日本からアンコール時代のクメール芸術作品が、カンボジア国立博物館に寄贈されました。
このコレクションは、個人コレクションで青銅作品を中心に金製装飾品及び陶器からなる65作品(85点)です。
これらは全て弊店のギャラリーで扱った思い出深い作品ばかりで、この度ご寄贈のご相談を頂戴しご協力させていただきました。
 
文化芸術省長官、国立博物館館長とのミーティングの結果、2019年7月5日(金)にカンボジア国立博物館(プノンペン)
で公式に寄贈式典が開催されることになりました。
 
作品の運搬も、事故無く無事お届け出来き安心いたしました。