阪神ジュベナイルフィリーズの予想2018|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

阪神ジュベナイルフィリーズの予想2018|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

「第70回阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)2018」に関する予想やデータ分析を掲載。出走馬に関する情報や見解などお役立ち情報が満載!


テーマ:

12/10(日)阪神11R・芝1600mにて
《阪神JF》が開催されます。

 

 




2歳女王を決定するクライマックス戦。


桜花賞と同じ舞台という事もあり、
翌春に向けても注目の欠かせない一戦だ。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========
阪神JFの出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 サヤカチャン 54.0 逃 松岡正海
1 2 ラテュロス 54.0 先 北村友一
2 3 グリエルマ 54.0 先 小牧太
2 4 マウレア 54.0 先 戸崎圭太
3 5 ラスエモーショネス 54.0 逃 幸英明
3 6 マドモアゼル 54.0 先 松田大作
4 7 リリーノーブル 54.0 先 川田将雅
4 8 トーセンブレス 54.0 差 柴田善臣
5 9 レグルドール 54.0 先 高倉稜
5 10 ハイヒール 54.0 先 藤岡佑介
6 11 ラッキーライラック 54.0 先 石橋脩
6 12 ソシアルクラブ 54.0 差 福永祐一
7 13 トーセンアンバー 54.0 差 横山和生
7 14 ノーブルアース 54.0 先 鮫島良太
8 15 ナディア 54.0 差 四位洋文
8 16 モルトアレグロ 54.0 先 吉田隼人
8 17 コーディエライト 54.0 逃 和田竜二
8 18 ロックディスタウン 54.0 差 ルメール


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ロックディスタウン

新種牡馬オルフェーヴルの産駒で
新馬・札幌2歳Sと2連勝を飾っている。

初戦はスローの瞬発力勝負。

続く2戦目は持続力を求められる
一定のペースで流れるレースと
異なる競馬に対応出来たことは大きい。

無傷の3連勝で父オルフェーヴルに
初のG1タイトルを贈りたい。


ラッキーライラック

こちらもオルフェーブル産駒で
新馬・アルテミスSと連勝中。

前走は道中掛かりながらも勝利しており
能力はかなり高いと見ていいだろう。

負い切りでも気配は良化しており、
前走時より更に良い状態で走れそうだ。

2012年天皇賞(春)以来のG1制覇がかかる
石橋騎手にも手綱さばきにも注目。


ベルーガ

 

※骨折のため出走回避に。

新馬戦は札幌の1200m戦で圧勝。

前走のファンタジーSでは後方一気で
強烈な末脚を見せ連勝を果たした.

ともに上り最速の脚で差し切り勝ち。

今回の舞台となる阪神は直線が長く
末脚がさらに活きそうだ。

今年は無敗の重賞馬や連勝馬が揃ったが
父がキンシャサノキセキなら現時点での
完成度は見劣りしない。



⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ソシアルクラブ

母はあの名牝・ブエナビスタで
父はキングカメハメハなので馬自身の
潜在能力の高さは疑いようがない。

新馬勝ちの時計こそ遅いが、
直線は豪快な伸びでの差し切り。

センスのあるレースを見せている。

また、史上初となる母子3代による
同一G1制覇の記録もかかる一戦。


コーディエライト

キャリアはメンバー中でも随一。

既に4戦してして重賞2着が2度と
勝ち切れない戦いが続いているが
実績としては申し分なし。

持ち味は非凡なダッシュ力の先行策。

素質馬がずらりと揃ったこの一戦で、
キャリアをうまく活かし粘り込みを狙う。

 

 

マウレア

同じ舞台で行われる桜花賞を2013年に
制したアユサンの全妹という良血。

東京のマイル戦を2戦2勝と連勝中。

特に赤松賞では上がり33秒5の末脚で
鋭く伸びて勝利をものにした。

姉はこのレースで7着に敗れたが、
陣営は妹の完成度の高さを強調している。

同じ阪神の舞台で姉妹G制覇を目指す。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-1-1-4】
2番人気【1-2-1-6】
3番人気【1-1-2-6】
4番人気【1-1-2-6】
5番人気【3-1-0-6】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【0-2-2-26】
10番人気以下【0-2-1-87】


勝ち馬は全て5番人気内から。

6番人気以下の好走もあるものの
12年の3連単304万馬券以外は、
高くても6万馬券までとなっている。

基本的には波乱の少ないレースだ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【3-1-0-16】
2枠【0-1-2-17】
3枠【0-1-1-18】
4枠【1-1-0-18】
5枠【0-2-3-15】
6枠【1-2-1-16】
7枠【3-1-1-25】
8枠【2-1-2-25】


改修前までは外枠が断然不利な
コース形態だったが、

改善され直線が長くなった事により
能力が発揮しやすいコースに。

その為、現在はむしろ外枠の方が
結果を残すデータとなっている。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-10】
先行【2-2-2-31】
差し【7-5-6-61】
追込【1-3-2-48】


直線が長くゴール前に坂もあるため
逃げ馬は非常に厳しいコース。

基本的には差し脚質の馬が強く、
切れ味と持続力が求められる。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

牝馬クラシック第一弾の桜花賞と同じ舞台で
行われるG1であり、根幹距離のマイル戦。


しかも、昔の1コーナーシュートからではなく
向こう正面直線からのスタート。


この条件のせいか、ココで好走する馬は
流石王道を歩む馬と思わせる面々だ。


本番の桜花賞での結果は別にしても、
このレースまでの道のりは名馬のそれでありたい。


少なくとも、使い詰めの馬では
話にならないし、やっと未勝利を
勝ってきた馬では苦しい。


さて、このような前提条件がある以上、
結論が人気馬になるのは仕方ない。


過去10年の傾向を見ていくと
馬券に絡んだ30頭中26頭が前走連対だった。


また、残りの4頭は前走重賞で
掲示板を確保していた。


重賞ではアルテミスSとファンタジーSが好相性。


前走の距離は1800mだった馬が一番優秀。


このレースまで6戦以上のキャリアを
積んでいる馬の馬券絡みはない。


よって、6戦未満のキャリアで前走連対、
~~~~~~~~~~~~~~~~~
あるいは前走重賞で掲示板を確保した馬を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中心に予想していきたい。
~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【ロックディスタウン
==============

新馬戦からそのポテンシャルは輝いている。

前走の距離も1800mとデータもいい。


対抗は【マウレア
=========

同じ舞台で行われる桜花賞を2013年に
制したアユサンの全妹という良血。

東京のマイル戦を2戦2勝と連勝中。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ロックディスタウン
◯:マウレア
▲:ラッキーライラック
△:コーディエライト
△:サヤカチャン



データで絞れるので手厚く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSでも

最新の競馬ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m


テーマ:
12/11(日)に阪神11R・芝1600mにて
《阪神JF》が開催されます。





2歳女王を決定するクライマックス戦。


桜花賞と同じ舞台という事もあり、
翌春に向けても注目の欠かせない一戦だ。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


まずは出走馬を見ていきましょう。


=========
阪神JFの出走馬
=========


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 ディーパワンサ  差 シュタルケ
1 2 ソウルスターリング 先 ルメール
2 3 エムオービーナス 逃 木幡初也
2 4 レーヌミノル 先 蛯名正義
3 5 ポンポン 先 嘉藤貴行
3 6 ショーウェイ 逃 松若風馬
4 7 ブラックオニキス 差 城戸義政
4 8 サトノアリシア 先 池添謙一
5 9 ジャストザマリン 先 四位洋文
5 10 クインズサリナ 先 シュミノー
6 11 ジューヌエコール 先 バルザローナ
6 12 アリンナ 逃 田辺裕信
7 13 ゴールドケープ 先 丸山元気
7 14 スズカゼ 差 松田大作
7 15 フェルトベルク 差 川島信二
8 16 シグルーン 先 藤岡康太
8 17 ヴゼットジョリー 差 和田竜二
8 18 リスグラシュー 差 戸崎圭太


以上、出走馬18頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ソウルスターリング

14戦無敗で引退した英国の至宝
怪物フランケルの娘。

新馬戦、アイビーSを連勝。

無傷の3連勝でビッグタイトルを狙う。

勝てばフランケル産駒として
世界初となるG1制覇。

その資質は十分にある。


リスグラシュー

アルテミスSを快勝。

良血馬フローレスマジックとの
叩き合いを制し、レコード駆けした
未勝利の強さを改めて証明。

父ハーツクライから確実性のある
末脚をしっかりと受け継いだ。

今回は戸崎との新コンビ。

2歳女王の座につくことができるか。




ジューヌエコール

デビューから3戦3勝。

牡馬相手の新馬、ききょうSを完勝し
デイリー杯2歳Sでメンバー最速タイの
上がりをマークし重賞初制覇を決めた。

自在性のあるレース運びと、
鞍上の合図にすぐさま反応できる
競馬センスの良さが光る。

破竹の4連勝でG1獲りなるか。


レーヌミノル

小倉2歳ステークスを圧勝。

京王杯2歳ステークスでも2着と
存在感を見せてきた。

この馬の最大の武器はスピード。

叩いて状態面の上積みも十分。

距離延長には若干の不安が残るが
力を出し切れれば面白い存在。


ヴゼットジョリー

無傷の2連勝で新潟2歳Sを制し
重賞初勝利を遂げた。

3ヶ月の休み明けではあるが、
調教でのデキは上々。

ポテンシャルは高い馬なので、
無敗で2歳女王も夢ではない。

ただし、当日の馬体重は要チェック。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-2-1-4】
2番人気【1-1-2-6】
3番人気【1-1-1-7】
4番人気【2-1-2-5】
5番人気【3-1-0-6】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【0-2-2-26】
10番人気以下【0-2-1-87】


6番人気以下の連対が目立ち
波乱傾向の高い重賞。

1・2番人気の信頼度は低いが
単勝1倍台までいけば堅実。

また2・3着に大穴が来やすいので
人気馬→穴へ流す馬券の買い方が
最も期待値が高い。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【3-1-0-16】
2枠【0-1-2-17】
3枠【0-1-1-18】
4枠【1-1-0-18】
5枠【0-3-3-14】
6枠【1-2-1-16】
7枠【3-1-1-25】
8枠【2-0-2-26】


改修前までは外枠が断然不利な
コース形態だったが、

改善され直線が長くなった事により
能力が発揮しやすいコースに。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-1-9】
先行【1-3-2-32】
差し【8-5-5-60】
追込【1-2-2-49】


直線が長くゴール前に坂もあるため
逃げ馬にとっては非常に厳しいコース。

基本的には差し脚質の馬が強く、
切れ味と持続力が求められる。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


阪神ジュベナイルフィリーズは
阪神芝1600mで行われる。


このレースでは、逃げや先行よりも
差し馬の活躍が目立つ。


前走重賞を使い、好走した馬の
活躍が目立つ一方、前走未勝利戦を
使った馬はかなり苦戦。


過去10年で馬券に絡んだ馬は、
2008年のブエナビスタのみ。


また、前走OP特別だった馬も苦戦している。


そして、過去10年で前走が1200mだった
馬の馬券がらみがない。


穴馬の好走は重賞で実績がある馬や、
1戦1勝馬。


よって、上がりの速い脚があり、
~~~~~~~~~~~~~~~
前走重賞で実績がある馬を中心に予想。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~




本命は【リスグラシュー


前走はアルテミスSを快勝。

上がりの脚も確実にあり、
ここは本命に推す。


対抗は【ジューヌエコール


出た3レース全てで上りメンバー最速。

前走デイリー杯2歳Sも
上り33.6秒のの脚を使っている。


以上を加味した馬券戦略は

◎:リスグラシュー
◯:ジューヌエコール
▲:ソウルスターリング
△:ディーパワンサ 
△:ヴゼットジョリー


軸馬から手広く勝負してみたい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


【出典元】
・競馬ヘッドライン
【阪神JF予想2016】粒ぞろいのメンバーが揃った今年の牝馬は牡馬以上?


その他の競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、ブログ更新させて頂きます。


テーマ:
阪神ジュベナイルフィリーズ

以下は阪神ジュベナイルフィリーズの過去10年のデータである。2006年12月に阪神芝1600mのコースが新しくなり、内回りから外周りへと変わった。以下のデータは2005~2014年の期間のデータとなっており、変更前の内回りのデータも含まれております。予めご了承下さい。

⇒ 2016年の最新予想はコチラから(無料)

阪神JFの人気データ

1番人気  【2-2-1-5】
2番人気  【1-1-3-5】
3番人気  【1-1-0-8】
4番人気  【2-1-2-5】
5番人気  【3-1-0-6】
6番人気  【0-0-1-9】
7~9人  【1-3-2-24】
10人以下 【0-1-1-88】


阪神JFの単勝オッズ

1.0~1.9倍  【1-2-0-0】
2.0~2.9倍  【1-0-0-3】
3.0~3.9倍  【0-0-0-3】
4.0~4.9台  【1-0-2-1】
5.0~6.9倍  【2-1-2-7】
7.0~9.9倍  【2-2-1-8】
10.0~14.9倍 【2-1-2-10】
15.0~19.9倍 【0-2-0-11】
20.0~29.9倍 【1-1-0-15】
30.0~49.9倍 【0-0-3-20】
50.0~99.9倍 【0-1-0-38】
100倍以上   【0-0-0-34】


勝利数が一番多いのは3勝の5番人気の馬である。連対率が良いのは5番人気と1番人気の馬で、ともに40%となっている。単勝オッズも一番多いのは7.0~9.9倍で、ちょうど5番人気くらいのオッズではないだろうか。5番人気の馬は注意しておいた方が良いだろう。


⇒ 2016年の最新予想はコチラから(無料)

阪神JFの枠データ

1枠 【2-1-0-15】
2枠 【0-1-2-15】
3枠 【0-1-1-16】
4枠 【1-1-0-16】
5枠 【0-3-3-12】
6枠 【1-2-0-15】
7枠 【3-0-1-23】
8枠 【2-0-2-23】


阪神JFの馬番データ

1番  【1-0-0-8】
2番  【1-1-0-7】
3番  【0-0-1-8】
4番  【0-1-1-7】
5番  【0-0-0-9】
6番  【0-1-1-7】
7番  【0-1-0-8】
8番  【1-0-0-8】
9番  【0-2-1-6】
10番 【0-1-2-6】
11番 【1-2-0-6】
12番 【0-0-0-9】
13番 【2-0-0-7】
14番 【0-0-0-9】
15番 【1-0-1-7】
16番 【1-0-0-8】
17番 【0-0-0-9】
18番 【1-0-2-6】


勝利数は7枠の3勝が一番高く、馬番は13番の2勝が一番多い。旧コースから新コースに変わって初めのコーナーまでの直線が長くなったため、枠順の有利不利は以前に比べると少なくなった。大きくて緩いカーブがあるのでコースロスの少ない内枠が有利な一面もあるが、外枠馬が好走傾向にある。


⇒ 2016年の最新予想はコチラから(無料)

阪神JFの脚質データ

逃げ 【0-0-1-8】
先行 【0-3-2-28】
差し 【8-4-4-55】
追込 【1-2-2-44】


圧倒的に差し馬による勝利が多く、逃げは壊滅的に悪く、先行馬については連下までにあるが勝馬は出ていない。長い直線があることからも、後ろからの脚が使える、差し、追い込み馬には注目しておきたい。

阪神JFの前走データ

重賞 【3-6-4-66】
├ファンタジーS 【1-3-2-41】
├アルテミスS 【0-1-1-8】
├新潟2歳S 【0-1-0-1】
└函館2歳S 【0-0-0-0】

OP特別 【0-0-1-23】
500万下 【5-2-2-43】
未勝利 【1-0-0-12】
新馬 【1-2-3-12】


500万下の条件戦からくる馬が5勝しており、このレースの難しさを物語っている。2歳牝馬限定戦ということで、まだ若くてデビューして間もない馬がほとんどである。条件戦から進めてくる馬が多い。前走重賞組も強いが、重賞を走っているからと言って絶対的な信頼はおけないということを覚えておこう。


⇒ 2016年の最新予想はコチラから(無料)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス