今朝起きたらシンガポールのヘイズの数値がダダ下がっていたびっくり 

 

健全までもう一歩、くらいの数値!

 

 

うっそーんビックリマークと思ったものの、確かに窓の外を覗くとここ数日よりは少しマシで、ちょっと離れたビルも見えるし時折日差しも見えるようになってきたではないか口笛

F1も迫っていることだし、ついに何かしましたか、シンガポール!? 

 

一方、インドネシアの山火事情報をNASAのデータで見てみると……


13〜14日の状況に比べて

 

 

 

16〜17日には燃えている面積が減りはじめている模様アップ

 


そして今朝の最新情報。

 

 
メラメラ消えてきているのか!? 
 
とはいえ、まだ陽射しは明るいものの、午後になってまた煙ってきた気もする。
風向きの問題なのか(NASAのデータの青い線が気流)。 
 
F1を国を挙げて盛り上げているシンガポールは、開催期間中、雨が降らないように雨雲をミサイルで散らしているなんて話も聞く。開催前に海の上で人口雨を降らせてヘイズを落ち着かせるなんてこともやってるんじゃなーいえー 
 
人工降雨に使われる雲にはヨウ化銀が使われることが多く、これがまた人体に有害だという話も聞く。 
ヨウ化銀の害と、ヘイズのPM2.5の害、あなたはどちらがいいと思いますか?
って、どっちもやだってのプンプン