『もりのくにHAPPY親子園』 2018年秋開園予定、四日市に【保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園】を新設までのストーリー

2018年秋、四日市に開園予定、①親子で来れるカフェ・②子育て応援ルーム・③保育を併設した、子どもはもちろん子育てママパパの支援・成長できる今までに無い新しい園を計画中!


テーマ:

↓ポチッと押して私たちに元気を下さい!↓

 

 

【保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園】 もりのくにHAPPY親子園

いいね!してくれると喜びます!

 

 

 

そもそも・・・

 

 

4年前、2013年5月20日に「もりのくに国際幼保園」を開園させたわけですが、元々カイロプラクティック院を長年やっている私が、なぜ全く違う業界である保育園を創ったのか!?

 

今回はそれをお伝えします

 

 

 

一言で言えば、“我が子が生まれたこと”がきっかけでした

 

 

 

話は少し遡り

 

26歳の時、カイロプラクティックを志し、いわゆる脱サラ

(そうです 大学を卒業してサラリーマン時代があったんです)しました

 

そして28歳(13年前)で、カイロプラクティック院を独立開業しました

その後カイロ院の経営やもろもろを勉強する中で、心理学も好きで少々かじっていました

 

その中で幼少期の過ごし方がいかに重要かも学びます

 

 

 

「三つ子の魂百まで」

 

 

という諺は知っていると思いますが、意味はご存知でしょうか???

 

 

そうです 3歳までの環境(主に愛情の量)で人格の99%が決まるという意味なんです

 

 

その時期に

どれだけ共感してあげるか?

どれだけ肯定してあげるか?

どれだけ承認してあげるか?

 

 

自己肯定感をどれだけ養ってあげるか!

 

自分で自分を受け入れてあげる、認めてあげること

これが自主性、前向きさ、行動力、他者への愛情等々につながる、大事なベースになることなんです

 

 

この辺をお話し出すと熱くなるので、HPをご覧下さい↓ 笑

 

英語とマナーを遊んで学べるプリスクール幼保園
四日市の学童,子供英会話もあるプリスクール保育園 

 

 

 

この大切なことを我が子に提供するのはもちろんのこと

 

 

しかし、世の中の子供達にも提供したい という想いが芽生えてきました

 

 

そして数日後、頭の中でパズルがカチッとはまった瞬間がありました

 

その手段が保育園だったんです

 

 

よっし! じゃ、やろう!!と決意

 

 

その後、幾多の山山山山山谷谷谷谷谷の連続でした 

開園するまで、そして開園してからも困難の連続・・・・。

 

 

 

周りに話すとよく言われるのが

 

”本書けるね”っと (笑)

 

 

もう思い出したくないくらいの数年間でしたが、スタッフ達の頑張りや周りの人達に助けられ、おかげさまで今は元気に生きています

 

 

もりのくにも社会の中で必要な存在になったかと思います

 

 

 

 

 

 

次回は

ではなぜ、今度は親子園を創ろうと考えたのか!? 

 

をお伝えします!

 

 

 

↓ポチッと押して私たちに元気を下さい!↓

 

 

 

【保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園】 もりのくにHAPPY親子園

いいね!してくれると喜びます!

『もりのくにHAPPY親子園』さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。