BALDO パターフィッテング。ショートパット苦手克服! | 70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

ゴルフスコア70台を目指す中級者ゴルファーにその秘訣をアドバイス。名古屋のカスタムゴルフショップ。ゴルフマイスター のブログです。


テーマ:

名古屋カスタムショップしているゴルフマイスターです。

 

パターに悩みを抱えている方の多くは・・・

 

ショートパットが入らずに3パットしてしまう。

 

BALDO Way によるパターフィッテングを開始し、

 

2か月が経過しました。

 

10数名の方のフィッテイングをしましたが、

 

明らかなことが2点ほど分かって来ました。

 

パターフィッテングに来られる方はそれなりにパターに

 

悩みを抱えておられる方々です。

 

 

問題点の1つ目

 

ストロークに安定感がありません。

 

その原因は”アドレスの姿勢”が大きく起因しています。

 

特に猫背になっている方を多く見かけます。

 

アドレスで姿勢がかがみ過ぎています。

 

ボールの位置が目より内側(鼻や口元辺り)になっています。

 

背中の”軸”が不安定なため、ストロークを腕から手先だけで

 

行っています。

 

特に短いパットを打つ時に目線がカップに移るため、

 

ヘッドが左に向いてしまい、ボールが左に外れます。

 

これがショートパットを左に外す原因となります。

 

 

問題点の2つ目

 

パターに悩みを抱えている方の多くが、自分に合っていない

 

パターを使っておられます。

 

Wayでボールを転がして頂くと非常に分かりやすい

 

結果が出ます。

 

ドライバーやアイアンには、”やさしいヘッド”と言った

 

表現をよく使いますが、

 

パターにも”やさしいヘッド”は存在します。

 

パターに問題を抱えている方には、”やさしいヘッド”

 

をお勧めしています。

 

 

沢山の方のフィッティングをさせて頂いて分かった問題点

 

が上の2つです。

 

パターだけを替えても効果は限定的です。

 

正確なストロークこそがパッティングストロークの

 

削減に繋がります。

 

正しいアドレスで正しいストロークを練習する。

 

(正しい=自分に合っている)

 

Wayを利用したパッティングストロークの練習。

 

これを続けることで安定したアドレスと安定した

 

ストロークが実現出来ます。

 

 

BALDO パターの特徴はネックの長さの違いです。

 

ネックの長さが違うと重心角が変わります。

 

どのパターが合っているか?

 

全て試すしか方法はありません。

 

 

 

BALDO パターフィッテイング

 

随時行っております。

 

ご連絡お待ちしております。

70台をめざすゴルファー支援!ゴルフマイスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス