200ヤード前後の不安を解消しましょう!UTの出番です。 | 70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

ゴルフスコア70台を目指す中級者ゴルファーにその秘訣をアドバイス。名古屋のカスタムゴルフショップ。ゴルフマイスター のブログです。


テーマ:

名古屋カスタムショップしているゴルフマイスターです。

 

最近よく相談頂くことですが、

 

”バックティーから回る機会が増え、

 

長いミドルのセカンドやショートホールで200ヤード

 

前後のホールがよくある。。”

 

どうしましょう?

 

そんな内容のご相談です。

 

ユーティリティーヘッドも多種揃えています。

 

個々の要望に合わせてお勧めしています。

 

今月に入りお作りしたユーティリティーをいくつか

 

ご紹介します。

 

先に21度、24度をお作り頂いていました。

 

同じスペックで18度を追加して頂きました。

 

 

Romaro Ray type R 18度

 

バシレウス BTU 100(S)

 

 

色々ユーティリティーは試しては来ましたが、

 

30度のUTが大変使いやすいと言うことで、

 

21度、24度、27度を追加して頂きました。

 

RODDIO UT

 

ATTAS EZ 95(X)

 

 

ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、ウェッジ

 

全てマイスターで揃えて頂きました。

 

最後に残ったユーティリティーを作って頂きました。

 

A GRIND BX-H 21度 24度

 

ATTAS EZ 95(S)

 

 

200ヤードを超えるショートホールが2つあります。

 

シャフトは手元調子のこれが最も振り易い。。

 

無理なく200ヤードが打てるこのヘッドにされました。

 

MUZIIK On The Screw 21度

 

RODDIO LUNAR 8

 

 

バックティーでのコース全長は、

 

6800ヤード以上、長いコースでは7200ヤード

 

を超えるようなところもあります。

 

こんなコースだと、ショートホールは200ヤード

 

前後が2ホールはあります。

 

ミドルはほとんど400ヤード以上になり、

 

長いホールは450ヤード近くになります。

 

レギュラーティーからでは感じなかったことが

 

色々湧き出て来ます。

 

200ヤード前後の精度UPがスコアメイクのカギと

 

なるでしょう。。

 

”無料クラブ診断”ご予約承っております。

 

 

70台をめざすゴルファー支援!ゴルフマイスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