毎週、さまざまな婚活パーティに足を運んで

頑張っていますにこ

 

 

最近はいろんな趣旨の婚活パーティがありますね。

 

でもアラフォー女子となると、

参加できるパーティって限られているだなーと実感得意げ

  

 

婚活市場は、年齢重視の世界なので仕方ないけど、

悲しい現実をつきつけられているようで、トホホって気分になります。

 

 

 

そんな気分の中でも、

出会いをもとめて、

先週末、

「バツイチ・再婚者(理解者)向けの婚活パーティ」に行ってきましたよ。

 

 

 

都内某所、

参加者は男性が13人、女性が11人で、30代~50代後半までいらっしゃいました。

 

  

うーん、というか、やっぱりというか。

男性は全般的にご年配の方が多かったです。

 

女性は30代前半(子持ちの方も)~40代後半までって感じ。

 

 

無機質な会議室のような部屋で、

「回転すし」方式のお見合いパーティが始まりました矢印矢印

 

 

今回、わたしが面白い出会いだったな(というか、変わったキャラの男性)は、5人いらっしゃいましてにこ (5人もいるんかい!ニコニコ

 

 

今後のみなさんの婚活パーティにお役に立てばと思い、(役に立つかな?笑)

順々にご紹介いたしますね。

 

 

 

 

1 自称「医者」のアラフィフ男性。

 

  

背は160cmの小柄で、40代後半~50歳くらいの方でした。

プロフィールカードに「医者」って書いてありましたが、

完全にウソっぽいので、「あら?ドクターなんですか?」なんて聞かずスルーぶー

 

 

(というか、本物の医者だったら、医者専のパーティ行くと思うんですよね・・・)

 

 

話し方は快活で、趣味はゴルフ、スキューバなどアクティブ。

で、ぐいぐい質問をしてくるし眼光がするどい。

なんとなく(感ですが)怪しいような感じがして汗

中間チェックのとき、この方はわたしに好印象の○をしてくれていましたが、

わたしは×で出しました。

 

この方は、一見悪くなかったのですが、ここは「感」を信じてナシに。

こーいう選択も大事かなって思いました。

 

 

 

2  40 歳、バツイチのスポーツ系男性

千葉にお住まいの(というかこのパーティ、なぜか千葉、埼玉、茨城在中の人が多かった)

男性。

海系のスポーツが大好きだそう。

 

このパーティで唯一、良さそうな男性でした。

最初の1vs1のトークが3分ほどあるのですが、そのときの会話で

「僕、ウソが苦手で、女性にも誠実さを求めてる」って言ってたのが

好印象!

「私もなんです!お付き合いするにはやっぱり誠実なことって大事ですよね」

 

 

など、価値観の一致があって、「ちょっといいかもピンク音符」って思ってたんですが、

後半のフリートークのとき、私の席にはきていただけず、別の女性と楽しそうにトークされていました。

 

  

途中経過のファーストインプレッションの結果では、

この彼はわたしには○をしてないことが分かり、これまた残念な結果にダウン

 

  

でも最後のマッチングカードには(ダメもとで)この男性に○して出しました。

残念ながら、やはりわたしのことは選んでいただけず、その方は別の女性とペアになられてましたね。

 

 

この男性とペアになった女性ですが、とても印象的だったので3としてご紹介しますキラキラ

 

 

 

3 バタバタする女性

 

 

2の海好き男性とペアになった女性ですが、

入場前のトイレ、パーティー終了後のトイレ、帰りのエレベーター、

どの場面でも、なぜか一緒のタイミングになりました。

 

 

なぜ彼女が印象に残ったかといいますと。

 

ものすごい「バタバタ音を立てて行動する方」だったからですべーっだ!

  

 

一見、30代中盤のきれい系OL風なんですが

トイレのドアはバタンと音を荒げて閉め、トイレットペーパーは50mくらい引き出しているんじゃないかっていうくらいガラガラガラ~と引き出していて(笑)しかも紙巻くの早っ!

 

  

帰りのトイレでも、また同じタイミングでこの彼女と2人でトイレへ。

すごい勢いでトイレに入り、コンパクトをガバっと開け、ガシガシと化粧を直されていました。

  

外見の清楚さと、中身(というか所作?)荒々しい感じのギャップに、驚いたぁ~にひひ

 

基本、私自身、女性で元気な方や男っぽい方は嫌いじゃないんですが、

外見と所作があまりにギャップがあって、びっくり目

 

 

実はパーティが終了したあと、

この女性と2の男性がマッチングしてたって知らなくて、

帰り際、彼女に「今日どうでしたか?」って聞いたら

「はい!マッチングしたんですよ~ハート」と嬉しそうに話されていました。

で、待ち合わせてたのが2の海好き男性。

 

 

  

良かったねグッド!

ただ、同時になんだか複雑な気分にもなりました。

 

 

話が長くなったので続きますメモ