心の取扱説明書を手にしたら・・・ | 「今日」をもっと好きになるヨーガのレッスン

「今日」をもっと好きになるヨーガのレッスン

ヨーガの恩師から教わった知恵で、前向きに楽しく生きましょう!


テーマ:

自分の感情がどうしてこんなに揺れ動くのだろう?

 

どうしていつまでも過去のことをくよくよ考えるのだろう?

 

頭では分かっているのに、(切り替えようとしているのに)どうしてもやもやするのだろう?

 

そんな経験はありませんか?

 

 

心の取扱説明書があったらどうしますか?

 

私なら見つけた瞬間、買うでしょう。

 

その本をわくわくして開く。

 

その本はあまりにも専門的すぎて、言葉が理解できない。

 

そうしたとき、どうしますか?

 

本棚にしまって、いつか読み返そうと思いますか?

 

それともその本を理解できる人に、聞きますか?

 

自分の本当に知りたいことを、ストレートに聞きたくないですか?

 

 

 

私は今年2月から恩師の心の解剖学講座に参加しています。

 

月に1回、都内で開催しています。

 

 

参考にする図書は、ヨーガの経典:ヨーガスートラです。

 

ヨーガを深く知りたいと思った人は、もうすでに持っている方も多いと思います。

 

でも、完全に理解して自分の心に応用している人は少ないのではないでしょうか。

 

自分の理解できたところだけ、参考にする。

 

智慧がたくさんつまっているのに、もったいないですよね。

 

 

心の解剖学講座では、参加者の理解に合わせて言葉をかみ砕いて説明してくださいます。

 

分かった「つもり」では、終わりません。

 

何度も説明してくださいます。

 

それは今まで理解した言葉の意味と本質が違うからです。

 

智慧に触れると、感動します。

 

必ず自分の生き方に応用できるのです。

 

 

少しでも気になった方、リンク先のページだけでも開いてみてください。

 

あなたに必要な智慧が届きますように。

 

 

Hansini(Mayu)

hansini-yogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス