2006-03-12 20:30:59

2月17日手術後2日(入院45日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)
またまたコメントを頂き、本当に嬉しいです!!ありがとうございます。


こみかんさん、ぷくぴーさん、Puri☆Puriさん、本当にありがとうございます(*^_^*)こみかんさん、遅くなりましたがご出産おめでとうございます!経過はいかがですか?


いまだゆっくりPCに向かう余裕がなく、携帯から操作してます。ごめんなさいっっ…


☆☆☆☆☆


まだおそるおそる歩く状態なのですが、胃腸の調子は絶好調のようで、食事(五分粥と柔らか食事)はたいらげ、朝には大量の便も。


今日からは大量の点滴はなくなり、収縮剤は内服に。鉄剤と抗生剤は都度刺しの点滴ですが、時間が短いので、負担にはなりません。


この日は病院のサービスでアロマ足湯とハンドマッサージがありました♪


その後、処置室へ呼ばれて、傷の消毒と背中に刺してある痛み止めの抜き去りとなりました。


処置室のベッドって…細長いベンチのような長椅子仕様なので、寝起きの事を考えると憂鬱に…でも、背中の針が抜けるのは少し嬉しいです。痛み止めはこの後は内服にかわります。


なんとか寝起きもできたので帰りついでに元の病室へ立ち寄り、仲間と話していたら、インターン先生(これから仮に斉藤先生とします=ブラックジャックによろしく)に見つかり、


「結構この方しっかりしててね、今も術後間もないとは思えないでしょ~?」


なんて仲間に話していましたが、だって~!動けって言ったじゃん、内心ヘロヘロよぉ…と即ツッコミさせてもらいました。


帝王切開とは言え、産後のスケジュールは盛り沢山で、午後一番に母乳指導を受けることに。


そこでは、同じ日に帝王切開で出産した方も一緒になり、久々のご対面で、…術後関連の話題で仲間意識が高まりました。
(床擦れ的お尻の痛み、起き上がり困難、すぐ行動が固まっちゃうなど…)


彼女の赤ちゃんは3000gを超えているのですでに今日は他の妊婦さんと一緒に授乳も開始していて大変そうでした。


その後すぐに未熟児室の面会時間となったので、未熟児室へ向かいました。


保育器の中でのおむつがえ、ミルクを与えるのは結構難しいです。


未熟児室では、尿・便の量を調べるため、おむつの重さをはかります。


今日の体重は2288g、1回のミルク量は30cc、
昨日は2318g、10ccですので少し減っています。


未熟児室はとても落ち着いた素晴らしい空間です。この場所なら安心してお願いできます。


部屋に戻りましたが、ベッドに横になったり起き上がったりが大変なので、ずっと座って過ごしました。


夕食前に抗生剤の点滴、夕食は全粥へ、
夕食後はだんな様と未熟児室…とバタバタしましたが、二人そろって赤ちゃんに触れるのはなんとも言えない幸せを感じます。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-03-03 11:28:42

手術翌日(入院44日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)
060303_1033~01001.JPG
またまたコメントを頂き、本当に嬉しいです!!ありがとうございます。


ご心配をおかけしました。おかげ様で経過は順調です。


ここに書くべきか悩みましたが…手術後ですが、福島で明らかになったニュースを知り、驚きました。(警察の措置は私は疑問に思います。民事じゃないのに…)


その患者さんの状態は、帝王切開歴は違えど、他はほぼ同じ。私ももしかしたら…と思うと…


でも事前にあらゆる万が一の事をインフォームドコンセントをして頂き、私も大袈裟ではなく、覚悟して手術に臨みました。だから本当に怖かったのです。


うにゃさんがおっしゃったように、すべてが生きている事で新鮮に、ありがたく感じました。


お産は安全…という情報が先行しすぎているのでは、と、入院している仲間の言葉を聞いていても、思いました。


福島の件だけではなく、この病院で起こっているお産の急変を目の当たりにして、やっぱりどんな場合でも命懸けなんだ、という思いは強くなります。


☆☆☆☆☆


良く眠れない、お尻の痛い一夜が明けました。まだ半日もろもろの点滴があります。


収縮剤入りの点滴のせいか、点滴した箇所の周辺がものすごく痛むのです。(もれかも)


今日の朝から水分摂取OK。吸い口を看護師さんに取ってもらって水を一口。おいしかったです。


その後、体を清め着替えをしてもらいました。


ガスはまだ出ず、導尿カテーテルも午後までそのまま…


昨日の夜の未熟児室面会にはだんな様がいきましたが、泣いていたのに触れたら泣きやんだとか、ブドウ糖を飲んだと、嬉しそうにしていました。


出血具合ですが、先生も立ち寄られ、とりあえずの危険は脱して、今後も大丈夫でしょう…良かった~!これで前置胎盤との戦いは終わりなのかな。


午前の看護師さんによると、今日は起き上がるのが目標で、車椅子で未熟児室へ行きましょうとの事でした。


午後になり、未熟児室の面会時間になりました。


まだ点滴は続いていますが、導尿カテーテルを抜き、血栓予防ポンプを外して、面会に行く事になりました。


担当の看護師さんは日勤担当の方に変わっていて…この方ちょっぴり厳しい方なのでした。


「はい!起き上がって!」


えっ(^_^;)


は、はい。わかりました。
電動ベッドではないため起き上がるのが大変!


「辛かったら帰りは車椅子でね」


未熟児室は私の病室からは少し遠いのですが…会いに行かなきゃ!


おそるおそる歩き始めるとなんだか下半身が自分のものではないような…でもなんとか歩けました。さっきの方も足取りしっかりしてていいよって。


未熟児室に入りました。入った途端、優しく流れるオルゴールの音楽が耳に入り(しかもTSUNAMI)、涙が止まりませんでした。


保育器に入った娘…。
ものすごく小さくて触れたら壊れそうで、なんとも言えない気持ちで、涙だけが流れて止まりませんでした。


少し気分が悪くなってしまい、未熟児室担当の方にも無理はしないで…と、今日は対面だけとなりました。


病室までは結局歩いて戻りました。そして点滴再開も…血管が限界のよう。でも残りわずかなので、無理やり液を流し込み終わらせる事に。


痛いのなんの…(ToT)


夕方の抗生剤の点滴は差し替えてもらいました。もう腫れ上がっていて限界でしたから…


今夜からお粥と柔らかい食事再開です。夕食直前にはガスも出ました。


夜の未熟児室はだんな様のみにしてもらいました。少ない時間なのに歩くのもおぼつかない私がいたら、時間が…でも明日は二人で行きたいです。


だんな様、初の保育器越しおむつ替えに挑戦したらしくうんちまみれで大変だったそうです。


後陣痛の痛みもかなり和らいではきましたが、寝る体制が相変わらず…で、それでも昨日よりは眠れた感じです。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-03-02 21:36:32

手術当日(入院43日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)
060217_1722~01001.JPG
またまた多くのコメントを頂き、本当に嬉しいです!!


お一人お一人にお返事出来なくてごめんなさい。いまだバタバタしていまして携帯から投稿していますが、いつか必ず…本当にありがとうございます(*^_^*)


また退院までの様子も少しずつですがアップさせて頂きますね。


☆☆☆☆☆


手術前日の夜は良く眠れませんでした。


朝一番の手術(9時開始)なので、早朝から準備がめじろ押しです。


朝5時過ぎ、ウテメリンの点滴終了とともに、同じ血管を使って術前点滴の1本目が開始されました。(300ml)
同時に採血もしました。


点滴はものすごい勢いで落とされました。内容物はよくわからないのですが、手術で大量出血するので、血液の成分を意図的に薄くしておいて、出血で大量に流しても、勿体なくないようにするためらしいです。


これをもう1本打たなければならないのですが、手術までに間に合うのかな?


今日は絶飲食なのに朝食が届きました。手違いがあったとの事で、パン食はプレゼントとなり、だんな様の昼食になりました。


7時頃浣腸120ml。うう~っ我慢できないんですよね(^_^;)

トイレに向う途中で入院中同室だった方に声をかけられました。彼女週数が経ってすでに退院していたのですが、少し産気づいた為、病院にきたそうです。


再会できた事が嬉しいんだけど、お尻はもぞもぞっo(><)o…早々にお話を切り上げトイレに駆け込みました。


一本目が終わり、新しい血管を確保(手術用)し、二本目の点滴が始まりました。


うちの両親、お義母さん、だんな様の全員が揃ったのは8時半少し前。


手術前の最後のトイレも、そのあたりで行きました。


バスタオル2枚、ヌーベル1枚(手術後に使う腹帯)を用意し、サザンのCD、自己血2パックを持って、看護師さんと一緒にワンフロア上の手術部へ歩きで向いました。


だんな様以外は、もとのフロアで待機、だんな様も見送りが終わったら、もとのフロアで待つことになります。


もう逃げ出したい気持ちで一杯でした。


手術着に着替え、郵便局の荷物集荷窓口のような所に、昨日ご挨拶にいらした手術室担当の女性スタッフの方が待機されていました。


この方、と~っても優しい方で緊張感が和らぐのです。


その集荷台は高さが変わり、降りて来た所で台に横になりました。台はほんのり暖かかったです。


台が移動し、ストレッチャーに移り、運ばれて行きますが、手術室の数がものすごく多くて驚きました。


私の手術室は、廊下を2回右折した少し先にありました。扉に私の名前の紙が貼ってあったような気がします。


手術室はかなり広かったのですが、細部まで見渡す勇気はありませんでした。


でも、ちゃんとサザンがかかっていて嬉しかったです。


血圧計や心電図、鼻に酸素(えっ!?酸素はこれだけ?という簡単な吸入器)等が繋れました。


麻酔ですが、とりあえずは意識がある状態で進めるため、硬膜外麻酔、脊椎麻酔で行いました。


麻酔の針が背中に刺さる時、それほどは痛くはないのですが、とにかく怖かったです。


「(お腹の上から聞く赤ちゃんの)最後の心音ですよ」


立ち会った助産師さんがドップラー音を聞かせてくれました。心拍数174…赤ちゃんも多少緊張気味かも。


私の右耳横から温風が吹き出し、その音で術中の人の会話は聞こえにくい状態になりました。


赤ちゃん誕生まではさほど時間はかかりませんでしたが、後の止血・吸入処理は倍の時間がかかりました。


母子手帳の記録をみると、出血量は『多量』。羊水込みで1384mlだったそうです。


手術中に1パック目の自己血輸血が開始されました。


何度もダメかも…と思いつつ、なんとか意識も保ち手術室を後にしました。


分娩所要時間は37分。手術自体が終わったのは10時半過ぎでした。


手術室から出たあたりから、急に胃からみぞおちあたりが痛み始めました。


え?麻酔切れ?


と怖くなりましたが、ストレッチャーが進むにつれ、その痛みも、だんだんお腹の下の方に移動していくのがわかりました。


この生理痛みたいな痛みは…後陣痛??そうだ!そうに違いない。


痛いのに、子宮が戻っていくその痛みに、逆に安堵していました。生きている実感…痛みの原因が、切った事ではなく、自然な現象だった事…。


ワンフロア降りると、みんな待っていました。だんな様のおばあちゃんまで駆け付けてくれました。


赤ちゃんは未熟児室まで運ばれるまでのほんの数分、保育器越しに家族と対面できていたのでした。


なので、みんな第一声、「○○○(だんな様)にそっくりだったね!」というので、私の思い違いじゃなかった、良かった~とホッとしました。


部屋まで戻る間、顔見知りの病院職員のおばちゃんや介添えのお母さんにすれ違ったので、ベッド越しに挨拶しました。


だんな様がその様子を見て、
「なんだか主(ぬし)って感じだよなぁ」
と驚いたように言ってました。


部屋に戻っても引き続き術後の処理がたくさんありました。


点滴も何本打ったかわからないくらい次々と点滴棒に吊り下げられてゆきます。
(収縮剤、補液、鉄剤、抗生剤…)


そして自己血2パック目の輸血が開始となりました。その為に新しい血管を確保…するはずがなかなか上手く行きませんでした。


それにしても、後陣痛はかなり痛くて(今日使った麻酔や痛み止めは、後陣痛の痛みには効かないそうです)周期的に辛くなります。


それから血栓予防のためストッキングと、足にポンプが取り付けられました(手術前から)。このポンプの圧力がものすごく気持ち良かったです。


個室は日当たりがよく、昼下がりは温度が上がり、合わせて外の気温も異常らしく(夏日だったらしいです)
痛みと暑さで汗まみれになりました。氷枕を持って来てもらい、しのぎました。


一時間おきぐらいに看護師さんが出血具合と傷の様子、尿の出具合を点検に来ました。


出血がひどいようであれば、再手術して子宮摘出もあり得ると先生から伺ってましたので、ひどくならない事を祈ってました。


未熟児室にいる子供の写真を病院側でプレゼントしてくれて、時折眺めていました。(画像はその写真です)


夕方になり、はるか先生が病室を訪問して下さいました。嬉しかったなぁ。


夜、娘が来ましたが、導尿カテーテルの先にたまったおしっこ袋にびっくりしていました。


痛み止めは背中に注入し続けているため、傷の痛みは感じないものの、いろんな感覚が戻ってきました。


驚いたのと悔しかったのが床擦れ的びてい骨あたりのしびれた痛み…これがつらいっ!


後は、導尿カテーテルの感覚もちょっとわかったり、ずっと続いている点滴自体もきつかったです。


お尻のしびれで良く眠れず、看護師さんに体の位置をかえてもらって…明け方数時間眠りました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。