンプルにごはんに混ぜて、ミネラルご飯にも。

 

茄子のカポナータ

超簡単なのに、こんなにもおしゃれで料理上手に見えるメニューははずせません!
 

トマトを加えて冷製パスタにもできます。

そのまんまで、箸休めにも。

バジルの香りで夏バテ気味のママの身体をさわやかにしてくれます。

 

エビとブロッコリーのサラダは

エビのタウリンで夏バテを回復させ

ビタミンEで抗酸化作用つまり若返りなのだ~~~

味がなじむ翌日も美味しい。
サラダはなかなか作り置きがしにくいので、

とっても重宝しますよ。

 

作り置きと言っても、特別な何かがあるわけではありません・・が、やっぱりコツはあります。

 

そんなコツをお伝えしながらのレッスン。

 

ママが食べたらきれいになれるメニューだけど、

子どもが食べてほしい素材でもありますよねチュー

 

ママカフェ価格表(税別)

 

 一般価格

 メンバー価格

はじめてさん価格

3,500円

----------------

単発参加

6,000円

5,000円

回数券   3回

17,000円

14,000円

      6回

33,000円

27,000円

      10回

50,000円

40,000円

ママカフェメンバー入会につきましては、

別途お問い合わせくださいませ。

 

8月の末なので、夏休みが終わっているところもあるかな?

がんばった自分へのごほうび時間として、

いらっしゃいませんか?

 

お会いできることを楽しみにしています。

 

お申込みは⇒⇒こちらから

 

*************

 

8月のこどもカフェ

8月16日(木)鳳レッスン

午後1組さまのみ空きがあります

********

9月のこどもカフェ

9月8日(土)パンゲアレッスン満席

9月25日(火)鳳 午前 満席

         午後 残4

9月28日(金)鳳 午前 残4

         午後 残4

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

****************************

 

 

 


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

私の実父は、毒親どころか・・

〇〇ハラスメントの

すべてをクリアするような人でした。

(いや、まだ生きてるけどw)

 

時代背景もともなって

離婚することすらできなかった母。

 

その話は、いいとして。

 

父は、いつも母をボロカスに言っていました。

特に、料理に関しては、ボロカスです。

物心ついたときから、

ずーっと聞き続けてきた悪態。

 

そのせいかな。

母は料理が下手だと

思い込んでいました。

 

母が作るごはんをまずいと思ったこともないし、

いつもおいしく食べていたけど、それが

「料理上手」というところに繋がらなかったんです。

 

結婚して、夫が、

「お義母さん、料理上手やな~

お義母さんの作る○○は美味しいな~」

などと、頻繁に言いますが

それでも、ピンとこなかったんです。

 

そして、残念ながら今もピンとこないのですが。

 

やっぱり、子どものころによく食べた味というのは、この年になってくるとどんどん懐かしさを増してくるようで、母の味を思い出すことが多い最近です。

 

そして、やっぱり食べたくなるんですよね。

これが「おふくろの味」という感覚なんでしょうか。

 

特に、ぬか漬けは、私にとっておふくろの味です。

特に、青うり。

 

この時期、あれば必ず買って漬けてしまう。

ぬか漬け以外の食べ方もしらない。

つかり具合が浅いだの深いだの

その時によって味が違うのも

これぞ、家庭の味ですよね。

 

今の子の好き嫌いが多いのは、

いつも変わらない味を食べていることも一因ではないかと言われています。

 

ミルク、離乳食、市販の加工食品、

インスタント、●●の素。

 

当たり前だけど、いつも味が同じ。

 

野菜も昔は旬がはっきりしていて、

早めに出回ったものは灰汁がきつかったり、

おいしくなかったり。
盛りの時は、やっぱりおいしい。

毎日食べても飽きないくらい。

 

みかんなんか、よく

「まだ、すっぱいよね~」

なんて、言っていました。

 

おなじものでも

季節によって味の移り変わりがあり

いつも、味が違う。

 

そうやって、味覚というものが育つのではないかと思います。

 

ミルク、離乳食、市販の加工食品、インスタント、●●の素。

 

これを全部やめなさい。

とは言いません。

その時にうまく使えばいいんですよ。

 

でも、お料理上手かどうかは別として、

やっぱりおふくろの味、というものは、

子どもの中に残っていくようです。

 

そして、日常に繰り返される

親が発する何気ない言葉。

 

今さらです。

私は、50歳を前にして、

私の母は、お料理上手・・・

かもしれない。

 

と思い始めました。

 

でも、孫たちも大きくなり、

そう頻繁に実家に帰ることもなくなって、

 

時々行くと・・・

 

二人だと作る気がしなくてね。

と冷凍食品が並んでいる日もあります。

 

スーパーでも、お惣菜を買っているお年寄りをよく見かけます。

 

もしも、もしもの話だから全く分からないけど・・

父が、いつも母に感謝して、悪態をつかず、

美味しいといって食事をしていたら、

 

きっと今でも手作りのごはんが並んでいるように思います。

 

そりゃ、子どもが小さいころほどではないかもしれないけど。

 

それは「愛」だと思うんですね。

 

自分を生んで、育ててくれた両親だから、

悪くは言いたくないけど。

 

理想を言えば、

いたわりあって、寄り添いあう老後を過ごしてほしかったな。

 

96歳で老衰で穏やかに天国に逝ったおばあちゃんは、立てなくなるまで自炊していました。

ヘルパーさんが買ってきてくれるお惣菜は、ほとんど手を付けなかったそうです。

きっと、おじいちゃんがいつも「おいしい」と言って、ごはんを食べていたのだと思います。

 

食べてくれる人がいるから、

作る人の喜びがあり、

美味しいと言ってくれる人がいるから、

作る人のやりがいがうまれます。

 

美味しいね。

みんなで食べると

もっと美味しいね。

 

そんな言葉が飛び交う食卓が

日本中にひろがることを願ってやみません。

 

そんな言葉の中で、育った子どもたちは、

きっと幸せな家庭を築きたいと思うからです。

 

レストランみたいにおいしくなくてもいい。

毎日、味が変わってもいいんです。

 

おいしくできるときがあっても、

美味しくないときがあっても、

 

それが家庭の味。

「おふくろの味」なんですよ。

 

「おふくろの味」は美味しくなくてもいい。

家族の楽しい思い出とともに、

子どもの心に残ることが、

子どもの心を豊かにしてくれるから。

 

お盆です。

家族そろってご飯を食べる機会も

多いことでしょう。

楽しい食卓を家族で囲んで、

明るい言葉の中で子どもたちとの

時間を過ごしてくださいね。

 

********

8月のこどもカフェ

8月16日(木)鳳レッスン

午後1組さまのみ空きがあります

********

9月のこどもカフェ

9月8日(土)パンゲアレッスン満席

9月25日(火)鳳 午前 満席

         午後 残4

9月28日(金)鳳 午前 残4

         午後 残4

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

****************************

 

 

 

 


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

毎日元気に浜寺水練学校に通う次男。

去年は、井村コーチのシンクロ合宿に行くために、25メートルを泳ぐ!という目標がありましたが、今年は、特に強い目標もなく・・

 

ま、どっちかといえば、イヤイヤ・・汗

 

それでも、はじまって一週間で、去年クリアできなかったクロール50メートルをクリアしました。

 

すごい。。

 

お祝い何がいい?

と聞くと、

 

ワンカルビ~~~(笑)

しっかり家族でのっかって、レッツお肉!!

 

マンゴーパフェで仕上げチュー

 

そして、次は100メートル。

50メートルクリアも、楽々ではなく、半分おぼれかけ?のように泳いでいる(本人談)だったので、今年は無理かな~なんて話してました。

そして、次のテストでは、65メートルで着足。
あと、35メートルか~

なかなか長いな(笑)

 

しかし、立ち泳ぎや、飛込スタートもクリアしている様子。

後は、慣れるだけ?

 

折り返し地点も過ぎて、本人もどうかな~と言っていたのですが、その二日後の試験で・・・

 

あっさり100メートル!!

 

「なんか、気づいたら壁やった!

びっくりして、ぼーっと立ってたら、先生に早く出なさいって言われた~~~あせる

 

って。

 

きっと、力を抜いて泳ぐコツを掴んだんやね。

お祝いのケーキ

お祝いは「スイッチ」がいいな~

と、ダメ元承知でつぶやいた次男くん。

予想通りあっさり却下され、

チョコレートケーキに(笑)

 

がんばっても、がんばっても、

目標を達成できないとき。

 

思い通りにいかないときは

誰にだってある。

 

でも、ふと、

力が抜けたときに、

 

がんばってがんばってやってたことが

自分の予想をはるかにこえて実を結ぶ。

 

もう、何年も前に成功者の方がおっしゃっていました。

 

「成功するまであきらめなければ、

誰だって、成功できるんだよ」

 

 

時には、後戻りしたり、

停滞したりしてもいい。

 

ただ、自分が目指すところに向かうだけ。

 

あまり器用じゃない次男は、

勉強も運動も、ほかのことも・・

いまいち、抜きんでることがない。

 

大好きな野球も、

いつのまにか補欠に・・

 

どんな事でもいい。

小さな自信の積み重ねが、

次男のステップアップにつながる。

 

その子のペース。

その子のタイミングで。

 

きっと輝ける場所がある。

 

小さいころ、嫌がっている次男を無理やりスイミングに入れなくてよかった。

大好きだったボールなげ、キャッチボールからはじまった野球。
なかなか試合に出れなくても、練習をさぼることのないこの子から学ぶことは果てしない。


「親」

木の上に立って見る。

 

これほど、肝が据わるお仕事があるでしょうか。
これほど、尊いお仕事があるでしょうか。

 

私は、まったく思い通りにならない息子ふたりにめぐまれて、本当に幸せだと思える・・・日が増えてきました(笑)

 

息子たち

ありがとう💛

 

次男の頭がさりげなくビフォーアフターになってるのは、夏のあるあるで(笑)

 

********

8月のこどもカフェ

8月16日(木)鳳レッスン

午後1組さまのみ空きがあります

********

9月のこどもカフェ

9月8日(土)パンゲアレッスン満席

9月25日(火)鳳 午前 満席

         午後 残4

9月28日(金)鳳 午前 残4

         午後 残4

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

****************************

 

 


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

朝ごはん。ってどうしてる?

 

これ、ほんとよく聞く悩みです。

 

我が家は、去年の夏までトーストでした。

私も、トーストで育ちました。

 

私のこどものころに、

ちょうど、食パンが世に出始めだんですよね。

 

まだ、今のように、

パンの耳が食べやすくなくて、

いつも、切り落としてもらってた。

 

それをためて、近所の神社に持っていき

鳩にあげるのが、楽しみでした。

 

最近では、パンというか

小麦のグルテンがあまり身体によくないと

言われるようになり、

 

我が家も、鼻炎持ちの長男を思うと、

朝ごはんにしたほうがいいな~と。

 

朝パン。じゃね・・・

 

そんなことを思いながらも

幼いころからの習慣を変えるのは、

なかなか難しくて・・

 

でも、去年、

井村コーチのシンクロ合宿に参加して、

井村コーチがおっしゃってました。

 

「どんなに厳しい練習をして、

テクニックを磨いても、

最後の最後にふんばりがきくのは

「米」を食べてる選手です」

 

村上家。その日から

朝パン⇒朝ごはんにしました。

 

1年がたちましたが、

数回、パンを食べたかな?

 

お味噌汁があるときも、

ない時もある・・・

前日の夜に多めに作っておくことも。

 

お弁当の残りをおかずにしたり、

卵かけごはんの時も多し!

 

でも、

「米」を食べています。

 

だからといって、

急に何かが変わったとか・・

そんなんはないけど。

 

高1・小5の息子たちには、

やっぱりいいんじゃないかと思います。

 

パンの時はヨーグルトを食べていましたが・・

 

ヨーグルト⇒ぬか漬けになりました。

 

きっと、日本人の腸に合うはずです。

 

発酵食品

しょうゆ、みそ、ぬか漬け

 

これらを自然と食べるようになります。

和食だから当たり前(笑)

 

身体は食べ物でできていて、

身体の細胞が全部入れ替わるまでには

7年かかるといわれています。

 

長男16歳+7=23歳

 

早ければ、結婚?子ども?

の世代に突入しているときです。

その時に、精子が健康かどうかは、

今の食事が大きく影響するということです。

 

友達との外食も増え、

インスタント食品、ジャンキーなものも

それなりに口にしています。

 

だからこそ、

それらをしっかり排出できる身体づくりが

大切なんだな~と思います。

 

例えば、わき役のはずが

村上家では主役になっている↓↓↓

毎日食べても飽きないのは、

やっぱりDNAなのかな~~~

 

 

 宮 沢 賢 治 詩 碑

雨にもまけず
風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ
丈夫なからだをもち
欲はなく
決して怒らず
いつもしずかにわらっている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜をたべ
あらゆることを
じぶんをかんじょうに入れずに
よくみききしわかり
そしてわすれず
野原の松の林の蔭の
小さな萓ぶきの小屋にいて
東に病気のこどもあれば
行って看病してやり
西につかれた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北にけんかやそしょうがあれば
つまらないからやめろといい
ひでりのときはなみだをながし
さむさのなつはオロオロあるき
みんなにデクノボーとよばれ
ほめられもせず
くにもされず
そういうものに
わたしはなりたい

 

*******

一日に味噌と少しの野菜じゃぁ

到底、満足できそうにないけど・・

 

いつもしずかにわらっていたい・・・

 

そういうものに

みほりんもなりたい

 

です💛

 

********

8月のこどもカフェ

8月16日(木)鳳レッスン

午後1組さまのみ空きがあります

********

9月のこどもカフェ

9月8日(土)パンゲアレッスン満席

9月25日(火)鳳 午前 満席

         午後 残4

9月28日(金)鳳 午前 残4

         午後 残4

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

****************************

 

 


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

次男小5とも本物体験!!

 

長男とは、小さいころから

ほんとにたくさんの事を

共有してきたけど。

 

二人目となると、

なんとも、気づいたら

おっきくなってる・・・(笑)

そして、2年生の終わりごろから

野球をはじめたので、

お休みは全部野球。


夏休みは、浜寺水練学校で

月~金 毎日プール。

うーん・・
本人が望んでるなら、

本人が楽しいなら

それでいいねんけど。

なんか、SNSでよく見かける、

親子でこんなイベントきています!

 

みたいな母にもなってみたいわけですw

 

夏休みの工作の宿題を兼ねて♪

いや~

せっかくなら本物でしょ!

 

有名博物館の恐竜のレプリカを作っている

恐竜造形家 荒木一成氏

話してみると・・・

恐竜オタク。(笑)

こんな段ボールと針金からスタートです。
紙粘土をはりつけていくんですが、

 

まずは、骨からつけていくのです。

ちゃんと、骨を一本一本、作っていきました。
関節もね。
 

どうせ、上から粘土くっつけるんちゃうの?

って、思いながら黙ってみてたけど・・

もちろん、筋肉も部位別に作って

はりつけていくのです。

 

そしたらね。
なんか、めっちゃリアルになっていく。

これ、彫刻の逆ね。

すごい!

めっちゃリアルにできあがっていく~

 

絵を描くときに

デッサンが大切だというのは、

こういうことをいうのか・・・

などと、わかったような気になる私。

 

↑次男作

 

ちなみに先生は↓↓

 

そして、色を塗る

えええ~~~
真っ赤ですか??

 

とびっくりした私に・・

先生

「恐竜の色というのは、

実は、記録がなく誰にも正解がわからないのです

 

なんせ、骨しか残ってないのですから」

 

そっか~

 

空想で作り上げられたものを

現実だと信じて、

イメージが凝り固まってる私。

 

これって、いろんなことに共通するなぁ^^;

 

約2時間。

夢中で作り上げて

次男も大満足!

なかなか、リアルにできました^^

 

こどもカフェのレッスンで、

あんなにも口出し手出しするな。

とママたちに言っているのに・・

 

「ちょっと、歯が大きいんじゃない?」

と言ってしまった汗

 

「いいねん!」

と言い切って自分で作って・・

 

先生に、

「おおお~~~

強そうな歯だね!」

 

とほめてもらってた・・

 

はい。おかん、うるさいです笑い泣き

すんませんダウン

 

何かを作るっていいな~
集中するっていいな~

それを黙って見守るのは

なかなかの試練だな~

 

と、こどもカフェ参加のママたちの気持ちを重ねたみほりんでしたラブ

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

****************************

 

 


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

子どもが高1・小5

となると、親ができることも

減ってくる。

 

別に、ぐずぐずいうわけでもない。

 

小さいころとは、

悩みも、子育ても

様変わりしてきます。

 

そんな中で、親のやってることは、

そのまんま引きついで行くんやなぁと

子どもを見ていて、

自分のできてること、出来てないことを

生き写ししている息子達を眺めています・・^^;

 

そんな中でも、

私が心がけていることは、

 

子どもたちに「本物」に触れる機会を作ること。

 

自分で体験し、体感し、自分の中に

何か感じるものを貯めていってほしい。

 

そう願っています。

 

私たち、人間は、

はじめての体験が、その後の基準になることがほとんど。

 

はじめてのバイト先。はじめての就職先が、

今のみなさんの仕事感に大きな影響を与えていることは

想像にたやすいですよね。

 

私にできる、夏休みの子どもたちへの

本物体験のプレゼント。

 

長男には、

注文が殺到していて、

包丁は、2年待ちの状態!

