pH電極のメンテナンス | お知らせ

お知らせ

ハンナ・ジャパン直営ネットショップ【イーハンナ】からのお知らせです。
お得な情報やお役立ち情報をお届けします。


テーマ:
昨日に引き続き、pH電極のメンテナンスについてです。
特に重要な【洗浄】と【保管】方法をご案内します!

【洗浄】
まず、測定後は必ず電極を洗浄してください。
通常、精製水などで濯ぎますが、測定物によってはガラス電極膜や
液絡部に皮膜、汚れなどが付着し落ちづらくなります。
そんな時に使用するのが、【電極洗浄液HI 7061】です。
定期的に、約20~30分浸けるだけですが、効果は大きいです!
浸けた後は、精製水などでよく濯いでください。
⇒ 洗浄方法はこちら

【保管】
pH電極は乾燥に弱く、乾燥状態が続くと正確な測定ができなくなり、
劣化につながります。
それを防ぐためにあるのが【電極保存液HI 70300】です。
これを使用することで、電極に適した状態で保管することができます!
手順はpH電極を洗浄後、電極保護キャップに保存液を少量入れ、
電極先端部に被せて保管、です。
乾燥しない状態をつくってあげることが大切ですね!

なお、精製水などに浸けての保管を推奨するメーカーもありますが、
ハンナの電極に関しては電極の構造上の理由から、絶対に行わないでください!


【洗浄】や【保管】はひと手間になりますが、
pH電極の状態に大きく影響します。
pH計をご使用いただく時には、標準液と併せてワンセットと考えて
いただければと思います。

ハンナさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス