☆ご訪問ありがとうございます☆


こちらでは、
街中の皆さんの表情が、少しやわらかく
なっています。

関東地方も北海道も、早く
解除になるといいですね。


もう少し、ともにがんばっていきましょう。









「見ること」は「創ること」




幕末の優秀な志士たちを、ごく短期間に
幾人も育て上げた吉田松陰先生は、
人を育てる天才でした。




松陰先生が育てた塾生たちは、
高杉晋作、桂小五郎、久坂玄瑞、伊藤博文、
山県有朋、品川弥二郎など、、幕末から
明治維新に貢献した素晴らしい志士たち
ばかり。






松陰先生は、松下村塾に通ってくる 
生徒ひとりひとりに対し、

ニコニコ「あなたは、○○な才能があり、
本当に素晴らしい!」と、
まずどんな時にも長所だけに目を向けて、
若者たちを育成しました。





観音様には、もともと観自在菩薩
★かんじざいぼさつ★
というお名前がありますが、


「観自在」とは、
物事や人を、
偏見なしに自由自在に
見ることができる
ということです。





たとえ、過去に悪いことをした人であっても、
観音様は過去ではなく、

その人の今にだけ目を向け、 
「○○なところは、本当に素晴らしい!」と
まず長所に目を向けることができるから、
観音様でいらっしゃるのです。













実は、最新の量子物理学においても

「見ること」は「創ること」
ということが、次第に明らかに
なってきています。





物質の最小単位である素粒子は、

★見られている→見られている通りに動く

☆見られていない→なにも現象化しない


ということが実験でも判明しています。






つまり、

キョロキョロ「この人はダメだ」という目で見ると
 ↓↓
実際にダメな人が現れる




ニコニコ「この人はきっと良くなる」という目で
見ると
 ↓↓
良くなった相手が現れる



ということになります。






周りの人の欠点ではなくまず長所を、

周りの人の過去ではなくまず可能性を、


確かに信じて、
心の目で「見ること」が
できると、

目の前に現れる現象は
確実に変化します。






あなたは、今 なにを見て、
なにを創造している最中ですか?



 







お願いSorry
すべてのメニューの受付
お休みしています☆

 

 

 

 

 

 


ニコニコ「よろしくお願いします」


ココを クリックして頂くと、
あなたを「蘇生させる」
 
「光エネルギー」が流れます
 キラキラ
 ↓↓


セラピストランキング

 

 

 

 

いつもありがとうございますウシシ

 

☆あなたの幸せを祈っています☆


 



うさぎクッキー I love you !