そんな鍛冶職人さんの

包丁の研ぎ方ワークショップ。

 

とびついて、申し込んで、

長男とふたりで出かけました。

鍛冶職人といえば、おじいちゃん・・

そんな勝手な思いこみで行ったら・・・

若い!超イケメンではないか!!

息子は真剣に聞いていたが、

私は、話半分くらいしか入ってこなかったぜラブ
(なぜに、自慢?)(笑)

口下手なところがまたいい。
これで、饒舌やったらチャラい感でまくりやからね。

 

ま、そんなことはおまけやねんけど((笑))

 

 

少し刃こぼれしていた我が家の包丁も見事に復活し、

トマトも鶏肉も、シュパッと切れるようになりました。

 

 

切れない包丁と、切れる包丁で切った食材は

味が全然違うそうです。

 

切れない包丁で切ると苦み成分がアップしてしまう。

 

ピーマンなどは、味に違いが顕著にでるそうです。

 

 

お料理苦手なママは、

まずは、包丁を切れるようにする。

 

そして、いつもレッスンで言ってますが、

調味料を本物を使う。

 

これだけで、すでに腕があがる。って話です。

 

簡単じゃないですか~~~!!!

 

やってみる価値ありですねドキドキ

帰り道。早速、砥石を買って、

家の包丁を研ぎました。

 

職人さんでも最低10年かかるというこの技術。

うまくなるまではまだまだだけど、

道具を丁寧に使う。

これも、本物を扱う大切さですよね。

 

うちの包丁は、堺の刀鍛冶職人さんが作っているものです。

実は、この包丁も2年待ち。

イケメン職人さんにも、すごくいい包丁ですね。

とおほめいただきました。

海外で和食ブームということもあり、注文が殺到しているんですって。
堺の包丁は、世界的に有名ですものね。

 

今回は、研ぎ方だけでなく、

鍛冶の歴史、包丁の種類、扱い方、砥石の選び方まで

たくさんの学びもありました。

 

料理の世界を選んだ息子ですが、

料理にまつわるたくさんの本物に出会ってほしいと思います。

 

料理がきっかけで、鍛冶職人になるのもありだろうし、

調理器具の開発会社になって研究の道を選ぶのもあり。

 

素材に興味が出たら、農業やバイオ、醸造や発酵を学びたくなるかもしれない。

 

たくさんの可能性や、視野を広げる機会をつくるのが

親の仕事かな。と、思っています。

 

おっぱいをあげて、

抱っこして、おむつをかえて・・

 

着替えさしたり、

食べさせたり、

 

子どもが小さいころは、

あっという間に一日が終わる。

 

でも、そんな日々が懐かしくてたまらない日が必ずきます。

 

自分は、どんな子育てをしたいのか。

子どもにとって何が幸せなのか。

 

子どもの目線で、子供が自分で決めることを

心から応援できる親でありたいと思います。

 

ま、息子のおかげで、

イケメン職人と会えたことは、

めちゃくちゃラッキーでしたわラブ

 

↓↓リンクです。

五島列島の宮崎鍛冶屋さん

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

****************************


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

こどもカフェは

ひとり、ひとり、

自分で、自分とママの分の

ごはんをつくります。

 

マイ材料

マイ調理器具

 

ほとんど、

「交代」することがありません。

 

「自分で!」の子どもの芽生えを大切に、

「最初」から「最後」までやりきる達成感。

 

子どもたちに自信を持ってもらうため。

 

そして、ママ達には

「子どもに自信を持たすには

     どうしたらいいか?」

「子どものやりたいを

どうサポートしたらいいか?」

をレッスンの中で、体験してもらっています。

 

夏場は暑いので・・

マイフライパン、マイコンロはお休みしますが、

手作業の楽しいメニューをします♪

 

9月のこどもカフェの募集です。

 

メニュー

鮭のホイル(紙)包み焼き
ひじきごはんのおにぎり

月見団子
お味噌汁(ご提供)
*写真の豆ごはんがひじきごはんに変わります♪

 

日程  

9月8日(土)パンゲアレッスン・
           午前10時半~

  場所の詳細は↓↓↓地図もあります。
   コミュニティーカフェパンゲア・親子ルーム
   (南海本線堺駅徒歩5分)

9月25日(火)鳳レッスン・
         午前10時半~

         午後3時半~          
9月28日(金)鳳レッスン・
         午前10時半~

         午後3時半~

   鳳レッスンの場所につきましては、
   お申込みの方にお知らせいたします。
   JR鳳駅が最寄駅。徒歩10分くらいです。

 

 

参加費 4300円(こどもとママの食べる分)*単発参加
  当日よりお使いいただける回数券を販売しています
  3回で11,100円 (一回あたり3,700円)
  有効期限なし
        
対象  2~6歳までの未就学児とその親 

持ち物 エプロン・三角巾・
       エプロンのポケットに入る手拭タオル
       食べきれなかったときに持ち帰る用の容器

場所  鳳教室
       (堺市西区鳳南町 アリオ鳳の近くです
     お車の方は、アリオ鳳の駐車場(無料)または、
     近隣コインパーキングをご利用ください
     詳細は、お申込みをいただいた方にお知らせします)


     パンゲア親子スペース↓↓クリック
       コミュニティーカフェパンゲア

件名に

【●●レッスン・こどもカフェ●月●日(午前か午後)参加申し込み】

とご記入いただき

●お名前(こども・親)
●住所
●お電話番号
●メールアドレス
●こどもさんの生年月日
●参加してみたいな~と思った理由

を記入していただき、
kodomo-cafe@kirakira.zaq.jp
まで、お願いします。

 

受付は

8月4日(土)21時スタート!

 

 

注意パンゲアのレッスンは月に1回になったことで、

お申込み開始と同時に満席になる場合がございます。

こどもカフェを楽しみにしていただいている気持ちを思うととっても心苦しく申し訳ありません・・
また、くれぐれもフライングにお気をつけください。

せっかくお申込みいただいても、受付できず順番が最後になってしまいます。
ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

★参加申し込み受け付けました★
の返信メールが届いた時点で
お申込み確定となります。

返信メールが届くように、

アドレスの受信設定をお願いいたします。

先着順となります!


小さい子どもは、体験からしか学べません

こどもに「人に喜んでもらえる体験」を
プレゼントしませんか?

そこは、お料理のスキルではなく
つくる喜び、食べる喜びを感じて、
ママのありがとうがあふれます

みさなまにお会いできることを
とっても楽しみにお待ちしています


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

いつもは、平日。

上の子が、幼稚園に行ってる間。

小学校に行ってる間。

に、参加してくださっていても、

 

夏休み、家でひとりで留守番させるわけにも

いかなくて・・・・

 

そんな方には、

ご一緒に来てくださいと。

 

そして、下の子のお料理をとりあげない。

お手伝いをする。

もしくは、となりのお部屋で遊ぶ。

 

というのをお約束してきてくださいね。

 

とママにお伝えすると・・・

 

お手伝いをすることを楽しみに

来てくれる子もたくさんいます。

人数分、それぞれにマイ調理器具をお渡しするのが

こどもカフェの特徴なので、毎回

大量の洗い物がでます。
 

ただ、黙々とひたすらに洗ってくれたお姉ちゃん。3年生

しんどくなったら言ってね。って言ったけど、

一度も、投げ出すことなくやりきってくれました。

 

この女の子の下に、男の子がふたり。

ふたりとも、レッスンに参加していたのですが、

ママは、お姉ちゃんの達成感あふれた

やりきった表情を見れたのが

一番うれしかった!と感想をくださいました。

ついつい、下の子に気をとられてしまいますから、

本当に、よかったな~~~と思いましたラブ

 

お姉ちゃんが洗った食器を、一生懸命、ふいてくれてるのは

1年生。

 

子どもたちの調理サポートもしてくれました。

 

さすが卒業生です。

段取り把握してくれてるから(笑)

参加は、2才~6才までと年齢制限がありますが、

その都度、臨機応変に対応しています。

 

上の子がいるから、

下の子がいるから、

 

そんな理由で、参加をあきらめてほしくないから❤

 

子どもはみんなで育てればいい。

 

兄弟姉妹のいる子もいない子も。

 

こどもカフェに来れば、

同じ釜の飯を食べる仲間ですラブラブ

 

ただいま空きのあるレッスン

↓↓

鳳レッスン

8月16日(木)15時半~18時ごろ
8月17日(金)15時半~18時ころ

内容の詳細は、

↓↓↓

8月のこどもカフェ

 

 

*****************************

レッスンの先行案内・予約受付のお知らせも届くメルマガは↓↓↓

*****************************