大人のボンボン研究室

大人のボンボン研究室

大人たちを喜ばしい気持ちにさせるあめ玉(ボンボン)って何だろう?どんな気分も溶かしてくれるような。そんなもの、こと、考え方なんかを、探ったり、追ったりして、考察したりしてみるブログです。良きボンボンが見つかることを願いつつ。

当ブログにご訪問くださりありがとうございます。

こちらのブログでは、大人が日々、心穏やかに、おもしろく過ごすためのあめ玉(ボンボン)を探ったり、試したりして、その情報をお届けするブログです。悩める、迷える大人のための、甘く、時には苦いボンボン、集めていきます。

みなさまの日々のボンボン、募集中です。→入力フォームへ

みなさんのボンボンを知って、私もまた試し、こちらで報告させていただきたいと思っています。一緒にボンボンを集めていけたら、楽しいかな、と。



Amebaでブログを始めよう!

 

こんにちは。

とても久しぶりの更新。

 

ここ数か月、仕事に追われすぎてました。

これ、最も望んでない状況。。

常日頃。仕事は追うもので追われるものではないと思っているし、そうしてきたつもりだったんですけどね。

 

で、思い出したんです。追われている原因を。

 

次々やってくる仕事を心で拒絶しながら、嫌々、心配しながらたっていたんです。

そう、嫌なことをするって相当エネルギーが必要になりますよね。

その状況が3か月ほど続け、結構ヘトヘトになっていたところ、

あれ、私、こんな人になりたかったっけ?

 

現状を受け入れていないから、こんなことになるんじゃないの?

おもしろがれるところ探してないから、こんなことになるんじゃないの?

と自分にツッコみはじめまして。。。

 

今一度、受け入れ上手の在り方を整理しておこうか、と。

 

今回の記事は、いわば、自分に向けたメッセージ。

 

拒絶しながら何かに立ち向かっている、疲れ気味の方は、ご一緒に。

 

 

受入れ上手な人は、

状況に寄り添う柔軟性がありますよね。

 

受入れることは、

我慢することとは違います。

 

受入れることは、

心を開いておく姿勢です。

 

目の前にやってきた出来事に対し、

関心を持って、おもしろがる決意をする、

というのが理想です。

 

拒否をしながら受け入れると、

エネルギーが倍減しちゃいますからね。

 

ただ、今まで続けてきた習慣を、

スパっと修正できるほど、

人間は簡単じゃありません。

 

日々、働いたり、雑務をしたり、

家事をしたり、いろいろの活動で、

嫌だな、と思ってしまう時間があるのは当然。

 

おもしろがるぞ、と無理矢理思っても、

無理矢理の後ろには、

「おもしろくないんですけどね」

っていう本音が隠れてますから、

本音通りにものごとがすすむ法則

により、おもしろくない現状が、

やってきてしまいます。
 

日常に、おもしろいな、

と思う種を見つけて、

徐々に、徐々に、育てて、

その庭を広げていければ理想です。

 

土壌の扱い方も、種の育て方も知らず、

作業にも慣れず、耕す体力もない時に、

でっかい畑与えられても、

途方に暮れるだけですから。

 

もちろん、そこで、経済力があれば金にものを言わせて、人を雇って、たくさんの肥料やノウハウを買って、華やかで楽しいガーデンを作ったり、でっかいビルを建設したりできるでしょうけれど、そんな状況、そうそうありませんから。