飛び5W・・14本のセッテイングの多様化に合わせて。。 | 70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

ゴルフスコア70台を目指す中級者ゴルファーにその秘訣をアドバイス。名古屋のカスタムゴルフショップ。ゴルフマイスター のブログです。

名古屋カスタムショップしているゴルフマイスターです。

 

ここ近年の傾向を見ますと、

 

全体的にクラブが飛ぶようになっております。

 

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー

 

ウッド系は総じて飛ぶようになりました。

 

アイアンにおいては全体的にロフトを立たせる

 

傾向にあります。

 

素材の改良やソールの形状変更で以前から比べれば、

 

同じ番手でも1番手くらいは飛ぶようになっています。

 

となれば、下の方の番手で隙間が空いてしまいます。

 

ピッチングの下にウェッジを3本入れる。。

 

そんなセッテイングも珍しくありません。

 

では何を削るか?

 

ここが問題となっておりますが、

 

多くの場合はウッド系を1本減らします。

 

以前なら、3W・5W・7W、多い方はここに9W

 

も入れておられましたが、

 

最近ではウッド系を2本、もしくは1本にされる方も

 

増えております。

 

ティーショットでも使えてフェアウェイからでも

 

打ちやすいヘッド!!

 

そうなると3Wでは難易度が高くなります。

 

4Wや5Wの需要が高くなっております。

 

ムジーク On  The Screw 5W

 

スピーダーエボリューションⅥ FW60(S)

 

 

5Wでありながら、3Wに引けを取らない飛びです。

 

ロフトがあるのでフェアウェイからでも打てます。

 

チタンの弾きで大きなボールが打てます。

 

ヘッドが重ためなのでやや短めなセッテイングと

 

なり、ミート率UPにも繋がります。

 

14本のセッテイングでお悩みの方は、

 

”無料ゴルフ診断”で確かめてみませんか?