ハノイDE SEX&the CITYごっこ@ヒルトンホテル×LOTTEホテル | 《駐妻はじめました☆》inベトナム★ハノイ

《駐妻はじめました☆》inベトナム★ハノイ

ご来訪ありがとうございます!
ベトナムはハノイに生息する新米駐在妻hanoco*です。
グルメ情報、旅行&観光情報などを中心に、ベトナム&駐在妻あるあるや文化まで
幅広〜くお届けできたらと思います♪
コメント&ご質問大歓迎!お待ちしております。


テーマ:
こんにちは!

再び、大変お久しぶりでございます。
なかなか心身共に休まらなかった昨年…(よく覚えてないけど)いろいろ起きて年末年始も体調を崩し、ついでにハノイ四年目にして初のハノイ病を発症しておりました。

私にとって年越しは鬼門なのかもしれません(笑)

ブログについても、せっかくいただいた執筆のお話にしても、正直どうにも調子が出ませんです。
でも、先日、一年ほど前にスライドしてしまった尊敬すべき戦友的な友達とLINEをしておりまして、「停滞したブログって、溜めに溜めた宿題見てるみたい」というような言葉を聞いたら…本当にその通りだなぁ…と。何かがストンと。
私だけじゃないよね☆と。


何事においても言えることでしょう。
私の場合…ブログや執筆の手が止まる時、その理由はまぁ色々あるんですが、書かないこと自体も更に手が止まる原因に。
溜めてしまった宿題をどうにもできずに見て見ぬ振りをする…それがまた更に積もっていくのを横目でやり過ごしながら、実は更なる心の重荷になるといったサイクルが生まれてしまいます。
更に、それをまたちょっと離れたところでボーっと眺めてるような感覚といいますか。

別に仕事ではないので辞めちゃえば良いのですが、私にとってブログはもう人生の半分以上付き合いのあるツール。
SNSの原型とも言えるガイアックス時代からカウントすれば既に20年続く習慣です💦
依存症とまでは行かないと思っていますが、こんなに1つのことが続いているのは生来の悪癖以外ありません。
しかも、このハノイブログは本当に沢山の方に応援していただき、また新しいチャンスもいただき、自分にとってとても大切なものになってしまいました。

一方で最近は本当にさまざまなSNSや媒体が浸透し、「今更ブログ?」と言われてしまうことも無きにしも非らず。
「ブログなんてやって生意気ー。うざいー」とか思われてないかななんて思いが常に付き纏う一方、ハノイはどんどん便利に、そしてオシャレに。
存在価値を見直さずにはいられません。


でも、そう簡単にペッと捨てられそうにもありません。

なので、ちょっと、いえかなり古いお話も入ってきてしまいますが、溜め込んだ重荷を1つずつ減らしながら、これからの在り方のようなものを考えてみようかと思います。
それをしないと、せっかくの最新ニュースもお伝えできず、何故か前に進めないのでございます。

誰に言ってんの?とか言われそうですが、自分に言っておりますニヒヒ
そんな感じです。


さて、早速前置きが長く、なんかもったりと重たくなってしまって失礼いたしました滝汗


そんな訳ですので、この3年越しの宿題棚卸し作業をさせていただきます。
ちなみに本日の記事、実は一年以上も前に書いた下書きの流用なんですが…
状況や思っていることは大して変わってない…いやむしろ悪化していることに気付く今日この頃。

話題は、何故かハノイの真ん中DE SEX&The CITYごっこ❤️

以下、(ほぼ)無修正にてお届けします。


↓  ↓  ↓


ここ最近、ひどいんです。
 
仲良くしてくれていた友達が、、尊敬していた先輩方が・・・みんなして帰国(またはスライド)していくんです。
 
おかげで、送別会の嵐。

 
別に、また会えると思うんですけど、これでまたhanocoさんのハノイぼっち率(もしくは引きこもり)が加速しそう。
 
 
今日は、そんな友達との思い出作りに・・・ハノイでSEX&CITYごっこなぞしちゃった時のお話です。
 
別に、何をするわけでもないんですが、同世代の女4人で色々と積もり積もる話でもしながら、ちょっとリア充漂わせる場所で贅沢しちゃいましょキスマーク的な。
 
 
まずは。
 
 

 
▼一流ホテルでアフタヌーンティーなぞ。
{9877DA6D-1EC1-4E12-8F1A-80C99C520534:01}
 
 
さて、問題です。
こちら、どこのティーセットでしょうか?
 
 
 
答え:Hilton Hotel Opera
 
 
ヒルトンホテルです。
 
ハノイでアフタヌーンティーをするなら、とりあえずメトロポールホテルのLe Clubをオススメしちゃう私。
 
こんな贅沢はしょっちゅうするものではないですし、外したくもない。
せっかくなら雰囲気重視で
あと、シェラトンホテルのもなかなか種類豊富かつお味も美味しくておすすめです。
 
ちなみにこの時は、「メンバーみんなが行ったことのない所に行こう!」とまとまり、ハノイど真ん中にあるHilton Hotelのアフタヌーンティーにトライしてきました訳でございます(一年前でさえ、今ほど選択肢無かったのよね)。
 
 
日本人観光客の宿泊先としてもメジャーなホテルですので、ちょっとは参考になるかもしれません(^▽^;)

アフタヌーンティーセットは、4人で2セットオーダーしてシェアしてみましたよチュー

 
▼フィンガーフード多めのセット♪
{B706BAF6-749C-41DC-837B-E25F7EDA7ADA:01}
 

甘いものよりしょっぱいもの派としては嬉しい限り。
揚げ春巻きも入ってちょっとベトナム風です♡

お味もハノイにしてはなかなかですが、お値段とか雰囲気とかを総合的に考えると・・・リピートは微妙?といった印象。
 
立地的にとても便利なので、どなたかお泊まりしている場合は使いますが、以下の点が気になります。
 

場所:エントランスホールで落ち着かない
※ついでに冬は通り風が寒い
お値段:まぁまぁする
お味:まぁまぁ…
 

まず場所。
これは雰囲気にも大きく関わります。
ヒルトンのアフタヌーンティー会場は色々な人が出入りするホテルのエントランスホール。
 
カフェブースとして他と区切られているわけでもなく、冬場は扉の開閉で冷たい空気も入ってきてしまいます。
さすがの5つ星ホテルとあってスタッフの対応はなかなか良かったんですが、テーブルセットも含めて特別感がちょっと足りないかなぁ・・・?と。
 
それから個人的な好みの問題ですが、ティーセットも都会的なシンプルデザインはこの場合好みではなくて(笑)
思いっきり明るい緑あふれるテラスだったり、この上なくムーディーな空間だったらこのシンプルさはモダンに決まると思うんですが、ちょっと年季の入ってしまったハノイのヒルトンとオレンジ色のソファでは古くさの方が際立ってしまうような…笑い泣き

 
お味につきましても、最近バカバカと新しくてお洒落なカフェやベーカリーが増える中、そして街のカフェでも乙女心くすぐるアフタヌーンティーセットが登場している中、どうにも決め手に欠ける…
可もなく不可もない感じです。
ただ、ここのパンは美味しいラブ
ヒルトンホテルにはベーカリーが入っていて、以前より美味しいと有名です。

甘いものでもったりしてしまった口をリセットさせるには大切なパンなので、これが美味しいとポイント上がります❤️

まぁそんな訳で、ヒルトンハノイのアフタヌーンティーは、わざわざいかなくても良いもの笑い泣きとの個人評価が降りました。
 
一応フォローしておきます。
悪くはありません(笑)


 
 さて、お腹も膨れたところでメインイベントへ。


▼これがしたかった 
{11955214-5852-4038-AD91-03E533FA6C02:01}

そう、締めはコスモポリタンで。
1つ、モヒートだけれども(笑)
 
実は遡ること一年前(要は2016年)、同じコンセプト、同じメンバーで集まっておりました。
その時はASHIMAのキノコ鍋頬張った後に、ヒートテックに分厚いダウンジャケットを着込んでハノイ一、バブリーだった場所へ‼️

そう、それはTOP of HANOIチュー


▼LINEより証拠写真。勝手に公開(笑)
{DE43F55D-20D1-4B27-B2E4-75563969774A}

ハノイで一番高いところにあるルーフトップバーでございます。
なんてSATCっぽいんでしょう!(眼下に広がる夜景が暗いとか埃っぽいとかあるけれど!)

んがしかし。

南国イメージの強いベトナムと言えど、ここはハノイ。
真冬のハノイ。
いくら鍋で身体の中から温めていようが、お店側がヒーター点けてくれようがブランケット貸してくれようが、めっきり寒さに弱くなったベト化済アラサー女子に地上約260mメートルの吹きっさらしはキツイ笑い泣き


そんな前回の反省を踏まえて、今回は暖かなラウンジをセレクトしました


▼LOTTE HOTELの広々ラウンジ
{FBD9B80B-2F4A-4726-9500-9378F6237462:01}


当然、冬は暖かく夏は涼しい快適さ(笑)


▼夜はことさらムーディーに 
{4AC2AC20-5F11-4BF6-B8CF-545CFDCFE878:01}

▼人もまばらで落ち着いて話ができる
{D344813E-5C8A-4326-BB2C-65E976FC6CD4:01}

窓際席を選べば当然夜景も楽しめて、日中とは違った落ち着いた雰囲気を楽しめます。

ちなみに、こちらのアフタヌーンティーもハノイマダムの間でなかなか好評。
オススメでございます❤️


仕事を辞め、異国の地で出会ったかけがえのないメンバー達。
友達歴なんてとーっても浅い訳だけど、全然違うバックグラウンドを持つ女たちが、駐在妻という立場で、夫から離れて夜も更けるまで語り明かしてみたりして。

この時のメンバーは既に残すところ2人のみ。
いずれはどちらも帰国なりスライドなりする立場にあります。
それが駐在妻、転勤妻達の宿命…同じ時間を共有できるのはほんのわずかな時間です。

でも、この時の思い出はなんだかとても鮮明で大切なもののように思えるんですよね。

ハノイ生活も落ち着いてしまうと、なかなか新しい友達を作ったり、新規のお店開拓したりということに情熱が向かないのですが、少なくても自分を受け入れてくれる仲間を大切にしたいと思います。
 
そんなところで、今日のながーーいhanoco語りも終了です。
お付き合いありがとうございましたニヒヒ



hanoco*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス