名古屋での塾生交流会の話、その①

浜松2期で同期の琴野未菜絵さんが持ってきた「わけるとわかるわけるくん」を体験してみました。

{5914EB2C-972A-49A5-8E8C-9757FB0C36FB}

3つに分かれている紙と、たくさんの図形。
これを自分なりにひとつ、ルールを決めて並べていくのです。

{C06E0CE6-8841-47F8-9B44-F4A37EBBC9B5}

1回目。
ポイントは左側のエスパルスカラー(←え)
黒はぼっち枠。

{23159DDF-9A62-4C81-9079-A23C9D2DE57F}

2回目。
単純に形で分けてます。
 
{28A37405-3955-477A-9A50-50BBE0C63880}

3回目。
暖色系と寒食系。やっぱり黒はぼっち(笑)

{86CAA235-AA90-4B29-87E6-8EA2BEEB2FC7}

最後は全部使わなくていい、という事でこんな感じ。同じものをひとつづつ置いてみました。

こんな感じで全部で4回、繰り返します。


ここからが結果なんですが……。



実は始める前に私はこんなことをしていました。

{5C783507-A121-4D5F-8474-02F0E2A7276A}

すべての図形を綺麗に並べていたのです。


こんな些細なところも琴野さんに見事に指摘されました。


きちんと整頓したいタイプ。
なおかつ物を増やしたくないタイプでもあります。


読書バカを公言しているだけに「家には本がいっぱいあるんでしょ?」とよく言われますが真逆です。


定期的に処分しないと落ち着かないのです。
物は出来るだけ増やしたくない性分なのも一発で分かってしまいました(笑)

ちなみに我がパートナーは物をストックしたい派。
洋服タンスの中はビッシリ詰まっているし、缶詰とかのストックがないと不安がる。
エスパルスのレプリカユニフォームや限定グッズも段ボールにいくつも取ってある。


ひとつ屋根の下に住む以上、お互いのクセを理解した上でいかに快適に暮らす工夫をしていくかを提案していきたい、と琴野さんは話していました。


これはよくできている!


子どもはもちろん、大人がやっても楽しい。
そして他の方の結果を見てニヤニヤ出来る(←マテ)
「そういう分け方もあるんだ!」って気づかされるし、個々の癖や思考がモロに出てくるから面白い。

自分ってどんなタイプ?と思った人はぜひ体験してみてください。



琴野さん、ありがとうございました!

{A3A65D60-2CC1-4D66-AF1B-915EE7EB04E5}

琴野家の王子さまとのツーショット。
会うたびに成長を感じます。
今日はたくさん遊んでもらえてよかったね。
また会おうね。





ホームページ「桜花帖」


TwitterInstagramやってます。
(フォローはお気軽に。フォロー返しいたします)