ハノイDE色鮮やかノスタルジックSHOW@The Quintessence of TONKIN2 | 《駐妻はじめました☆》inベトナム★ハノイ

《駐妻はじめました☆》inベトナム★ハノイ

ご来訪ありがとうございます!
ベトナムはハノイに生息する新米駐在妻hanoco*です。
グルメ情報、旅行&観光情報などを中心に、ベトナム&駐在妻あるあるや文化まで
幅広〜くお届けできたらと思います♪
コメント&ご質問大歓迎!お待ちしております。


テーマ:

こんにちは!

 

今日は昨日の続き・・・

ハノイから車で1時間、タイ寺のある小さな村でしか見ることのできない、壮大なベトナミーズエンターテイメント"The Quintessence of Tonkin(トンキンショー)"を楽しむ方法についてのレビュー記事でございます。



▼音と光の溢れるエンターテイメントショー

{1ABF8970-3B08-4665-851C-E28D6FBDFC48}

{2A745A5C-CAAF-415B-927E-FB9CF387783F}

{C8012A5E-DC10-4F56-B806-A2ADA3392486}


 

 

▼何?なんの話?

 


さて、早速このトンキンショーを楽しむためのノウハウをご説明していきましょう。


まずはチケットについて。

チケットの種類はプラチナ・ゴールド・シルバーの3種類。
更にご希望でディナーをつけることができます。


チケットの種類ごとの座席は以下のようになっております。


▼座席表
sitsmallsize.png
(※『The Quintessence of Tonkin』オフィシャルサイトより)


チケットランクごとに大きくエリアが分かれているだけで、あとは自由席。到着順に係員の指示に従って座っていくスタイルです。

どこのシートを予約するかは、予算と気合、楽しみ方次第。
ただし1点だけ気をつけるべきことが!!

 

 

それは天候!!


こちらのトンキンショーは屋外開催となるため、予約した日が悪天候だと少々大変なことになってしまいます。


もし公演当日が小雨の場合は、雨天決行。
大雨など止むを得ず当日の公演がキャンセルされる場合、チケット購入者の方は別の日程に振り替えすることになるそうです。

別日程に振り替えなければならない時は仕方ありませんが、雨の中屋外席に座り続けるのは結構しんどい・・・特に冬場は晴れていても冷たい風がぴゅーーっと吹き抜け、なかなか過酷な環境でございます(パフォーマーは水の中だからもっと大変だろうけど)

その点プラチナシートは安心。
プラチナシートは唯一屋根がある席なんです。
寒さはどうにもなりませんが、雨はしのげる唯一の席でございます。

 

ちなみにゴールドやシルバーの席には屋根がないのですが、雨の場合はレインコートが配られるそうなので、一応困ることは無さそうです・・・。
ただ、冬場は本当に冷えるため、お風邪など引かないようにご注意ください。


一方、プラチナシートのデメリットはステージから一番遠いこと(プラチナなのに!)。
高いところから眺められますし、プラチナエリア内は基本最前列の一列のみなので視界を遮るものもなくステージ全体を見渡せますが、パフォーマーの表情や詳細までは肉眼で見ることができません。
間近でパフォーマーたちの息遣いを感じたいという方は、ゴールドかシルバーで早めに会場入りされるのが正解。
ゴールドやシルバーシートは屋根はないもののステージに近いのが最大のメリットです。
 

ちなみにゴールドやシルバーのエリアは広いため、前列後列などの差がありますが、観覧席はスタジアムのように段差がありますので「前のお客さんの頭で見えない!」ということも無さそうです。


次にディナーについて。


オプションで付けられるディナーは、トンキンショーが行われるステージのすぐ側にあるリゾートのレストラン(室内)でいただけるスタンダードなベトナム料理のコースです。

リゾートと言っても、そこはベトナム(更にハノイ寄り)。

あくまでちょっと落ち着いた雰囲気のヴィラ?みたいなお家で定番の食事がいただけるくらいに思っておいたほうが良いかもしれません滝汗

 

ちなみにお味ですが、普通に美味しいです。

あくまで「普通」ですがニヒヒ

 

▼建物内は清潔で落ち着いているレストラン

{B70B960A-5818-412E-A53B-08777F4D1B0F}

{DA4ADD27-D76F-4769-8BDE-A876FCFFDA16}

{C33737A3-4CB8-49C6-82A4-959E3F549A85}



 

 

※トイレも綺麗です。

 

 

▼お料理のコース

{CBF49C90-A9A0-4FCA-BA20-B6800A43A674}

 

(しれっとオススメされるドリンクは別途請求。)

 

また、せっかくのオプション料理、雰囲気を味わいながらゆっくり食べられるかというと・・・そうでもない笑い泣き


ショーの開始時刻は夜8時から。
ハノイから会場へのアクセスが不便なことから、現地で食事がいただけるのは大変便利です。

でも、交通事情などによりレストランへの到着が遅れると食事時間はかなり短くなってしまいます。
特に後ほど紹介するハノイ17:30発のシャトルバスに乗ると、渋滞に巻き込まれて食事が慌ただしくなってしまうんです(涙)

 

なので、時間に余裕があるなら早めごはんなり軽食なりをハノイで済ませてからシャトルバスを利用し、オプションの食事なしで会場に直行するのが一番心に余裕ができるかもしれません(ただし、会場での待ち時間は長くなります)

 

ついでに言っておくと、レストランスタッフが「ショーが始まるから急いでね」などと言って回っていたのですが、言われたときには時すでに遅し。

なんか、ちょっと遠くで太鼓か花火みたいな盛大な音が聞こえてますがな笑い泣き

そして、「レストランからショーの会場までは電気自動車で送るからここで待て」と言われるも、待てども待てども来ない車。

 

イェス。

ヴィエットナーム笑い泣き笑い泣き

 

待ちきれずに歩いてみれば、会場はレストランと目と鼻の先。

既に真っ暗になってしまった会場内をうろうろしながら席につくも、大事な大事なオープニングを見逃してしまいました笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

そんな訳で、「ステージ前にゆっくりご飯が食べたい」・・・というのは難しいかもということを承知の上で、さらに旅行の日程やお子さんの有無などご自身の状況と照らし合わせた上でオプションディナーの有無を決められると良いと思います。


最後にアクセスについて。
このトンキンショーが行われているのは、ハノイから車で1時間ほど離れたところにある小さな村。
行き方は割とシンプルですが、車のない方が自力で行くには少々大変です(ついでに、大多数のタクシー運転手も住所だけではたどり着けないと思います)。


しかしご安心を!!


こちらのトンキンショーでは、ハノイの市内中心部にあるハノイタワー(49 Hai Ba Trung)から無料シャトルバスが出ております!
シャトルバス利用をご希望の場合は、公演日の二日前までに予約しておく必要がありますのでお忘れずに!
特に帰りはタクシーを捕まえるのも難しく、多くの方がシャトルバスを利用しているようでした。
会場からハノイタワーに帰る途中のルート上であれば途中下車も可能ですので、とても便利ですよウインク


その他、ショーの詳細・チケット購入については、下記のオフィシャルサイトやFacebookページを御覧ください。
オフィシャルサイトでは日本語も選べますし、問い合わせには迅速かつ丁寧に対応してくれます。

 

バラThe Quintessence of Tonkin(オフィシャルサイト)

バラFacebookページ

 

なお、チケット購入時に必ずしも日にちを決めておく必要はありません。先にチケットだけ購入&受け取っておいて、後日電話やメッセンジャーを通して日にちを確定することができます。
(我が家も日取りが決まらなかったので、事務所で白紙のチケット購入のみ行い、後日メッセンジャーでチケットの写真を送って日時やらシャトルバスやらの詳細を決めました)

また、チケットの受け取りはハノイ市内にあるハノイタワー(49 Hai Ba Trung)にある事務所もしくは、当日の夕方にシャトルバス利用者の集合場所(ハノイタワー1階)にて。

 

一見ハードルの高いトンキンショーへの道のりですが、スタッフも親切、シャトルバス利用で楽々現地入り☆ができちゃいますので、どなたでもお楽しみいただけると思いますキラキラ
 

 

それではまたグラサン

 

 

ぽっちり応援いただけると

やる気スイッチまで近づく気が致しますニヒヒ

↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ

 

 

インスタ始めました。

 

 

hanoco*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス