子どものためのストーリーマッサージ~ポジティブタッチフォーキッズ第1回目開催しました | シンプルに美しく暮らすための自然療法 横浜港北アロマ・ハーブ・フラワーエッセンススクール

シンプルに美しく暮らすための自然療法 横浜港北アロマ・ハーブ・フラワーエッセンススクール

横浜市港北区・アロマセラピー・メディカルハーブ・フラワーエッセンススクール「ナチュラルレメディスクール フランフルール」


テーマ:
記念すべき第1回目の「ポジティブタッチフォーキッズ」を開催しました。

「ポジティブタッチフォーキッズ」って、子ども同志で行うマッサージです。
主に相手の背中にいろいろな模様を描くように、やさしくなでるというもの。


子どもたちには1列に並んでもらい、前のお友達の背中をタッチ。
タッチする前には、必ず相手の了承を得てからです。


「せなか さわっても いい?」

「うん、いいよ笑顔


はにかんだ笑顔の、そんなやりとりがとっても可愛くて、大人たちもほっこりハート



てのひら全体でタッチするのが、一番気持ちいい。
道具も何もいらない、簡単で、楽しい。



こんな小さな紙芝居のなかの小さな物語と一緒に、触れ合うことの心地よさや楽しさ(=ポジティブタッチ)を子ども同志で分かち合うためのプログラムです。

子どもの心身の健全な発達に役立てるために、英国マッサージインスクール協会により考案されました。
ヨーロッパはじめ、世界中で普及されています。

タッチングの効果は、

・心とからだをリラックスさせる
・人から愛されているという感覚を得る
・自己価値を見出す
・安心できる環境がある自覚を促す
・集中力を高める
・質の高い睡眠を促す
・エンドルフィンを分泌し痛みを軽減する
・不安や悩みなどのストレスから解放する
・信頼関係を築く

など、心とからだの両面に好影響を与えることが研究でわかっているそう。



ジュニアの通う保育園でのチャリティイベントにて開催しました。
クラスメイトのママさんにもお手伝いしてもらって。

子育てって、自分の子どもだけでなく、同じ保育園のクラスメイトや、地域の子どもたちもみんな自分の子のように、一緒になってするものだと思います。

子どもも大人も、共にひとつの輪を創ることができたら・・
そんなことを願いながら、この活動を続けたいです。

このワークショップにて集まった代金はすべて「震災無償アロマケア活動COCORO」さんに寄付させていただきます。
プログラムを伝授してくださったアロマセラピストの安藤多希子さんのボランティアチームに協力しています。


ところで、この「ポジティブ~」。
聞きなれない言葉なので、ネーミングをちょっと考えなきゃな~と思いました。

次回はジュニアのクラスの子ども達と一緒に開催予定です。

植物療法家*秋山真理子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス