MUZIIK DD2 HEAVEN ドライバー シャフトとの相性は・・・ | 70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

ゴルフスコア70台を目指す中級者ゴルファーにその秘訣をアドバイス。名古屋のカスタムゴルフショップ。ゴルフマイスター のブログです。

名古屋カスタムショップしているゴルフマイスターです。

 

MUZIIK DD2 HEAVEN ドライバー

 

徐々に認知度が上がっております。

 

現状も MUZIIK ドライバーを使用されているA様。

 

NEWモデルが出れば試したくなります。

 

とは言え、今までよりも良いかどうかは不確定です。

 

DD2 HEAVEN ドライバーの今まで分かっている

 

特徴は・・・

 

1,ロースピンでボールが上がりにくい。

 

2,捕まり良く、右に行きにくい。

 

3,弾きが良くボール初速が上がる。。

 

この特徴に打ち方の相性が良ければ・・・

 

 

A様、カットスライサーです。

 

左に飛び出し、スライスして右に着弾します。

 

バックスピン量多く、スライス回転も多いです。

 

打ち出し角は低いものの、ややボールが上がり過ぎ!!

 

この特徴と、ヘッドの特性を踏まえれば、

 

非常に相性良しと判断出来ます。

 

シャフトは撓るタイプよりも弾くタイプが良さそう!!

 

こんな組み合わせで完成しました。

 

MUZIIK DD2 HEAVEN

 

EDGE WORKS EG 520MK(SR)

 

 

弾きの良いヘッドと弾き系のシャフトが合体!!

 

A様のカットスライスを軽減してくれます。

 

不要なバックスピンとスライス回転が減れば、

 

前に前に飛んで行くでしょう?