Never Ending Story / 坂本美雨 | オーダーメイドのお店/天然石工房POPiNSポピンズ モテアイテムLab

オーダーメイドのお店/天然石工房POPiNSポピンズ モテアイテムLab

天然石・半貴石・パワーストーンを使ったアクセサリーのお店です。完全オーダーメイドにこだわっています。これまで累計2万点以上の制作実績がございます。
パワーストーンの不思議な力に癒されながら女子力アップのお手伝いをさせていただいております。


テーマ:

 いつもご訪問いただきまして、ありがとうございます。

今週は坂本美雨ちゃんの“The Never Ending Story”を。

その前に、今週あったコトを。

今週、当店のモニターをしてくれている友だちが
けっこう自宅の近くに引っ越してきまして。


その際、久しぶりにゆっくり食事をしました。
僕にとっても約20日ぶりの休みでしたので、楽しい時間になりました。
ちなみに、僕らはアルコールは交えず本当に食事だけ。
近年、僕もアルコールを摂取する習慣がなくなっているもので。

 で、この友だち、近年急速に家族との関係が良くなってきています。
ご実家に帰省する度に、どんどん可愛く変化してきて。
知り合った頃は、いわゆる「可愛い」という雰囲気は希薄だったのですが、
去年あたりから「可愛い」雰囲気が出てきておりまして。
(服装とかじゃなくて)

 家族関係が良い関係に戻ってくると、
この友だちの口からも、家族の良いところ、
父親をリスペクトしている言葉が急速に増えてきていました。
もちろん、耳障りの良くない身内の自慢話とは違います。

本当にこの友だちのスピリチュアル的な成長度合いは
著しいもので、逆にコチラが教わることが増えているほどです。
いよいよ覚醒まで秒読み段階ってレベルにまできているように感じるこの頃です。

で、そんな会話をしているうちに彼女から

「次の夏至までには」
とか
「〇月の満月までにはワンネス体験できそうな・・・」
とか言葉が出てきた瞬間、彼女のハイアーセルフが
フラッシュのような閃光を放ちました。
それはハイアーセルフがその存在を示すものではなくて、
メッセージを含んだ閃光でした。


「満月とか夏至とか、そんなくくりぜーんぶハズしてしまうから!
なんなら、サプライズなタイミングで覚醒するように
変えてしまうかもよ~。」
みたいな彼女の言葉を否定するようなメッセージでした。

「なんかさぁ、〇〇ちゃんのハイアーセルフが
そのタイミングをぜんぶハズすってさ」
言われた彼女も最初はキョトンとしていましたが
「それ、本当に私っぽい。
そーゆーコト言い出すもん、私。。。」と妙に納得してました。


まぁ彼女には俗にいう小悪魔的なキャラというか
天邪鬼(漢字で表記するとエグ過ぎるなぁ)もあるようで、
それは自分自身がよく判っているみたいで。
「へぇ~、本当にそういう性格まで当たってるし、
そーゆーコト言いそう!

やっぱりハイアーと繋がってるんですね~」
と。

その閃光と友だちの結びつきというか
絆のようなモノは本当に美しくて
しかもお互いの阿吽の呼吸みたいなものも感じられました。

それは、見えないんだけど、美しいという表現しかなく、
同時にどこまでも気高い関係に感じられました。
損得とか喜怒哀楽とか、そんな思考が介在しない
ピュアな絆と言えばよいのか。。。


きっと人間と、その人間のハイアーセルフとの関係は
誰でも同じなんだろうけれど、
こうしてあからさまに実感できたのは初めてでした。

なので気づいたら涙が失禁したように漏れていまして。
この友だちの前で泣いたのは初めてだったかも知れないので、

彼女もびっくりしていました。

 僕もハイアーセルフとこの3次元の人間と
似たような要素を持ち合わせているんだなぁ。。。
と感じた程度でした。
その程度だけで涙が流れるくらいに感動していたのですが。。。


 いつもそうなんですが、高次からのシグナルを言葉に変換して
伝える時は、コチラ側が的確に言葉に変換しないと
メッセージの持つ本来の内容が伝わらないことがあります。
また的確に理解していないと、メッセージが意図する
真意も掴み損ねてしまいます。

この晩、僕が受けて翻訳したメッセージも
実に言葉たらずの翻訳でした。

つーか、僕に託すから・・・(汗)


 ところが昨日、クライアントさんと待ち合わせがあり、
電車に乗っていると、例の友だちのハイアーセルフから
再びメッセージめいたシグナルがやってきました。

僕の乗っていた列車は急行で、今下車して普通に乗り換えないと
待ち合わせの駅は通過してしまいます。
けれども、降りてきている繊細な波動は
そんな所作をしていたら読み取れなくなってしまう可能性もあります。
「あー、もう!」と思いながら、それ以上思うことも止めて
降りてきたシグナルに集中します。

「ワタシです。
いつもありがとうございます。

ワタシで、ワタシのハイアーセルフです。
ワタシが子どもの私に対して
思っていたタイミングをハズそうとしているのは、

小悪魔とか天邪鬼な質なんて原因ではないのです。。。」

「そりゃ、そーだよなぁ。。。」

「私(3次元の友だちを示しています)には、
ワタシ(友だちのハイアーを示しています)と再び繋がって
やがて本当の世界を知る時をずっと待ってきました。」


「なのに、イジワルとか天邪鬼な気質なんかで
私が真の世界に戻ってくるタイミングをハズしたりなんかすると思いますか?」


この辺りになって、僕が伝えた彼女のハイアーセルフのメッセージを
誤った受け取りをしてしまったことにに気づきはじめました。

「私はムダと思えるようなコトでも一歩は一歩として
原初に帰る糧としてきました。

そのムダとも思えることを私がしてきた間も
ワタシはずっと待ってきたのです。
なのに小悪魔なんて、あんまりではないですか?」

僕には非常に耳が痛くなるような、
そしてすごく申し訳なく思えるような

バツの悪い心地になりました。


そして斜め上を向いて時々独りで頷いている
一見挙動不審な僕をチラチラ見ているOLっぽい女性。。。

「見るんじゃねぇーよ!」(笑)


「ワタシは私に、わたし自身が世界や宇宙が創り出せるんだって、
そのキモ(キモとは言ってなかったけど)を芯から思い出してもらいたい
それだけなのです。」

「それを俯瞰できるようになったら、覚醒とかワンネスなんて
イヤでも起こってくるものなのですから。
なぜならそれ(ワンネス)さえ創り出せる私なのですから。


かつてのアナタもそうだったはず。


だから私が天体の動きに左右されるような気持ちから
そろそろ脱皮というか気づきに達してもらいたいのです。
それでワタシは私に対してタイミングはぜんぶ外す!と伝えたのです」


「それを、アナタや私はワタシのことを小悪魔とか天邪鬼とか・・・」


要するに、彼女のハイアーセルフが起こそうとしている事柄までは
メッセージによって読み取れたけれど、
そのアクションの原動となるハイアーの気持ちおいうか意思

までは正確には読み取れなかった。。。。ということです。

ハイアーにとっては、この3次元に肉体と思考を持つ私たちは
端末みたいなものなので、ハイアーの一部。

だから結びつきとか絆は固いのが当たり前なのですが、

改めてこうしたエピソードに触れると、
しばらく茫然としてしまいます。

 結局、本来下車するはずの駅を通過してしまい、
クライアントさんとの待ち合わせ時間に10分遅刻。。。

さて、やっと曲を。。。


もともとは、映画『ネバーエンディングストーリー』のテーマソングで
英国の元アイドル???リマールが歌って世界的に大ヒットした楽曲です。

  

 月日は流れて僕が40歳を超えたおっさんになった頃、
坂本龍一氏と矢野顕子さんの娘さん、坂本美雨ちゃんがカバーした
The Never Ending Story”がHONDAのCMで使われていたのを聞きました。

「わ~っ、、、リマールのよりいいかも!!!」

声の質の良いし、この若さでなんて表現力。。。
と感じ、あわてて音楽サイトでダウンロードしました。


風貌も、特に目元はお母さんの矢野顕子さんにそっくり。

また音楽的センス、声の質もお母さんに似ているところも多く。
先日の友だちのハイアーセルフとのコミュニケーションを
通して、この歌の歌詞がしっくりと感じている今日この頃。。。



Turn around
Look at what you see
In her face
The mirror of your dreams


Make believe I'm everywhere
Given in the light
Written on the pages
Is the answer to a never ending story


Ah


Reach the stars
Fly a fantasy
Dream a dream
And what you see will be


Rhymes that keep their secrets
Will unfold behind the clouds
And there upon a rainbow
Is the answer to a never ending story

Ah

Story
Ah


Show no fear
For she may fade away
In your hand
The birth of a new day


Rhymes that keep their secrets
Will unfold behind the clouds
And there upon a rainbow
Is the answer to a never ending story
Ah
Never ending story
Ah
Never ending story
Ah
Never ending story
Ah


振り向いてよ
見えるはずだから
彼女の顔の中に
君の夢が映し出されてる

信じてみようよ
僕はどこにでもいる
ページに書かれた
フレーズの中に隠れてたりもする
答えは果てしない物語に


星に届け ファンタジーよ飛んでいけ
夢を夢見て 君がこれから見るものを

詩の中にさえその秘密が隠されてるでしょう
雲の裏側でも広がってるもので
それは虹の上にあるはず

その答えは果てしない物語に
(Ah ah ah)

Story
 (ah ah ah)

恐れにとらわれないで
彼女が消えてしまうから
君の手の中で
新しい世界が生まれるんだ

Never ending story
 (Ah ah ah)


ニューモデル

py

限定6本
内径14cm
マラカイトがベースの混合石と水晶のシンプルブレスレット
プレアデス人の経験がある方は
ついつい微笑んでしまいそうになるかも知れません。
そんなブレスレット。
通称ニヤニヤ君


お問い合わせ・お申込みは

    ⇒コチラのフォームからアクセスして下さい。    


天然石工房POPiNSポピンズさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。