消費者だけではなく

生産者としての豊かさとよろこび。

 

 

 

 

スーパーに行って

野菜や果物を買う。

 

 

もしくは、

コンビニでパンやお弁当を買う。

 

 

袋を買って、すぐ食べられる。

 

 

 

作らなくても

良質で、安いものがすぐに買える

便利さ、豊かさを手に入れた私たち。

 

 

 

お金でのやり取りは

人との間のめんどくさいやり取りを省略でき

物々交換できる気楽な関係。

 

 

 

 

 

ただ、お金だけのやり取りで

物を受け取る関係性に

違和感を感じる時がある

 

ちょっとした虚しさを感じた時があった

 

 

 

 

今では、あらゆる人との間に

ビニールのしきりができちゃったしね。

 

 

 

 

 

 

島や田舎町に行くと

より感じる、人との関わりの温かみを。

 

 

 

すれ違う時、

知らない人にも

あいさつし合える地域性が好き

 

私はとっても嬉しくて、

いいな〜と思う。

(好みの問題だと思うけど)

 

 

 

子どもの頃は

考えずにしてたはずの

近所の人へのあいさつは

いつの間にかしなくなってしまった。

 

 

人からされて嬉しいから

私からも朝散歩する時に

 

自分からあいさつしてみようと思うのだけど

「なんて思われるか」が気になって

できないことがほとんどだ。

 

「みんなしていないから」を理由にね。

 

 

 

 

 

 

 

 

農家の方から直接買ると

その食材にもっと愛着がつく

 

または、

自分で育てた野菜を

直接収穫する喜びは格別で

 

料理を丁寧に作り、

ゆっくり五感で味わってみたりすると

何か大切なことを思い出させてくれる

 

 

 

 

忙しいと

「めんどくさい」と思いがちな過程に

 

人間としての

喜びがあるように関してならない。

 

 

体験する喜び

 

 

 

 

さっと食べて、終わり

消費して、終わり

ゴミを捨てて、終わり

 

 

 

 

 

時間が省略できて

とても助かっていた。

 

(エンデ作「モモ」に出てくる

 時間泥棒の話は面白い)

 

 

 

 

今の私は

時間より大切にしていきたい

体験する喜びを自分に味あわせてあげることを。

 

 

植物の育つ過程に感動し、

自然の共同作業、愛の循環に

 

ずっと忘れていた

大切なことを思い出している最中だ。

 

 

 

 

 

植物によって

好みの環境が違うし

 

成長段階も全然違う

 

 

人も、合う場所が違っていい

個性があって魅力的

 

 

あの小さな種から

芽が出て、

大きな茎、葉が育ち

花が咲き、実がなる

 

奇跡のような過程に

とても感動するんだ。

 

 

たとえ、1本でも

そこからは沢山の実がなり、

様々な生き物に恵みを与える。

 

 

 

実には種があり

また生命の循環につながる

 

葉や根も

有機物として

微生物の餌になり

土を肥やす堆肥になる

 

 

 

目に見えるものだけじゃなくて

目に見なさい様々な奇跡と

生命の助け合い、

自然が織りなす美しい光景は

私にいつも喜びを与えてくれる

 

 

 

消費者だけでなく、

小さくてもいいから

生活者(作り手)生活をはじめていきたい。

 

 

 

 

お庭のハーブたち収穫

ローズマリー

コモンタイム

ナスタチウム

マロウ

 

ローズマリーで虫除けスプレーをつくる〜ラブ星

 

 

 

 

 

 

 

レモンバームがとっても元気に育ってるので

毎日使ってます〜おねがいピンクハート

 

レモンとりんごとレモンバームのデトックスウオーター

葉っぱをちぎると水でも十分ハーブの美味しさが楽しめる

 

 

 

 

 

ジャガイモの収穫爆  笑乙女のトキメキ

 

 

たくさんとれた〜音譜

 

 

 

 

 

料理をつくる喜びだったり・・・

 

野菜たっぷり夏野菜メニューキラキラ

夏野菜カレー(ズッキーニ、ナス、ピーマン)

トマトとアボガド

きゅうりと生姜と青じその塩もみ

野菜が美味しい!ラブ

 

 

 

 

 

消費者として生きるだけではなく、

少しでも自分の手でつくっていける「生活者」

を味わってみる。

 

 

消費社会から一歩出てみる行為をしてみる。

 

 

 

大きなことはしなくてよくて

小さな一歩を楽しんでみる。

 

 

 

ベランダーのプランターでも、

キッチンの窓に置いた鉢植えひとつからでも、

まずは、土とつながってみる。

 

 

 

 

そうすることで、

食べものがであり、

その命をいただいて生きている私たち人間も、

自然と無縁では生きていけないということを

実感できる気がしてならない。

 

 

 

 

 

毎日の生活に

小さな豊かさをちりばめて星

 

 

 

 

フォローしてね…

 

 

 

ちょうちょ最近の記事ちょうちょ