【家族になる日】

テーマ:


劣悪ブリーダーから 保護したとき

もう すでに 視力を失ってたワク



抱っこされることも

撫でられる手も

全てが怖かった ワク




でも  


ワクは 変わっていった


私の声を聞き


私の臭いをかぎ分けて






いつも 私のところに たどり着いてくれた




お布団が大好きで



気持ち良さそうに  


横で 眠る ワクの寝顔を見ながら




私自身が 幸せな気持ちをもらってたよ




『ワクに 会いたい』って言ってくれた

吉田さん宅には

少し人見知りの先住犬がいて

あまり、他の犬と遊ばない子だと

。。。。。。


では、どうして

何のために  2匹目を 迎えようと思ったの?


との、質問に

『うちの犬は マイペースで

あまり他の犬と遊んだりしない子なので

この子の遊び相手としてではなくて。。。

ハチャハチャした 元気な子より

おっとりした シニアの方が あってると

思うんです。


うちの子がちょうど 8才


同じ歳くらいの ワク

今まで 過酷な生活を強いられてきたワクの

これからを うちで のんびり過ごして

ほしいんです。。』と



先住ワンちゃんは、保健所の譲渡会で

最後まで希望者のなかった子だった。と


でも、家族みんなに愛されて

とても優しい穏やかな子に育ってる



1/7(日)

フラッティールームにて 面会

子供さん二人も、大の犬好きなようで

ランで、いろんな犬たちと遊んでる様子を見て


『ワクを迎えても、あんな風に遊んだり

一緒に散歩したり

犬らしい楽しみは ないと思いますよ?』

と、ママさんとパパさんに 言ってみた


『はいニコニコ  それでも、ワクが良いんです』

と。。。



『目が見えないから あちこちぶつかって

トイレも躾出来なくて、あちこちに

マーキングもしちゃうよ?

ウンチも、踏みまくって 毎日ウンチの

ブーツ履いてるよ。』


ワクを迎えると、おそらく一番大変になるだろうと思われるトイレについても




『トイレが できないのは

分かってることなので 全然問題ないです


ワクが いいんですラブ


と。。。



パパさんも、ママさんも

すごく すごく優しくて

ワクが 安全に過ごせるように

家具の配置、段差から落ちないように、など

ワクを撫でながら あれこれ話してる様子に

私は


有り難くて

嬉しくて………


泣きそうだったよ



1/20(土)

高速を飛ばし 三時間

長崎県  吉田さん宅へ到着


ワクは、後部座席でずーっと寝てた好


田舎の長閑な戸建てで


ウッドデッキから続くお庭には囲いがしてあり

天気のいい日は、そこで日なたぼっこが

できる ニコニコ

先住ワンちゃんが、どこでもくつろげる様に

あちこちに置かれたブランケット



玄関への飛び出し防止のゲート


先住ワンちゃんは いきなりやって来た

来訪者(犬)に ちょっぴり ビックリしながらも吠えることもなく

少し距離を開けて 様子を見ていた




ワクは 初めての場所なのに

お構いなしに アチコチ探索びっくり

怖くて固まるかなぁ~って 思ってたのに

動けてるのを見て ビックリあせるあせるあせる


気持ちのいいカーペットにゴローんって
してみたりおねがい


お姉ちゃんも  弟くんも  

ワクにすごく優しくてラブラブ



ママと パパは

ワクが思ったより動けてるから


『ここに、柵をつけて 危なくないように
しようか』とか


『水飲みの台が高いから  もう少し低く
しなきゃね』とか

ワクが過ごしやすいように、って考えてくれてて。。。


吉田さんも ワクも先住ワンちゃんも

みんなが 手探りの状態から始める

トライアル期間を開始らぶ②



ワクは 案外早く 慣れてきたようで

初日から 腹だし昼寝(@ ̄□ ̄@;)!!



食欲もあり

あちこちにぶつかりながら 家の中をずーっと

ウロウロするから

ワクがぶつかりそうな 場所には全て

スポンジを 巻いてワクの目に傷がつかないように配慮してくれてた涙きらきらきらきらきらきら



まだまだ、お散歩では 歩けないワク

先住犬あんちゃん との 散歩中に摘んで帰った

お花をプレゼントすると




「これ  食えるんかぁ~??」って パクッ



笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き


お天気のいい日は お庭で日なたぼっこし




雪の日も  初めての 雪遊びをしたよおねがい


冷たい雪に 嫌がることもなく

臭いをかぎ  踏みしめて感覚を楽しんだよ





最初の数日は  二階から降りてこなかった

先住犬あんちゃんも


少しずつ

ワクの存在を受け入れてくれるようになった



遊ぶこともせず

ただ そこに居る


それを 受け入れてくれるように

優しく見守ってくれてる あんちゃん




子供たちが 横で遊んでても

気にすることなく 昼寝出来るようになった

ワクラブ




夜は、ママと一緒に眠り


誰かの側に居たくて ついてまわり


お留守番用の サークルに入れると


誰か来て~!!!と ワンワン吠えるようにびっくり


その声に、お姉ちゃんが急いで行って

ワクをナデナデほっこり

そうすると 安心して眠るんだってWハート



『もう、私たちは家族のつもりなんですが

クリさんの思い描いていた家族の形から

外れてないですか?

うちで、いいですか?


最後まで 大切にすると 宣言します!』


ママさんより





先住犬あんちゃんとの 距離も


まだまだ 完璧ではないけど



一日 一日  を 一緒に 過ごしてる




ちょうどいい距離感が

お互いのバランスを保ってるのかも好



ワク



目が見えなくても






見えてるかの様に まっすぐに 見つめる




ねぇ  ワク


あなたに 見せてあげたかったよ




今  あなたの側にいてくれるのはね


あなたを すごくすごく愛してくれる


どんなときも 守ってくれる



【家族】なんだよ





【繁殖犬】 として 使われてきた日々には


想像も出来なかった 温かな毎日が

これから 続いてく




トライアル開始の日にちを

【ワクが 家族になる日】って

楽しみに待っててくれた 子供たちwハート☆



ワク




あなたが見つめるその先には


たくさんの愛情に溢れた家族の笑顔が 


あなたを優しく見つめてるんだよwハート☆wハート☆wハート☆





ワク  


はぴねす卒業 きらきらきら




吉田さん


ワクを 見つけてくれて ありがとうハート


吉田さん宅で どんどん 元気になってくワク


段差を登れなかったのに。。。

ソファーに 飛び上がれる様になって

『落ちないか ヒヤヒヤします!

怪我をしないように クッションを下に置いてますえ゛!汗汗汗』って  

ママさん 大慌てゲラゲラあせるあせるあせるあせる




ワクwハート☆



おめでとうラブきらきらきらきらきら



吉田さんより

支援金、フード、ペットシーツ、ウェットティッシュなど いただきました(´∀`o)

ありがとうございます!!


これからも


若返ってくワク便り 楽しみに待ってますハート