今できることを少しずつ。 | 京都・奈良の手作り作家団体**handmade market**

京都・奈良の手作り作家団体**handmade market**

様々なジャンルの作家が所属しております!!
毎月第4月曜日は in ゆめのくに マーケット開催中♪


テーマ:

連日、大雨被害の状況を目にします。

この度、被害に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

先日の関西の地震の際は、実際に私たちの地域は大きな被害にはならなかったものの、次はいつ大きな地震が来るか、防災の備えの準備はできているか、不安の日々でした。

コンビニは品薄に、スーパーなどのお水の陳列棚は空っぽ。

「ああ、普通にスーパーに行ったらなんでも手に入ることが普通ではないんだ」

「他の地域には沢山あるんだろうな・・・」

なんて思いが頭によぎったことも確かでした。

 

逆に、今、ドラックストアなどで棚にぎっしりと陳列をされているマスクを見ると、被災された皆さんに届けられないのか・・・

なんて思ったのも昨日のこと。

 

handmademarketは、大雨の最中の7月7日、handmademarket vol.5を予定通り開催しました。

開催して帰路の車の中で、大雨による甚大な被害を目にして、心が痛みました。

開催までの決断も、先日のブログでも少しお伝えしましたが、簡単な決断ではなく、まず、会場の安全、出店者さんやお客様の道中の安全などを考え開催前日は丸1日メンバーで話し合った結果の決断でした。

開催した結果、出店者の皆様、お客様より、暖かいお言葉をいただいて、被害を目にして、傷んだ心は少し癒されました。

さらには、handmademarketとして、夏休みに開催予定のイベントの準備や告知をしている現状を、「そんな場合じゃないでしょ?」と、思われる方もいるかもしれません。

正直、Facebookなどでは現地の甚大な被害の様子の投稿に混ざって、私たちの告知のフィードが上がっていることに対して、「開催していいのか?」と、自問自答を繰り返す日々。

でも逆に、私たちは、前を向いて、目の前の今できることを精一杯やるべきなのでは?

ありがたく普段通りの生活をさせてもらっている現状で、何ができるのか?

まだまだ葛藤もありますが、そんな前向きな事を思えるようにもなってきました。

 

7月23日(月)のゆめのくにキッズワークショップ』は、予定通り開催いたします。

今、目の前にいる方たちに喜んでもらえる事に精一杯の力を注いで。

子供たちにとっては、楽しみが沢山詰まった夏休み。子供達が楽しい夏休みだった!と思えるように。

 

そして、私たちに今できる事。

単純ではありますが、募金箱を設置して、皆様からの募金を受け付けさせていただきたいと思います。

募金は赤十字社「平成30年7月豪雨災害義援金」宛に送金させていただきたく思います。

 

私達にできる事は単純で無難で小さな事かもしれない。

けど、今できる事から少しずつ行動していきたい。

そう思っています。

 

 

本日7月13日付けで、7月7日に開催したISTAはばたきhandmademarket vol.5での経費を差し引いた余剰金

7,913円を赤十字社「平成30年7月豪雨災害義援金」に送金させていただきました。

どうか、必要な場所に、必要なものが早く届きますように。

そして、1日でも早い復興を心からお祈り申し上げます。

全ての方が笑顔になれますように。

 

handmademarket一同

 

 

 

 

 

handmademarket2015さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス