この2本で多くの苦難を乗り切れます。最強の2スペックがここに・・・ | 70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

ゴルフスコア70台を目指す中級者ゴルファーにその秘訣をアドバイス。名古屋のカスタムゴルフショップ。ゴルフマイスター のブログです。

名古屋カスタムショップしているゴルフマイスターです。

 

3Wの難点と言えば・・・

 

想定した距離がしっかり打てる確率が低い!

 

要するにミスヒットの率が高いと言うことです。

 

しかしながら、必要とする場面は多岐に渡ります。

 

ハーフで1ホールくらいはドライバーが使えない

 

ティーショットを強いられます。

 

長いミドルのティーショットでミスすれば・・・

 

セカンド地点はティーグランドよりもグリーンのが

 

遠くなることもしばしば。。

 

そんな時には3Wの出番がやって来ます。

 

そしてハーフに1つはロングホールがあります。

 

セカンドがフェアウェイから打てるのであれば・・・

 

3打目はより近くから打ちたくなります。

 

おのずと3Wでのセカンドショットが要求されます。

 

ハーフで2~3回となれば、ラウンドで4~5回は

 

必要となるクラブです。

 

より確率の高い、信頼出来るクラブを手にしたいですね。

 

3Wと決める必要はない!

 

3Wと同じ距離が出て、確率が上がればOKです。

 

 

そしてもう1本のフェアウェイウッドと言えば・・・

 

5Wです。5Wの難点と言えば、

 

3Wよりは簡単ですが、ライの状況が悪ければ

 

ミスヒットは防ぐことは難しくなります。

 

また、アゲインストに弱いのもデメリットでしょう?

 

最近では、5Wの代わりに2Uを使用される方が

 

急増しています。

 

UTの進化は目覚ましいものがあり、チタン素材を使用

 

しているモデルが増えており、飛距離性能も抜群に

 

向上しております。

 

そんな感じで、3W・5Wの代わりとなる武器を

 

ご紹介します。

 

RODDIO BUFFY(16.5度)

 

RODDIO HY 2U(18度)

 

 

42.75インチと3Wよりも少し短くロフトは1.5度

 

寝ています。

 

僅かなことですが難易度は大きく変わります。

 

 

2Uはロフト18度で長さは41インチ

 

5Wのロフトとほぼ同じですが、長さは1.5インチ

 

短くあります。

 

ボールは上がりにくくなりますが、ふけ上がりが

 

無くなりアゲインストにも強くなります。

 

短いので傾斜やラフからでもミスヒット率は低く

 

なります。

 

 

シャフトはFW=60g台、UT=80g台とします。

 

 

飛距離は落とさず確率を上げる!!

 

4Wと2Uの組み合わせ如何ですか?