親子園新設計画⑨ では、次はなぜ親子園を創るのか?? | 『もりのくにHAPPY親子園』10月26日プレ開園(11月1日本開園)、四日市に【保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園】の新設ストーリー

『もりのくにHAPPY親子園』10月26日プレ開園(11月1日本開園)、四日市に【保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園】の新設ストーリー

2018年10月26日、四日市にプレ開園(11月1日本開園)、①親子で来れるカフェ・②子育て応援ルーム・③保育を併設した、子どもはもちろん子育てママパパの支援・成長できる今までに無い新しい園を計画中!


テーマ:

↓ポチッと押して私たちに元気を下さい!↓

 

 

~保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園~ 『もりのくにHAPPY親子園』

いいね!してもらえると喜びます!

 

 

 

 

前回は保育園を創った理由やプロセスをお伝えしました

 

→親子園新設計画⑤ そもそも4年前、なぜ保育園を創ったのか??

https://ameblo.jp/happy--oyakoen/entry-12311597176.html

 

 

 

今回は、なぜ次は親子園を創るのか??

 

 

ちょっと熱くなるかもしれません 笑

 

 

 

そもそも 親子園? なんじゃそら!? と、きっと思うでしょうね

 

 

『保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園』

というコンセプトで

 

①親子で来れるカフェ 

②子育て応援ルーム(←これについては後日また)

③保育

 

がある複合施設になります

 

 

目的は・・

 

”子どもの成長のためにママパパの成長、支援をすること”

①世の中に幅広く3つのクレド(共感・肯定・承認)を発信し、親の子育て力を育む!

②子どもはもちろん、子育てママパパも楽しめる場所を創る!

③親がHAPPYになり、子どももHAPPYになり、笑顔の幸せ家族を増やす!

 

 

 

 

もう少し詳しくお伝えすると・・・

 

・親子で安心して行けるカフェ
・同じ子育てママパパの友達ができる機会
・子育てママパパの息抜きができる場所(一人も歓迎!)
・子供への良い言葉がけ、接し方が自然と知れる
・ママパパのスキルを披露できる場所(子育て応援ルーム)
・共感(そうだね)、肯定(だいじょうぶ)、承認(いいね)してあげる保育
・子供の園生活を親も見られる

 

 

になります

 

これまで世の中にない施設なので、言葉だけではイメージがつきにくいかもしれませんね^^

でもこの園に、私の夢がぎゅんぎゅんに詰まっているんです

 

 

さてさて、では本題のなぜ、そんな施設を創ることにしたのか!?!?

 

 

 

一言で言えば

”子どもの成長には、やはり一番親が大切”

 

ということに気づいたからです

 

 

 

話は遡り5年前に、幼保園

 

英語とマナーを遊んで学べるプリスクール幼保園
四日市の学童,子供英会話もあるプリスクール保育園 

 

を開園し、こんなことがありました

私が園にいた時のある日のことです

 

 

園では活き活きしたピカピカの笑顔で過ごしている園児

 

しかし、ママが迎えに来た途端に笑顔が消え、真顔になってしまう子がいました・・・

 

 

この時感じました

「やっぱり一番大事なのは親だな・・・」

 

 

園ではスタッフ達がしっかりしているので、良い子が育っていってくれていると私は思っています

(ちなみに良い子の定義は深いですが、親にとって都合の良い子ではなく、素直・元気・感情表現が豊かな子供と考えています)

 

 

しかし、園生活の中でそんな子に育ったとしても、一番身近な親が子どもにとって大事なことを分かっていないと、転園や卒園した場合、子どもは元に戻ってしまいます・・・

 

 

これではいけない!

その時感じました 親に対してのコミュニケーションが必要だなと

 

 

ですから親子園では、ママパパ(親)にレクチャーという大げさなものではなく、

 

子どもに対して大切な接し方、言葉がけを自然と知れる場所を作りたい

プラス、育児に悩んでいたり行き詰っているママを支援、息抜きの場を提供したい

 

そんな想いから親子園のコンセプトが生まれました

 

 

でも、そんな発想が生まれても、具体的にどんな園にしたらいいのか????

難しい・・・・

 

 

私は尾木ママのような評論家でも講師でもなんでもないので、講演やセミナーをしたいというわけではありません

ママ達が楽しみながら、自然と大事なことを吸収していく場所にしたい

 

それを何か月も何か月も考え、色々なプロとも打ち合わせを重ねながら少しづつ形になっていっています

 

まとまったのは

①親子で来れるカフェ 

②子育て応援ルーム

③保育

 

の3つの機能

 

この中に色々な仕組みを創っていっています

 

 

まだまだ決めることは山盛り・・・

 

慎重に慎重に、そしてワクワクしながら進めています

 

 

 

ではでは、次は実際子どもに対しての接し方って何なの?

について書いてみますね^_^

 

そんなに難しいことではないんですよ!

 

 

 

 

 

 

↓ポチッと押して私たちに元気を下さい!↓

 

 

 

親子園新設ストーリーをライン@でも発信しています

友達追加はこちらから↓

友だち追加

 

 

 

~保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園~ 『もりのくにHAPPY親子園』

いいね!してもらえると喜びます!

 

『もりのくにHAPPY親子園』さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス