エル赤さんの一からはじめるヲタ入門 | エル♀太腕繁盛記
2005-10-27 02:06:26

エル赤さんの一からはじめるヲタ入門

テーマ:映画・本・音楽とか

コンバンワ、もうとっくにヲタじゃないのか!と言われそうなエル赤さんです。


わたくし、漫画も古典SFもそれなりに読むんですが、アニメってやつがいまいち縁遠かったのです。

話題になったアニメーション映画なんかは見てましたが、あくまでも「映画」というノリで。

ところが、最近友人の洗脳影響で、マジメにアニメを見てみることにしました。


★攻殻機動隊・アップルシード > 古典SF(小説・大御所モノ)は過去にざっくり読んでるので違和感なく見られました。っていうか古典SFの集大成やね。よく揶揄される哲学・文学からの引用の嵐ですが、わたくしソッチがもともとプロパーでして。芝居関係の研究やってたこともあって、身体論関係の引用なら台詞と同時に暗誦できちゃうぞ。たいがい引用もとの原典持ってるので、「ほうほう、そっちから持ってくるかー」とツッコミいれながら楽しめました。

これ、指摘してる人いるのかもしれないけど、こっそりミシェル・セール(フランスの現代思想家、SFから身体論、中世哲学までなんでもごった煮にして刺激的な論を展開するオモロイ人)のアイデアが入ってますね。ミシェル・セールの文献はあまり翻訳されてないのが残念なんですが、押井タンはどこから引用したんでしょうか。時期的にはGS(80年代に流行ったテツガク雑誌)あたりに影響受けたのかしら。


どこを切っても金太郎飴というか、何を作らせても同じテイストになっちゃう押井節はアレですが、映画っぽい絵づらはけっこうスキです。


★ガンダム > まず最初に見たのがいけなかった、もうさんざんクソだクソだといわれてるSEEDですからッ! まだ日本でSEED放送中、SEED未入手のNAフレに「SEEDってどんなの?おもしろい?」と聞かれて

「登場人物全員がtiny girlみたいな言動をするアニメだ」

と即答しちまいましたよ。

だいたい、ガンダムなのにろくにモビルスーツは出てこない回があるわ、未だにキラとアスランの見分けがつかないわ(普通つくだろう!とのフレのツッコミあり)、男と女の見分けもつかないわ、デンパ女はぞろぞろ出てくるわで、何がガンダムやねん!!

と憤りながら、デステニーのほうまで強制的に見させられ見始めてしまひました。

ま、イインデスケドネ。個人的には、童貞をコマしていいように人心を惑わすデンパ女が出てくるあたりで大喝采しました。おぬしもワルよのう、フォッフォッフォ。


で、憤っているワタクシを見て、友人が「ならば1stから全部見れ!」ということで現在ガンダム総ざらえ中です。宇宙世紀歴史年表とか読まされたりしてね、もうこれヲタ養成ギブスですね。今までにわかったことといえば、

1シリーズに最低一人はデンパ女が出てくる法則

ってくらいでしょうか。作中、サブキャラの一人が「ニュータイプって何?」という台詞が出てきたのですが、

「デンパ脳筋のことだにゃ~」

と答えてあげました。


あと、OLDガンダムは許せて最近のガンダムが許せないのは、MSのデザインにイマイチ統一性がないってことが原因みたいです。なんかこう、巨大ロボとかにグッとこない人としては、せめてデザインに統一性が欲しいのですよねえ。友人に言わせると、「ストーリー的にいろんな派閥やらがあるんだから統一性がないのはしかるべきでウンヌン」ということらしいですが、わたしには某ガンプラメーカーと版権保有者の陰謀としか思えません。

★そのほかいろいろ

で、問題のSEEDですてにーの後番として始まったBLOOD+まで見始めちゃいました。

これ押井シリーズ(アニメ映画)のリメイクなんですが、原作とは似ても似つかないダメアニメのかほりがぷんぷんします。ダメだダメだといいながら、「次週は誰に死にフラグがたつか」を楽しみにしてます。ま、深夜枠じゃないので主要キャラは死なないだろうというガッカリな予想も立ってますが。

押井つながりでパト2も見せられましたが、ゆうきまさみの描く女キャラってのにイマイチ共感できないのがアレですね。こう、「わたしボーイッシュなんです!サバサバしてます!」的押し付けを感じて。そのくせ妙なとこで女を出してくるのがどーにもこーにも。

あ、マクロスシリーズは面白かったです。ストーリーもしっかりしてて好きだし、メカのデザインがかっこいいし。


そういうわけで、エル赤さんは血沸き肉踊る楽しいアニメを募集中デス。

hanjoukiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス