J-SHIS Map

 
 
 
地震ハザードカルテとは、各地点の地震ハザード情報をまとめたものです。
 このページでは、任意の場所を検索してカルテを作成することができます。
ぜひ参考にしてみてください
 
 
 

土砂災害のおそれのある地区は「土砂災害警戒区域」や「土砂災害危険個所」とされています。

自分の家がこれらの土砂災害のおそれのある地区にあるかどうか、ハザードマップで確認してみましょう。

 

食事指導、健康相談を数千人以上行ってきました。

栄養をとることより

まずは、出すこと。が大切だと感じています。

 

 

一度リセットするのです。

 

 

解毒には色々やり方があり

本格的にやるには断食・フスティングなどがありますね。

 

それも、半日だけ、果物断食などといった軽いものから

3日〜1週間、10日など本格的にやるようなものもあります。

 

 

 

今回ご紹介したいのは、

毎日の食事を整える、お手軽解毒方法です。

 

これは、積み重ねていくにつれ

効果が高くなっていきます。

 

 

まず、量を今より少し減らしていきたいもの

(習慣になっている場合、一気にやめるより回数や量を減らしてみてください)

 

・ポテトチップなどスナック菓子

 

・砂糖菓子類

 

・食品添加物が大量にふくまれている商品

 (原材料名にたくさん記載があるものは、添加物が多いものが多いです。

  シンプルなものは添加物が少ない傾向にあります。)

 

これ以外にも色々ありますが

はじめはこれくらいを意識してみてください。

 

 

デトックスに有効な食材

 

全体的に野菜や果物の摂取量が少ない方は

「野菜」や「果物」を食べる量や頻度を増やすことからはじめてみてください。

 

※生の野菜や果物にふくまれる水分の中には

良質なビタミン、ミネラルがふくまれており

吸収率もよく、酵素もあるため(酵素は加熱により失活してしまいます)

身体の細胞の修復などに大変効果があります。

 

 

その中でもとくに

・青菜類

色がこい葉物

 

・きのこ類

 

・海藻類

 

はキレート効果が高くなっています。

食材名でおぼえるより、こういったざっくりとしたカテゴリーで意識してもらった方が

献立に取り入れやすいと思います。

 

あとは、水分摂取量

この水分は、コーヒーやお茶ではなく

純粋に水を飲むような意識をとりいれてみてください

 

健康茶など、もちろんとっていただいていいのですが

何かが含まれているものより、身体は純粋に「水分」を求めています。

 

 

 

 

 

 

そして、よく噛むこと

体内リズムを知ること

 

 

 

早朝、自立神経は副交感神経から、交感神経へスイッチが入れ替わります

 

6時頃から体温があがりはじめるのです

 

 

寝ている時は、
食物が吸収・代謝され、

老廃物や食べカスを排泄する準備をし

 

そして、正午まで

それらを排泄する時間帯になります。

 

 

排泄時間にはなるべく「消化」によいものがおすすめ

おすすめの朝食

・くだもの

くだものには、酵素が含まれています。

果物をたべて30分くらいたってから

朝食を食べる場合は、食べ始めるといいでしょう。

 

また、これから寒くなってくる時期には

発酵食品の「味噌汁」やデトックスに最適な「白湯」を飲んでスタートするのもいいですね。

 

 

 

 

酵素について

代謝酵素は、

古い細胞を 新しい細胞に変える働きをしたり、

体内毒素を排出(老廃物を体外に出す)したり、

血液循環、呼吸をすること、

手足を動かすことや

臓器が正常に機能するためなど

私たちの体はこの酵素が必要不可欠なのです。

 

 

酵素は、

身体で起こる すべての化学反応、生物反応に関わるもの

 

 

 

ちなみに、食べても、その分解した栄養素

(ビタミン・ミネラル・炭水化物・タンパク質など)は

消化吸収して、体の中で働くためには、

この酵素がないと使い物になりません!

 

 

 

私たちの日ごろ様々な活動ができるのは、

この「酵素」があるからなのです。

 

 

酵素の量は人それぞれに一生の生産量が決まっています。

 

 

潜在酵素は、

年齢とともに減っている!

 

 

 

そのため、「食事」で酵素を補給しなくてはなりません。

 

酵素ドリンクを買わなくても

正しい食べ方を知れば、

酵素は、食事で補えます。

 

 

 

しかし、今の私たちの食生活は

生きた酵素がほとんど含まれていない食事ばかりして

逆に、体内の酵素を浪費してしまう生活をしている人が

なんと多いことでしょう。

 

 

 

そして、消化にかかる酵素を大量に

使いすぎる食生活をしていると、

体のメンテナンスをする代謝酵素が

消化吸収のみにいってしまい、

体内毒素の排出や

新しい細胞を作る方に力を注げなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

・食べ過ぎていたり(量が多い)

 

・高カロリー、高脂質のものを取りすぎていたり

 

・添加物の多いものをとっていたり

 

・ストレス過多な状況にいるなど

 

 

 

 

 

周りの人を見てもわかりませんか?

 

 

少食の方や

野菜や果物など植物ベースの食事が多い方

ゆっくりよく噛んで食べる方などの方が

若々しく健康的ではありませんか?

 

 

 

 

酵素が不足しないようなライフスタイルを

ぜひ、意識してみてくださいね

 

 

 

 

 

1)からだは「アルカリ性を求めている」

私たちのからだは、

pH7.35〜7.4の弱アルカリ性に保たれています。

 

体は少しでも酸性に傾くと、

疲れ、スタミナ定価、膨満感、余分な体重、アレルギー症状、白髪、脱毛、神経の乱れ

(イライラ、短気、怒りっぽくなるなど)、目のクマ、顔のシワなどの症状が現れます。

 

 

生命の直接関係なさそうな些細な症状なので、

このような状態でも

「最近疲れが溜まっているな」

「歳のせいかな」

などといって終わりにしてしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

体内(見えないところ)の変化、外見の些細な変化を

見逃していると、やがて潰瘍や高血圧、心臓病、糖尿病、がんなど

いわゆる生活習慣病や治りにくい病を引き起こしてしまうのです。

 

 

では、食べ物の中で

何がアルカリ性で

何が酸性がご存知ですか?

 

 

体を弱アルカリ性に保つには

果物や豆類、雑穀(アワ、ヒエ、キヌア、そば粉など)海藻類などを積極的に食べることが良いのです。

 

逆に、体を酸性に傾けてしまうものは

動物性食品(特に肉、乳製品)や穀類(白米、パン、そば以外の麺類)また白砂糖のような物です。

 

 

 

 

食事内容のポイントでは

摂取量の7割りを野菜(果物)が良いとされています。

 

「食事の中で、野菜を一番多くとる」と

意識されるとわかりやすいですね。

 

 

食事を整え始めると、

老廃物が排泄されはじめ

多少の不快感を感じることがあります。

 

 

これは「好転反応」と言って、

体内に長年溜め込まれていた宿便が出ていくときの

典型的な症状で、心配する必要はありません。

 

 

 

毎日コツコツ丁寧に生活を整えていくことで

体の細胞は生まれ変わります。

 

 

 

 

 

 

デトックスには、腸の健康を意識してみて

 

・発酵食品▶︎納豆、みそ、糠漬け(特に日本由来の和食調味料や料理がおすすめ)

・腸のよろこぶ栄養素▶︎(食物繊維の多いもの)あとは、水分量と運動も大切です!

 

モロヘイヤ解体栄養コラムより

 

 

 

 

 

 

便秘は生活習慣やストレスなどさまざまな原因で発生しますが

 

 

便秘の状態がつづくとつらいですよねショボーン

 

 

 

 

 

便秘をくりかえさないためにも

 

発生原因を改善するのも大切ですが、

 

なかなかつきとめられなかったり

 

生活習慣を改善するのも時間がかかったりします。

 

 

 

 

そんな時、便秘をいちはやく

どうにかしたい時に飲むのがおすすめなのが

 

「ダンディライオン」のハーブティー

 

 

 

 

 

これは、「たんぽぽ茶」のこと星

 

 

 

 

たんぽぽの根っこをローストしてつくります^^

 

 

 

 

 

 

 

 

母乳の出を良くするとも言われてます!

 

苦味がコーヒーに似ているため

 

カフェインがとれない妊婦さんにもおすすめのお茶ピンクハート

 

 

 

 

このハーブや便秘にもいいんです!

 

 

 

実際、わたしも味がこのみでよく飲んでいますが

 

効果を知らなかった時から

 

「たんぽぽ茶のむと、快便になるな〜〜キョロキョロ

という体感がありましたした合格

 

 

 

飲み続けていると、

たまっていた便がするっと一気に出ていくような感じになります

 

 

 

飲む量によっては、

時間がかかる方もいるかもしれません

(個人差あるので、自分の体の様子を観察してみて)

 

 

 

飲みすぎると、下痢気味になるので

解消したら、いったん休憩した方がいいかなハート

 

 

 

 

 

伝統医学では、自然薬(ナチュラルメディスン)ともして使われていた歴史があるのです!

 

 

 

 

肝臓のはたらきを高めてくれる作用(強肝作用)というのも兼ね備えててね、

これがうれしいことに

「解毒」を促進してくれるのおねがいキラキラ

 

 

 

 

便秘解消して

解毒作用もあるから

血液がきれいになる

 

それで、細胞も健康に↑音譜

 

だから

肌荒れ・吹き出物に悩んでいる人にもぴったりだよっ!お願い

 

 

 

飲んだことがない方はぜひ試してみてねルンルン

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしが今のんでいるのはこちらです音譜

とても人気な商品です!

飲みやすくて美味しいですよニコニコ

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

五感で感じる力=幸せを感じる力に直結しているように感じます。

 

 

 

 

家庭にある身近なものをつかって

自分アレンジしてつかう&つくるがとっても楽しいので、

今日はにごり湯、入浴剤になる材料をご紹介しますねルンルン

 

 

 

 

 

ご紹介する4種のにごり湯の効用は、肌の保湿と適度な脂分の補給です

 

 

 

 

 

<家で簡単にごり湯>

 

米ぬか風呂

 

米ぬかは、精米機がお近くにあれば無料でもらえますよラブラブ

 

  

 

米ぬかは、昔から保湿効果のすばらしいことで知られていますね。

 

美容にとってもおすすめ

 

 

大さじ4〜5杯の米ぬかを市販のだしパックの袋にいれるか

ガーゼに包むなどして浴槽にいれ、手でよく成分をもみだし入浴します。

 

 

 

 

ミルク風呂

 

ナイルの女王クレオパトラのお気に入りだったというミルク風呂。

 

 

飲み残しの牛乳を入れたり

冷蔵庫に入れなくても保存できる粉末のスキムミルクを使う方もいるようです

 

 

 

欧米では、ミルクは最も人気のある保湿入浴剤のひとつです。

 

匂いが苦手な方は

エッセンシャルオイルをくわてもいいですよ。

 

 

ミルクはどんな香りとでも組み合わせることがでっきるので、お好みのオイルで大丈夫です^^

 

 

 

 

 

 

ココナッツ風呂

 

東南アジアの食材としてかかせないココナッツミルク。

 

とろりとリッチな保湿力があります。

 

空気の乾いた季節に、ココナッツの甘い香りを楽しみながら入るのもいいですねキラキラ

 

 

まずは料理につかった余りがのこりで試してみて

入浴剤として常備しておきたいなと思ったら乾燥したパウダー状のものが便利です。

 

 

 

 

アーモンド風呂

 

アーモンドパウダーを使います。

 

浴槽に対して、大さじ4〜5杯を目安に。

 

 

保湿効果はすばらしく、お風呂上がりの肌はさらりとしていながらしっとりすべすべ音譜

 

 

アーモンドの実の香りがほんのり残っていい気持ちになります。

 

 

アーモンドパウダーは固形のものに比べると少し割高になってしまうので

固形のアーモンドをすり鉢ですって使うのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

全身の保湿剤として使える

<入浴剤として使える身近な材料>

 

 

1)糖質(はちみつ・黒蜜など)

 

 

みつの糖分は、肌にやさしい保湿剤になります。

 

傷があるときなど、おだやかに回復を助けてくれます。

 

みつなんて入れたらベタベタになるんじゃないかと思いますが、そんな心配はまったくありません。

 

さらりとしながら、すべすべしっとりします。

 

浴槽に対して、大さじ2杯ほどで効果があります。

 

そのくらいの分量ならにおいもないため

単独で使う以外にも、エッセンシャルオイルやハーブ、バスソルト、にごり湯など、様々なものと組み合わせて使えますキラキラ

 

 

 

 

2)酒類(日本酒ビール・ワイン・シャンパン)

 

飲み残しのお酒で十分です。

 

・血行促進

・新陳代謝が上がるため、汗が出て老廃物の排出デトックスに

・乾燥肌にお悩みの方、特に日本酒風呂は肌の保湿や保温効果があります

・古い角質を取り除き、毛穴の汚れも取り除いてくれる

・アンチエイジング 

 

 

 

3)ハーブや薬草

 

ハーバルバスは、お湯につかることで毛穴がひらき、血行がよくなりハーブや薬草の成分が吸収されやすくなります。

 

<効果>

・ミネラルが肌表面にうすい膜をつくり、入浴後も熱を外に逃さない

・種類によりますが、炎症をしずめる、保湿、抗菌などの作用があるため、肌の状態を整えニキビやあせもの予防になる

・植物に含まれる精油成分は、熱によって揮発するのでその湯気をすいこむことで、鼻や喉のトラブル改善、血行をよくしたり、リラックスできます

 

 

ハーブや薬草類は、とても繁殖力があります。

 

使いきれない時、入浴剤にするのがとってもおすすめです!

 

ドライの場合浴槽に対してやく20gくらい

 

ドライの場合、ガーゼやお茶パックに入れて使うと後処理が楽です。

 

38〜40度の温度でゆっくりつかってみてください

 

 

生でもドライでも違った楽しさがありますよ雪の結晶

 

 

■ミント類(スペアミント・ペパーミント・レモンバームなど)

 

 

■カモミール

 

■ローズマリー

 

 

 

■ドクダミ

 

 

 

■みかんの皮やゆずやレモンなど柑橘類の皮

 

 

 

ちなみに、日本で初めての入浴剤は薬草の「五木八草湯」でした。

 

「五木」とは

 

・モモ(桃)

 

・ウメ(梅)

 

・ヤナギ(柳)

 

・クワ(桑)

 

・エンジュ(槐)などの木本類

 

 

 

 

「八草」は

・ショウブ(菖蒲)

 

 

 

・ヨモギ(蓬)

 

 

・オオバコ(車前草)

 

・ハス(蓮)

 

・オナモミ(葹)

 

 

・クマツヅラ(熊葛)

 

 

 

・ハコベ(蘩蔞)

などの草本類

 

・スイカズラ(忍冬)

 

 

 

これらは日本初の入浴剤文化は、銭湯文化が花開く江戸時代の「薬湯」につながっています。

薬湯専門の銭湯も多数あったそうですキラキラ

 

 

 

 

4)エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは神経に作用するデリケートなものです。純粋なもので、ちゃんとした製法でつくられた良質な製品をお選びくださいね。

 

 

 

私なりの楽しみ方は

 

なんだか身体が重いな、すっきりしたいなと思う時は「塩」「酒」で浄化します

 

リラックスしたい、癒されたいと思う時は「ハーブや薬草」「エッセンシャルオイル」で視覚と嗅覚など五感にきくものを選びます。

 

 

気になるものがあったらぜひ試してみてくださいねピンクハート

 

 

 

 

フォローしてね…

 

 

 

最近の記事

【水】中村先生「水と健康」とナチュラルジーン

【電磁波】人体に与える影響と、具体的な対策について

小麦は体によくない?健康的に使うためにおすすめはコレ

真の日本の伝統療法「和方」