2021年4月12日

11時30分頃〜、

「牡羊座新月」

を迎えます。

 

 

牡羊座に月が、

土曜日から入っていたので、

すでに週末から、

フレッシュな牡羊座の強いエネルギーを

感じられている方も多いのではないかと思います。

 

「何か始めたい」

「新しくスタートさせたい」

「新しい私になろう」

 

と、そのための浄化やデトックス、手放しなどが、

少なからず起こっていたかもしれません。

どうでしょうか?

 

 

 

新月の詳しい星読みを

今回のブログではさせていただきますが、

牡羊座新月の「プチ・重要ポイント」

を先にブログにあげましたので、

こちらもぜひ、よかったら参考にしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

今回の牡羊座新月は、

 

太陽・月・水星・金星の4天体が、

「牡羊座」に密集しています。

 

 

牡羊座のエネルギーの純度がとっても高まる流れに

なっており、

牡羊座の

「エネルギッシュさ・スピーディさ・ピンとくるセンサー」

が強まっています。

 

何か、ピンときたこととか、

話が繋がっていくシンクロが、

もしかしたら起きやすくて、

そのシンクロから、新たな気づきが生まれることも

少なからずあるのではなかろうかと思います。

 

新月になる前の

先週も、太陽・水星・金星が牡羊座にあったので、

エネルギッシュなパワフルなモードはありましたが、

「キロン」という「心の傷」を表すポイントが、

今、「牡羊座」にあり、それぞれの天体がキロンと重なって

言っていたため、「少々しんどい」感覚があったかもしれません。

何かしら、過去であったり、過去世というものを信じる人でしたら、

過去世に関する記憶からの傷が、現実の世界でも現れてきて、

それをどうしたらいいのか?と悩んでいたりもあったかもしれません。

 

特になければそれでいいですし、

もしあって、気付くようなことがあったのであれば、

それは、自分の「心」が傷に気づいて、「癒す」ことを求めていて、

「癒すことで、傷を乗り越えていくきっかけ」を与えてくれている、

「癒すチャンス」であると、受け止めて、向き合っていただけると、

きっと、「自分の心」が喜んでくれると思います。

 

 

 

 

話がちょいとそれましたが、

きっと、このキロンを超えた先に、

 

 

「社会に私を打ち出す」

 

 

ことができるようになっていく流れなのだろうと、

この新月は感じます。

 

 

今回の新月のサビアンシンボルを見ていて、

牡羊座に天体があるのですが、

牡羊座の特有のうちなる衝動的な部分は感じられず、

それよりも、

 

「ゆったり自然体の私でそのままでいればそれでいい」

「ありのままの自分をそのままで満たされている」

 

ようなエネルギーを感じました。

 

 

太陽と月は、

 

牡羊座23度

サビアンシンボル

「重く価値があるがベールに隠された荷を運ぶ

パステルカラーの服を着た女」

 

・物質的、肉体的な暮らしの中で、

欲求の充足が完成に達する

・男性的な力と女性的な力の統合

・可能な豊かさを享受しようとする

 

 

MC(ホロスコープの頂点・社会的役割・達成)

 

牡羊座16度

サビアンシンボル

「日の入りに踊っている妖精ブラウニー」

 

・自然体でゆとりある生活を送る

・太陽の循環とともに生きる。

・自由で子供のように素朴な人柄。

 

 

 

満たされているような感じのエネルギーを強く感じます。

 

MCと水星はほぼ重なっていて、

「地道な作業を重ねて大きな目標を達成する」

「地道に夢を織る」といった内容であるので、

 

自分が心からやりたいこと、

子どもの時の何にも囚われていない、

純粋な気持ちでやりたいことをやると決めて、

地道にやっていくことが、この新月からの1ヶ月間は、

取り組んでいくと、結果にも出やすいと思います。

 

 

そして、

牡羊座にある天体が、

10ハウスにあるため、

 

この新月では、

「自分の社会的な役割」

「肩書き」

「お仕事全般」のことで、

 

自分の望み、こうなりたい、こうしたい、

こうやっていきたい、新しくスタートさせたいことを、

スタートさせると決めて動くこと。

 

そうすると、

スタートダッシュの追い風がとってもきやすい時期とも言えます。

牡羊座は、一番最初の星座で、

後先考えずに行動がある意味できる星座とも言えます。

 

まずは、

「スタートさせないと始まらない(当たり前)」

「やってみないと結果なんてわからない(私たちは神様じゃない)」

「まずやるという行動を出してから見えてくるものがある」

 

これが、牡羊座の純粋性です。

やってみなきゃ、本当にわかりません。

 

新しいことをするのに、

また、自分の個性を出すこと、

自分を出すことは、恐れも伴うでしょう。

けれど、その恐れも、1つ1つやっていくことで、

恐れの度合いも変わってくるし、

自分の中にある殻が破れていきます。

 

きっと、殻を破ることで、

今までの人間関係とかが変わったりとか、

手放ししないといけない部分も出てくると思います。

 

けれど、

人間誰しも、

「新しい私になっていく」

「新しく変わっていくことで、魂の純度が上がる」ものだと思います。

 

とどまっていたら、淀みます。

流れを良くする、風通しを良くする。

太陽と月に、木星が調和の配置で協力してもくれているので、

追い風も吹いているのは間違いがないです。

 

もしかすると、

「新しい自分」が生まれてくることで、

これまでの好きだったこと興味があったことが激変して、

大きく変わるようなことがあったとしても、

それはそれで、宇宙の流れなのです。

 

星々の配置が、

日々変わるように、

私たちの内側の宇宙も、

知らず知らずのうちに、

大きく巡って循環して変容していっています。

 

 

2021年は、

大きく物事が社会的にも動いていく流れでもあるため、

その社会の流れにとまどわず、

「自分軸」をはっきりとさせる。

「自分は自分」なのだと、

そう「自分」を社会に打ち出していけば、

きっと、その先には、「新しい私」と結ばれるご縁が待っています。

 

 

新月は、

次の新月までの約1ヶ月間に影響しますので、

社会的な役割・仕事の部分での気持ちの変化なども生まれるかもしれません。

それは流れでもあるし、

新月のタイミングで、「こうなりたい」「こうなる」と決めて、

動いていくことで、1ヶ月の結果も変わっていきます。

 

なので、

ぜひ、「新月」タイムを活用して、

自分の人生の舵取りを自分自身で行なっていってください。

 

 

 

牡羊座新月の星読みでした!!!

 

 

 

 

 

面白いことに、

個人的にも、

宇宙の流れとリンクしているのでしょう。

 

牡羊座新月に向かう流れの中で、

「自分の肩書きを新しくしよう」という

動きが出てきました。

 

気持ち的にもそうだったし、

流れ的にもそうなっていた・・・!

 

そういうわけで、

微妙に、「ブログタイトル」が今の段階で変わっています。

またその意味は伝えるとして、

 

「新しい肩書き」

「新しいツイッターアカウント」

 

などは、本日中にお知らせいたしますので、

新生・晴香もどうぞよろしくお願いいたします。