まず、昨日の記事について


たくさんの意見をありがとうございます。


私はボランティア活動は


自己満足活動だと 思ってます



誰に頼まれたわけでもなく


報酬があるわけでもなく


自分が、やらずにいられないから


手を出してしまう



そこに 喜びを見つける



苦しいだけの 

辛いだけの活動なら


とっとと辞めてるでしょう



「よく、やるよね、、

真似できんよ」と、知り合いや近所の人から


よく言われてる





道端で草むしりを ずっとやってる お婆ちゃんの姿をよく見かける


暑いのに、自分の敷地でもない歩道の草むしりをしてる 


お婆ちゃんは、きっとここを 通る人が気持ちよく通れるように、と自ら 進んでやってくれてるんだと思う


もしくは、自分がよく通るから気になって仕方ないのかも




理由は 聞かないから分からないけど


犬の散歩道でもあるから


ありがたいな、と思う




お婆ちゃんが草むしりするのは

市のふれあいバスが止まるメイン通りだけで


一本入り込んだ 通りの 歩道は やらない



でも、それを 誰も責めないし

強制することも 出来ない



お婆ちゃんは 自分ができる時に

出来ることを

自分の満足のいくように やってる



それだけのこと



私たちボランティアも同じ

自分の手に負える範囲での活動



関わるモノが命であり

心を持つものであるから

慎重にならないといけないときもある




ブレーキが効かずに


保護するだけ保護して



多頭崩壊を起こした ボランティアも

たくさん いて



そうなると 助けるつもりで始めたことが


回りに 迷惑をかけ


そして、そこにいる動物たちの命さえ危険にさらすことになる




犬には 性格とは別に 性質というものがある



単犬種レスキューというのを知ってますか?


自分が その犬種に 詳しくて


扱い方や、なりやすい病気などについても把握しているから


ケアも譲渡もしやすい


その犬種だけを 保護して ケアし

里親さんに 繋ぐ



たくさんの収容犬が処分が決まっても


他の犬種には手を出さない



それが、その団体のルール


誰にも 他の犬種も保護しろ!と言う権利はない




うちには たくさんの保護依頼がくる


個人ボラレベルの うちでは 手に負えない時に


回りのチームにヘルプを出すこともある



「雑種は無理だ」


「なついてない子犬は無理だ」



と、断られる事は しょっちゅうある




だからと言って、見殺しにするのか?!と

他のチームを責めたりはしない



ボランティアには 決まりがない



それを決めるのはそれぞれで



自分の生活を守ることが第一



それを崩さないように ルールを決め


線引きすることも 大切




それが 難しくて 無茶しすぎて

回りに助けてもらってるのが私なんだけど、、、



出来ることをやる




誰かに感謝されたいから、とか


誉められたいから やってるじゃない




自分が 諦めきれないから やる



そして、そこには


必ず 責任というものが ついて回る




命だから




例えば 目の前の収容犬が一匹で


その子を助けたら


もう、二度と 収容されてくる犬はいない


と 言われれば



その目の前の犬が どんな子でも


必死で保護するだろう



だけど、毎週毎週 何十匹もの 犬、猫の収容



繁殖屋からのレスキュー



猫のTNR


終わりが見えない現状で



むやみに何にでも手は出せない




あえて たくさんの収容犬の中から

和犬は選ばない


との 言葉に


和犬飼いの方は気分を悪くされたと思います



ごめんなさいね



そういいながらも


はぴねすには たくさんの 和犬を保護してます



そして、保護したからには



どの子にも幸せを繋ぎたくて 向き合ってます




ただ、多頭すぎる 私たちの自宅で飼育していくのに


和犬は 他の犬と合わなかったり


急に噛みついたりすることが あり



その都度トレーナーに相談したりしてたけど


和犬気質だから、と言われる事が度々

ご主人様には忠誠心が溢れてるけど


誰にでもフレンドリーで尻尾を振っていく子は


なかなか少ないらしい



それが、性質


全部が全部、同じではないと思うが。。。





それでも、保護した以上は メンバー間で協力しながら


ケアしていくしかない



目の前にたくさんの収容犬がいて



元気な若いきれいな柴犬と


シニアで病気で動けない雑種犬がいたら



私は  後者を選ぶ




なぜなら


何とか多頭の中でも 囲いを作ってケアできる!と思えるから



そういう意味での


【選ばざるをえない状況の場合は


あえて和犬を選ばない】との 文章



そこだけを 捉えて残念だとか言われても


私は じゃあ、どうすればいい?




人にはそれぞれ 出来ることと 


出来ないことがある



保護活動といっても


いろんな役割がある




うちの メンバーの すみぽん宅には

柴犬がいて 他の犬とあわないから

犬を保護することは できない

自分家の子を守ることが 第一だし


それでいいと思う


だから、はぴねすケータイを管理してくれて

支援物資の 受け取りの連絡などを 担当してくれてる



また、活動費を集めるために、フリマに参加してくれたり 


犬と直接関わらなくても


いろんな手助けをしてくれてる






「犬を保護できないなら 口を出すな」と

言われた事がある、と ある人が言ってた



それは 違う



私は 猫は飼えないから
TNRを 主にやってる



平日動ける人は 病院やセンターへの 送迎を協力してくれたり



トリミングで協力してくれたり



SNSで拡散して呼び掛けてくれたり



出来ることは 様々で


それに 大きいも小さいもない



出来ることを見つけて頑張ってる人がいるから


小さな力が大きくなってく


そう思う




明日   9/20(金)は チワワの ショコちゃんの

検査と避妊手術





私は平日は動けないから



今晩から 吉田さんの預かりメンバーさんが


預かってくれて


明日の朝 病院に連れてってくれるキラキラアリガトォ






ちっちゃな ショコちゃん


無事に手術が終わりますように。。。





手術が完了したら 


家族募集を開始します!




落ち着きなく


チャカチャカ動き回って


ねずみみたいな ショコちゃんウシシ



気が強くて、デッカイ ゆきにも 喧嘩を売るガーン



一匹飼いで 募集します流れ星


トイレはどこでもしちゃいます口笛


繁殖犬として、垂れ流しが当たり前の環境で
生きてきたからね~あせる


仕方ないニコニコ



ベッドから綿出して 振り回して遊んだり



元気一杯な お嬢様







よろしくね~ウインク