シーちゃん先生のメソッド、「早寝」「疲れさせない」「タンパク質多め」実践。

 

2016年6月妊活開始・・・携帯アプリで自己流タイミング法

2017年3月不妊専門治療院に通院開始 夫婦ともに各種検査問題なし

2017年6月~2017年10月人工授精5回・・・陰性

2017年11月~シーちゃん先生のメソッドを本格的に実践

2017年12月~2018年9月 タイミング・・・陰性

2018年10月 体外受精にトライ!!胚盤胞5個凍結

2018年11月~2018年12月 義父末期がん&義母サポート中のため妊活一旦お休み

2019年1月から凍結胚移植向けて妊活再開

2019年2月 子宮内膜が薄すぎるため、自然周期での移植延期

2019年3月9日 ホルモン補充周期。卵ちゃん移植完了

    3月23日 判定日→陽性

    3月30日 心拍確認

2019年6月中旬 安定期突入

 

 

お盆も過ぎて8月ももうすぐ終わっちゃいますねぇびっくり月日が経つのは早い!!

私も夫と一緒に私の実家に帰省をして、甥っ子ちゃんと姪っ子ちゃんとしっかり遊んできました。

今年はさすがに泳ぎませんでしたが、日陰より二人が楽しそうに泳ぐのを眺めるだけになりました。

お腹の子と同級生になる4月生まれの甥っ子は体重8キロにポーンポーンポーンポーン

首が座らなくて怖くて抱っこできなかった夫も、今回はしっかり首が座っていたので、抱っこができて、パパモード全開爆  笑爆  笑爆  笑

「あっかちゃん♪あっかちゃん、パパですよぉ~音譜酔っ払い」なんて歌いながら抱っこしてたのですが・・・

いやいや、あなたの子はまだお腹の中ですから。

 

さてさて、本題へ。先日7回目の妊婦検診に行ってまいりました。

現在26週で、いつの間にか予定日まで100日を切ってましたびっくり

 

前回の検診の時は763gだった体重も967gにしっかり増えて順調・順調おねがい

今カリフラワーくらいの重さらしいですデレデレ

 

胎動も日々強くなって来ていて、「うぉっおーっ!」と時々びっくりしてしまうほどのキック?パンチ?を繰り出してきますが、

私の分厚い皮下脂肪が邪魔して、夫がお腹に手を当てても振動がまだ分からない・・・笑い泣き笑い泣き笑い泣き

ブログを書いている今現在もお腹の中ではボッコボッコ動き回っているのに、

そんな強力な動きも遮断してしまう肉厚な私の腹が憎らしいえーん

 

さて、先日同僚から嬉しい報告がありましたゲラゲララブラブなんと現在妊娠4カ月で2月に出産予定ニコチョキ

なんと、うちの子と同級生だぁぁぁぁゲラゲラ

 

以前シーちゃん先生にリブログいただいたときに『呪われた職場』というタイトルだったのですが、

私は子供英会話学校で教室管理者&教師をしていました。

高校生も対象としていたので、最後の授業は21時に終わります。

そこから保護者対応や、事務作業をしていると帰宅時間は早くて22時。就寝時間は25時でした。

ほぼ3食コンビニだった時期もあるし、体に良いとは言えない生活を10年以上しておりました。

 

女性が多い職場ですが、上記のような生活では旦那さんと生活リズムが合わないため、

結婚しても辞めていくスタッフが多かったです。

今思えば、呪われた職場でスムーズに妊娠してたのは20代の若い先生たちばかり。

しかもハードな職場なので、教師職の若い先生たちは妊娠を機に辞めていくことが多かった。

30代ともなれば教室運営者側に回ることが多く、妊娠後も簡単にやめることができず、

責任感で仕事を続けて、流産を繰り返してしまうスタッフを何名か見てきました・・・。

流産の原因がすべて仕事のせいだったとは思いませんが、ストレスのない環境って妊娠継続に大切なんだって

その時につくづく痛感し、大好きな仕事ではありましたが、私は仕事を辞めて妊活に専念する決意ができました。

 

妊娠報告をしてくれた元同僚は私より10歳ほど年下なのですが、

生理不順で2~3ヵ月生理が来ないことがよくあると、妊活の話もよくしていました。

そんな彼女も今年の4月から仕事量の少ない教室に移ったところ、早くも妊娠!!!!!!!!

仕事量もそうですが、以前の職場では中心的存在で責任もあるポジションだったので、ストレスもあったとは思います。

新しく移った職場では、スタッフの人数も増えて仕事量も減るし、責任もその分、分担できます。

さすが、若いだけあって速攻妊娠に至るなんてびっくりしかも、7月で仕事を辞めて妊娠継続中。

 

私も彼女も無事に安産となりますように。