パター選びってどうしてますか? | 70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

70台をめざすゴルファー支援!・名古屋のカスタムショップ,ゴルフマイスターのブログ

ゴルフスコア70台を目指す中級者ゴルファーにその秘訣をアドバイス。名古屋のカスタムゴルフショップ。ゴルフマイスター のブログです。

名古屋ゴルフショップを経営している原田です。




お客様の要望で一番多いのは・・・




”もっと飛ぶクラブないか?”




二番目は”よく入るパターないか?”ってのが




よくある話です。




今日は、パター選びについて・・・




パターで一番多い悩みって やっぱりショートパット




1mくらいのを4回外したとか・・・




これ入れたらパーなのに・・・




カップかすりもせずにボギーになっちゃうガーン




ショートパットに自信がつけば、長めのファーストパット




にも余裕ができます。




アプローチだって楽になります。




全てはショートパットの精度にかかると言っても過言で




ないくらい・・・




だから、パター選びも重要な問題です。




パターと言っても 昨今色んなタイプがあります。




代表的なものの一例・・・






ゴルフ ドゥ 名東よもぎ台店のブログ



ご存知、ピンタイプ




一番パターとしてはオーソドックスなタイプでしょう




そして、






ゴルフ ドゥ 名東よもぎ台店のブログ



マレットタイプ




半円形のものが多いのと、ネック部分のシャフトが曲がった




(スワンネック)モデルが一般的です。




その次に、






ゴルフ ドゥ 名東よもぎ台店のブログ



ツーボールタイプと言うか?いろんな形状がでてますが・・・




とにかく大きいタイプのパターです。




形状は多少異なりますが、理屈は同じだと思います。




このタイプの特徴は、安定感があること




トゥ側とヒール側にウェイトを配分してあるので・・・




飛行機の翼をイメージしてもらえば分かりやすいかと・・・




平行感覚が良いので、ストローク中のブレが少なく、




安定してパットできるのが特徴です。




もう1つの利点は・・・




ボールの中心とパターのスィートスポットを合わせやすいこと




上の写真のパターで説明すると・・・




パターのスィートスポットに点が二つあります。




これはどんなタイプでもほとんどありますが・・・




ここをボールの中心にセットします。




しかし、ここしかポイントがないと、本当にボールの中心と




パターのスィートスポットで構えているのか分かりません。




上の写真のパターは、ボールの外周のサイズと同じくらい




のラインが上下に二本あります。




ボールの外周にセットし、ボールの中心に点の部分を合わせる




ことによって、狂いなく、スィートスポットで構えることができます。




いわゆるツーボールタイプのパターには、どれも同等の




目印になるようなものがあります。




1m~2mがなかなか入らずにお悩みの方




こういうタイプのパターにしてみてはいかがですか?




1mのパターが外れる一番の原因は、




打ち方よりも、まず正確にカップの中心を狙ってないことだと




思います。




ボールの中心をパターのスィートスポットで正確に構え、




狙う方向が間違っていなければ、1mは入ります。




入ります。




でも、パター選びの一番のポイントはフィーリングでしょう




触って、試して、自分の一番気に入るパターが一番だと思います。