ハノイDE色鮮やかノスタルジックSHOW@The Quintessence of TONKIN1 | 《駐妻はじめました☆》inベトナム★ハノイ

《駐妻はじめました☆》inベトナム★ハノイ

ご来訪ありがとうございます!
ベトナムはハノイに生息する新米駐在妻hanoco*です。
グルメ情報、旅行&観光情報などを中心に、ベトナム&駐在妻あるあるや文化まで
幅広〜くお届けできたらと思います♪
コメント&ご質問大歓迎!お待ちしております。


テーマ:
旅行でいらしても生活してても、大変残念なことにエンターテイメントの少ないハノイ・・・。
 
で・す・が!
最近、大変限られたものではありますが注目すべきエンタメショーが楽しめるようになって参りました!!
 
まずはホーチミンの一押しのアクロバティックショー"AO Show"
竹一色のアクロバットショーかつ、ストーリー性も情緒も楽しめるhanoco的おすすめ中のおすすめが"my villege"です。
昨年、このカンパニーが遂にハノイにも上陸しました。
大道具も小道具もほぼ竹という、なんともベトナムらしい演出に加え、普段なかなか入ることのできないオペラハウスで鑑賞できてしまう美味しいとこ取りなエンターテインメントです。
 
またハノイ版シルクドソレイユとも言われる"ionah"もオススメ。
こちらは少々現代的な雰囲気で、「HANOI」をひっくり返した名前「ionah(イオナ)」という少女の心の旅を描いたアクロバティックショーで、デザイナー力作の衣装や舞台装置の数々に映像効果を絶妙に組み合わせた必見のステージとなっています。
(詳細は過去記事を御覧くださいませ)
 
 
そして、もう一つ。
素敵な素敵なエンタメショーがございます。
 
それが"The quintessence OF TONKIN"
(ザ・クインテッセンス・オブ・トンキン。以下、トンキンショーと呼ばせていただきます。)
 
こちら、Facebookから拝借したお写真!(許可をいただいています)
 
▼水!?
{957A41BB-9B42-411F-9903-5F5FCEB7C3AD}

 

まず目に飛び込んでくるのは、暗い舞台に浮かび上がる幻想的な舞台!

そして足元には・・・一面に広がる水!?ポーンキラキラ

 

▼幻想的な舞台装置

{4D3E0AF9-BEC6-48EE-9E34-B11A4824E8BC}

 

▼しかも悩ましい曲線美がそそるダンス?

{96FA8EDC-483D-411D-9FA9-EFA64322AB81}

 

▼楽しそう!

{CBADC382-B853-4359-8D96-41DC84CC3B6B}

 

 

▼華やか!

{D7A468F0-BB85-4B6D-B7F9-1F554F9C6587}

 

 

すごい!

観たい!!

 

そんなわけで、行って参りましたのでレポさせていただきます。

 

 

▼壮大な屋外ステージで繰り広げられる世界
{5BD176E4-E5AA-44C2-9CC4-907C456159CB}
 
 

先ほども申し上げたとおり、眼前に広がるのは真っ暗な湖に浮かぶ幻想的な光・・・。

このトンキンショーは夜間限定の公演となっておりまして、背景は本物の山、そして巨大ステージ一面に張られた水が色とりどりの光を映し出し、無限に広がるイメージを与えてくれます。

 

このトンキンショーでは、タイ寺というこのエリアにあるお寺の歴史をモチーフにした物語を、詩・宗教(仏教)・ノスタルジア・音楽と描写・喜び・祝祭といったテーマで表現しているそう。

 

次々と移っていくシーンは、"Ionah(イオナ)"のように具体的なストーリーを楽しむというよりは、古のベトナムを巨大な絵画のように楽しむといった印象です(ストーリーとか言葉が分からなくてもなんとかなる)。

 
湖に浮かぶ小舟がゆったりと進んで行く姿や、その湖を囲む人々の生活。
ベトナム科挙に挑む若者たちのパフォーマンスに科挙合格者が故郷で錦を飾る姿。華やかな朝廷・・・。
そして豊かなベトナムの自然にコミカルな水上人形劇。
 
どれもこれも私たちが、そしてベトナム人自身が思い描く古き良きベトナムの姿を現代的な演出で楽しむことができちゃうわけです。
 
 

▼自然と人の営みを表現する壮大な舞台

 

{6FA85AD8-DAED-4A75-81E0-B124D1C44775}
 

 

 
▼どどーんと現れる水上人形劇の舞台
{DB09D99F-90FF-41D9-97B4-B3083EDF964E}
 
▼幻想的です・・・
{5C97F425-3330-4DD1-BF6B-B44001EA2D63}
 
▼こんなことができるのはこの舞台ならでは
{381FBDBE-1F7A-4E72-AD48-2160495BF76B}
 
ベトナムの伝統的な衣装を身にまとったダンサーたちが、昔ながらの道具を使ったパフォーマンスを見せてくれるのですが、こちらのトンキンショー、プロのダンサーに加えて地元の農家や子供達がたくさん出演していることも注目すべきポイント。
よくよくパフォーマンスの内容を見ていると、何か持って歩いているだけという誰でもできそうなものだったりするんですが(笑)、この地に住まう普通の人たちが出演していると思うと、なんとも想像力を掻き立てられます。
 
 
▼地元の方々がたくさん関わっています
{5550C591-BCD2-4CE2-A825-EE7E30596E4F}
(ステージ前の出店にて)
 
セリフや音楽は別途レコーディングされたものを使っていると思われますが、屋内では到底不可能な壮大なステージは必見でございます。
 

さて、このトンキンショーは少々ハノイから離れた場所で上演されています。

チケットの種類は3種類。更にご希望でディナーをつけることができます。

 

・・・と、また長くなりそうなので、ディナーについてとチケット購入・アクセスに関するお話は次の記事にて!

 

待ちきれないという方はHPまたはFacebookを御覧ください。

 

バラThe Quintessence of Tonkin(オフィシャルサイト)

バラFacebookページ

 

 

それではまたグラサン

 

 

ぽっちり応援いただけると

やる気スイッチまで近づく気が致しますニヒヒ

↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ

 

 

インスタ始めました。

 

 

 

 

hanoco*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス